競艇やまと学校第128期選手養成訓練入所!!期待の新人51名石丸小槙さんなど

第128期ボートレース選手養成訓練入所!

1年間の訓練でプロのボートレーサーを育てる「ボートレーサー養成所」(福岡県柳川市)の第128期の入所式が7日、同養成所で行われ、志願者1053人の中から20倍の難関を突破した51人(うち女子19人)が晴れの日を迎えた。
新型コロナウイルスの感染拡大で、普段の入所式では列席する保護者や来賓が今回は不参加の中、日本モーターボート競走会の潮田政明会長は「希望に満ちた気持ちを忘れず、全力で訓練にまい進してもらいたい」と訓示。
入所生代表の石丸小槙(20歳愛媛出身)は「入所した誇りを胸に礼と節を重んじ、立派なボートレーサーになるための努力を誓います」と決意を述べた。

※西日本スポーツweb版より引用

  • 石丸海渡の妹・小槙「平山さんのように」

入所生代表として誓いの言葉を述べた石丸小槙は、A1級として活躍する石丸海渡(26)の妹。高校ではハンドボール部に所属していたがけがに遭い、「人を支えるトレーナーになりたい」と大阪社会体育専門学校に進学。それでも、ボート界で活躍する兄に刺激され、「プロアスリートになりたい」と中退し、進路を変更。初めてのチャレンジで入所試験に合格した。

憧れのレーサーは、男女混合のG1を制するなど第一線で鳴らす香川支部の平山智加。「私も平山さんのような選手になりたい」。未来のクイーンを夢見て、新たな一歩を踏み出す。

  • 19歳の勝又晴稀 大きく名前売る
勝又晴稀(かつまた・はるき、19歳、静岡出身)は、114期の桜(25)の妹。姉の操縦で初めてペアボートに乗艇し、「あんなにスピードが出るのに、ボートを操っていたことがすごかった」と大きな衝撃を受けて選手を志望。たった一度の受験で合格した。
「姉と大きな舞台で走ることはもちろん、私の名前と顔を広く知ってもらえるようになりたい」。積極アピールの姿勢もまさにプロ向き。姉妹レーサーを目指し、1年間の厳しい訓練を乗り越える。
  • 沖縄から中尾姉ら入所
レース場も場外発売所もない沖縄から2人の女子が入所した。最年少15歳の神里琴音(かみざと・ことね)と18歳の中尾優香(なかお・ゆうか)で、中尾は5月にデビューを控える126期の彩香の双子の姉。妹の合格を機にボートレースに興味を抱き、「レース映像を見て魅了された」と受験を決意。2回目の挑戦で入所の切符をつかんだ。
沖縄出身のレーサーは、最ベテランの田村美和をはじめ年々増加。中尾は「感謝の気持ちを忘れずに、一日一日を頑張る」と決意を述べ、神里は「皆さんから応援される選手に」と話し、先輩たちに続くことを誓った。

