多摩川PG1レディースチャンピオン優勝戦,出場選手一覧,途中帰郷,フライング,賞典除外選手

PG1レディースチャンピオン2020多摩川とは

1987年から開始した女子レーサーを対象にする一般競争が元になっているレディースチャンピオン。
1988年4月1日からグレードが設定され、第2回大会から第12大会まではG2。
2000年の第13回大会から第27回大会まではG1。
そして2014年の第28回大会からはPG1プレミアムG1)として位置づけられた。

現在の格付けはPG1。
優勝賞金は1100万円

選考基準は女子大会のなかでも厳しい!!

選考期間内の勝率上位者☑前年度優勝者(優先出場)
G2レディースオールスター優勝者(優先出場)
選考期間に開催のG3オールレディース優勝者(優先出場)
総勢52名の、今をときめく女子レーサーが集結、年末のPG1クイーンズクライマックスと並ぶ最高峰のレースだ。

4日間の予選を勝ち抜いてきた上位18名が準優勝戦に進み、各上位2名が優勝戦へのキップを掴む。

PG1レディースチャンピオン歴代優勝者

  • 第33回2018/08/12蒲郡 大山千広選手
  • 第32回2018/08/05桐生 山川美由紀選手
  • 第31回2017/08/06芦屋 小野 生奈選手
  • 第30回2016/08/07津  海野ゆかり選手
  • 第29回2015/08/09丸亀 滝川真由子選手
  • 第28回2014/08/11三国 水口 由紀選手
  • 第27回2013/08/11鳴門 金田 幸子選手
  • 第26回2012/08/05若松 山川美由紀選手
  • 第25回2012/03/04多摩川田口 節子選手
  • 第24回2011/03/06三国 田口 節子選手

目立っているのは数々の歴史を作ってきた、レジェンド世代だ。

またミドル世代であっても、実績や経験が豊富と見るべきで、自力の高さが女王には必要だ。
男子と比べると重賞が少なく、SG競争といった最高峰のレースに出場できる女子選手は限られる。

山川美由紀選手・寺田千恵選手・遠藤エミ選手・小野生奈選手といった、パワフルなタイプが水面を疾走してくれそうである。

さらに、前回優勝の大山千広選手はSGオーシャンカップから今大会に臨む!!

大山千広選手4日目にフライングで連覇逃す

ボートレース多摩川で行われている「プレミアムG1第34回レディースチャンピオン」4日目の8日、第6レースで3号艇の大山千広(24)=福岡支部・116期=がコンマ01のフライング。

昨年、大会最年少で優勝した大山の連覇が消滅した。

多摩川PG1レディースチャンピオン優勝戦

ボートレース多摩川の「プレミアムG1第34回レディースチャンピオン」は10日、第12Rで優勝戦が行われた。

スタートはスローが123、456がダッシュ。スリットは3番目のコンマ20で飛び出した2号艇・平山智加(35)=98期、香川支部=が、一気にまくって抜け出し、そのままゴール。初の「レディースチャンピオン」のタイトルと、優勝賞金1100万円を手にした。平山はG13度目(今回はプレミアムG1)の栄冠。

今年5度目のVで、通算では30度目の優勝となった。

2着は人気を集めた1号艇の守屋美穂(岡山)で、道中、4号艇の桜本あゆみ(東京)と競り合った3号艇・細川裕子(愛知)が3着に入った。

平山智(インタビュー冒頭には涙を流し)「ありがとうございました。これまで悔しい時もいっぱいありましたけれど、優勝できてうれしかったです。レースでは、ほんとうに落ち着いて走れました。これからも、さらにうまくなりたいですね

レディースチャンピオン歴代最高売り上げ更新

G1第34回レディースチャンピオン 最終日(10日・ボートレース多摩川)

今大会6日間の総売り上げは115億1225万700円で、目標の80億円を大きく上回った。

約107億6000万円だった2006年の第19回大会(浜名湖)を超えて、レディースチャンピオンの最高売り上げを更新した。