SGグランプリ出場選手を毎日更新/住之江競艇

2019年SGグランプリ出場選手を紹介

SG第34回グランプリ(17日から、ボートレース住之江)出場18人が決定し、選手や大会の見どころなどを紹介していこうと思う !!

グランプリ(賞金王決定戦)は1986年に創設。

伝統と歴史あり5大SG競走「GRANDE5」の最終戦に当たり、高額の賞金であることもあって、この競走で優勝した選手が賞金王となることが多いことから、「ボートレースの日本シリーズ」と言われるようである。

グランプリの賞金は1憶円。
この金額を手に入れらえるチャンスを持つのは、18人のボートレーサーである。

日々、追記していこうと思う!!

13位:菊地孝平(41)4年連続優出ノルマ

登録番号 3960 生年月日 1978/08/16
身長 166cm 体重 57kg
血液型 AB型 支部 静岡
出身地 岩手県 登録期 82期
級別 A1級
出走数:252
勝率:7.08
平均ST:0.11
昨年は優勝がなかったが、今年は2月の浜名湖東海地区選で早々と優勝。大村メモリアルで優出2着として、4年連続の出場をほぼ確実にした。「今年は早くに結果が出たけど、自分の中では(昨年と)内容は変わっていない」と納得している。16年大会から3年連続で優出している。「優勝戦は選手のスキルが上がる場所。もちろん、そこは狙って行きます」。4年連続の優出は最低ノルマ。その先に黄金のヘルメットが待っている。

14位:太田和美(46)4号艇まくり発進

登録番号 3557 生年月日 1973/01/06
身長 165cm 体重 55kg
血液型 A型 支部 大阪
出身地 奈良県 登録期 69期
級別 A1級
出走数:259
勝率:7.07
平均ST:0.15

6月の多摩川グランドチャンピオンで優出3着。

11月の芦屋・周年記念を勝って、2年連続11度目の出場を引き寄せた。
「芦屋の優勝とグラチャンしかやっていないからね。調子は良くないと思う」と振り返った。

住之江は今年6節走って優勝はなし。ただ、手応えをつかんだレースもあった。8月のお盆開催では優出2着。
「あの節は3年ぶりぐらいに、住之江でまくれる感触があった」。
トライアルは4号艇スタート。あの足が来れば面白い。

15位:池田浩二(41)右膝手術も気負わず

登録番号 3941 生年月日 1978/04/03
身長 170cm 体重 56kg
血液型 O型 支部 愛知
出身地 愛知県 登録期 81期
級別 A1級
  • 出走数:209
  • 勝率:8.33
  • 平均ST:0.12
今年前半は好調だった。
しかし、7月終盤から右膝の状態が悪化して事態は急変した。
「大村メモリアルの準優で膝が完全にいかれてしまった」。
10月の若松・周年記念では右足のひ骨を骨折し、右膝の手術にも踏み切った。
大一番に向けて懸命のリハビリが続く。
「こんなにブランクがあるとね。今回はそんなに気負って行きませんよ。出られたらいいなってぐらいです」。それでも実力は折り紙付き。けがを克服して3度目の頂点を目指す。

出走数は209回とすくなものの15位になっている理由は驚異の勝負強さである。

2019年の優出回数は、10回それに対して、優勝回数は8回を誇るのである。
ここ一番での集中力と、勝負勘は平均STにも現れている。

16位:今垣光太郎(50)笑顔封印でV目指す

登録番号 3388 生年月日 1969/09/18
身長 161cm 体重 51kg
血液型 A型 支部 福井
出身地 石川県 登録期 63期
級別 A1級
  • 出走数:245
  • 勝率:7.42
  • 平均ST:0.16

4年ぶりにGPの舞台に帰ってきた。

4月の宮島・マスターズチャンピオンと、7月の浜名湖・ボートレース甲子園で優勝。
「宮島で勝つまでは、辞めることばかりを考えていました。
今は楽しい。
選手になってから、一番笑っている気がします。最近は、笑い過ぎなので、グランプリでは封印したいと思います」と笑う。トライアルは5号艇スタートだが「出るからには優勝を目指しますよ」と気合十分。
進入から注目したい

住之江競艇場は、全国24会場の中で2番目に得意としている競艇場である !!
16優出し、5優勝となっている。

17位:平本真之(35)GP16年のリベンジ誓う

登録番号 4337 生年月日 1984/05/05
身長 159cm 体重 55kg
血液型 A型 支部 愛知
出身地 愛知県 登録期 96期
級別 A1級
  • 出走数:242
  • 勝率:7.45
  • 平均ST:0.14

勝負駆けだった桐生・チャレンジカップで優出(4着)。

3年ぶり2回目の出場を決めた。初出場だった16年大会のトライアル1st1回戦は1号艇だったが、3着敗退。
「あの時はガチガチに緊張していました。全く余裕がなかった。1号艇で負けて、何もいいところがないまま終わってしまった。でも、今回は全然違う状態で臨めると思います。前回の経験も大きいし、自分自身も成長していると思う」。

リベンジの大会となる今年は、住之江競艇場の斡旋はなく、今年初の住之江での出走がグランプリとなる。
そのことがどう影響するのか、初日の初レース注目してみよう。

18位:茅原悠紀(32)操縦技術はトップ級

登録番号 4418 生年月日 1987/07/11
身長 171cm 体重 52kg
血液型 A型 支部 岡山
出身地 岡山県 登録期 99期
級別 A1級
  • 出走数:269
  • 勝率:7.33
  • 平均ST:0.14

2年ぶり4度目のグランプリ出場を決めたが、納得のいく1年ではなかった

「足負けすることが多かった」と振り返る。10月の児島・ダービーでも予選敗退。
「足は普通あればいいんです」。偽らざる本心だが、普通が遠かった。
戦える足があった11月の桐生・チャレンジカップでは、予選を4位通過。やはり操縦技術はトップクラス。14年・平和島大会の再現を目指し、住之江に乗り込む。

操縦技術に自信のある茅原悠紀に取っては、住之江は相性があまり良くない競艇場である。
特に、3連対率がワーストに入るほど低くなっている。

1着の率はそこまで悪くないことからも、ここぞというレースの枠が良くない時は1着か、絡めないかの2択で絞ると思考がクリアになって予想しやすのでないかと思う。