第128期ボートレーサー訓練生51名

整理番号 氏名
フリガナ
年齢 出身
1 石倉拓美さん (イシクラタクミ) 26 島根
2 姫野瑠華さん (ヒメノルカ) 24 山口
3 松井貫太さん (マツイカンタ) 23 福岡
4 成貞琳平さん (ナリサダリンペイ) 23 岡山
5 今村高輔さん (イマムラコウスケ) 23 福岡
6 遠藤慎吾さん (エンドウシンゴ) 23 青森
7 髙橋永大さん (タカハシエイダイ) 23 大阪
8 藤本元輝さん (フジモトゲンキ) 22 兵庫
9 古野博人さん (フルノヒロト) 22 福岡
10 町田幸乃さん (マチダユキノ) 22 群馬
11 藤本紗弥香さん (フジモトサヤカ) 22 山口
12 森智哉さん (モリトモヤ) 22 岡山
13 宮崎安奈さん (ミヤザキアンナ) 21 埼玉
14 河野真一郎さん (カワノシンイチロウ) 21 山口
15 中野孝二さん (ナカノコウジ) 21 三重
16 坂東駆さん (バンドウカケル) 20 兵庫
17 久保田幸樹さん (クボタコウキ) 20 埼玉
18 飯塚響さん (イイヅカヒビキ) 20 栃木
19 平山碧人さん (ヒラヤマアオト) 20 佐賀
20 加藤優弥さん (カトウマサヤ) 20 福井
21 小井手将大さん (コイデマサヒロ) 20 佐賀
22 石丸小槙さん (イシマルコマキ) 20 愛媛
23 遠藤圭吾さん (エンドウケイゴ) 19 神奈川
24 小坂風太さん (コザカフウタ) 19 石川
25 筒井流星さん (ツツイリュウセイ) 19 徳島
26 武井莉里佳さん (タケイリリカ) 19 兵庫
27 藤原早菜さん (フジワラサナ) 19 岡山
28 沼野井瞭さん (ヌマノイリョウ) 19 栃木
29 大月遊雅さん (オオツキユウガ) 19 茨城
30 吉尾瑞希さん (ヨシオミズキ) 19 広島
31 勝又晴稀さん (カツマタハルキ) 18 静岡
32 松下杏平さん (マツシタキッペイ) 18 京都
33 飛田江己さん (トビタコウキ) 18 東京
34 中尾優香さん (ナカオユウカ) 18 沖縄
35 米丸乃絵さん (ヨネマルノエ) 18 熊本
36 藤井実緖さん (フジイミオ) 18 東京
37 大久保佑香さん (オオクボユウカ) 18 埼玉
38 仙田蒼偉さん (センダアオイ) 18 群馬
39 明戸翔悟さん (アケトショウゴ) 18 埼玉
40 北村寧々さん (キタムラネネ) 18 長崎
41 鰐部太空海さん (ワニベタクミ) 18 愛知
42 市村大空さん (イチムラオオゾラ) 18 東京
43 中野仁照さん (ナカノヨシテル) 18 愛知
44 近藤晟矢さん (コンドウセイヤ) 18 愛知
45 奥村明日香さん (オクムラアスカ) 18 福岡
46 垂水悠さん (タルミユウ) 18 徳島
47 筒井美琴さん (ツツイミコト) 18 福岡
48 村上宗太郎さん (ムラカミソウタロウ) 17 北海道
49 岡本憲伍さん (オカモトケンゴ) 17 静岡
50 宮崎つぐみさん (ミヤザキツグミ) 16 大阪
51 神里琴音さん (カミザトコトネ) 15 沖縄

第128期ボートレーサー訓練生のスポーツ推薦,縁故

  • 成貞琳平さん【スポ推:自転車】
    H28.7 JICF国際トラックカップ自転車競技大会チームパシュート 優勝
    H29.9 第73回国民体育大会自転車競技4kmチームパシュート 4位
  •  髙橋永大さん【スポ推:バイク】
    H30年度 岡山ロードレース選手権ST600国内クラス シリーズチャンピオン
    H30年度 近畿ロードレース選手権ST600国内クラス シリーズチャンピオン
  • 古野博人さん【スポ推:馬術】
    H29.11 全日本学生馬術選手権大会 3位
    H30.11 全日本学生馬術三大大会 優勝
    H30.11 第90回全日本学生馬術選手権大会 優勝
    姻戚:古野嘉弘(父:JRA職員)
  • 宮崎安奈さん【スポ推:バスケットボール】
    H28 第69回全国高等学校バスケットボール選手権大会ベスト16(レギュラー出場)
    兄、宮崎泰右(サッカー選手(J3))
    姉、宮崎早織(バスケットボール選手(WJBL))
  • 飯塚響さん【スポ推:陸上】
    H29.4 第63回栃木県陸上競技春季大会 1500m:優勝、3000m:優勝
    H29.5 第58回栃木県高等学校総合体育大会 1500m:2位、3000m:優勝
  • 平山碧人さん【スポ推:カヌー】
    H29.6 第55回佐賀県高等学校総合体育大会カヌー競技 カヤックシングル500m:1位 200m:1位
  • 石丸小槙さん
    兄、4772 石丸海渡選手
  • 遠藤圭吾さん【スポ推:野球】
    H29.8 第99回全国高等学校野球選手権大会 (レギュラー出場)
    H30.8 第100回全国高等学校野球選手権大会 ベスト16(レギュラー出場)
  • 勝又晴稀さん
    姉、4830 勝又桜選手
    義兄、4933 板橋侑我選手
  • 中尾優香さん
    双子の妹は第126期選手養成員の中尾彩香
  • 米丸乃絵さん
    父は競輪の米丸俊成選手
  • 鰐部太空海さん【スポ推:剣道】
    H30.2 東海高等学校剣道選抜大会 5位(レギュラー出場)
    R1.6 東海高等学校総合体育大会 5位(レギュラー出場)
  • 市村大空さん
    父は元騎手で現調教師の市村誠
  • 村上宗太郎さん
    父は騎手の村上章
万事屋

128期の最年少の神里琴音さんは15歳、2020年4月時点でも最年少ボートレーサー野田彩加選手も15歳で入所したことから、神里琴音さんが卒業したとすれば最年少になる。

また、51人中19人が女性なので今以上に女性の割合が増えボートレース界を盛り上げてくれるだろう。