遠藤エミ選手が好スタートPG1レディースチャンピオンドリーム戦:多摩川ボート

PG1レディースチャンピオン2020多摩川とは

1987年から開始した女子レーサーを対象にする一般競争が元になっているレディースチャンピオン。
1988年4月1日からグレードが設定され、第2回大会から第12大会まではG2。
2000年の第13回大会から第27回大会まではG1。
そして2014年の第28回大会からはPG1プレミアムG1)として位置づけられた。

現在の格付けはPG1。
優勝賞金は1100万円

選考基準は女子大会のなかでも厳しい!!

選考期間内の勝率上位者☑前年度優勝者(優先出場)
G2レディースオールスター優勝者(優先出場)
選考期間に開催のG3オールレディース優勝者(優先出場)
総勢52名の、今をときめく女子レーサーが集結、年末のPG1クイーンズクライマックスと並ぶ最高峰のレースだ。

4日間の予選を勝ち抜いてきた上位18名が準優勝戦に進み、各上位2名が優勝戦へのキップを掴む。

PG1レディースチャンピオン歴代優勝者

  • 第33回2018/08/12蒲郡 大山千広選手
  • 第32回2018/08/05桐生 山川美由紀選手
  • 第31回2017/08/06芦屋 小野 生奈選手
  • 第30回2016/08/07津  海野ゆかり選手
  • 第29回2015/08/09丸亀 滝川真由子選手
  • 第28回2014/08/11三国 水口 由紀選手
  • 第27回2013/08/11鳴門 金田 幸子選手
  • 第26回2012/08/05若松 山川美由紀選手
  • 第25回2012/03/04多摩川田口 節子選手
  • 第24回2011/03/06三国 田口 節子選手

目立っているのは数々の歴史を作ってきた、レジェンド世代だ。

またミドル世代であっても、実績や経験が豊富と見るべきで、自力の高さが女王には必要だ。
男子と比べると重賞が少なく、SG競争といった最高峰のレースに出場できる女子選手は限られる。

山川美由紀選手・寺田千恵選手・遠藤エミ選手・小野生奈選手といった、パワフルなタイプが水面を疾走してくれそうである。

さらに、前回優勝の大山千広選手はSGオーシャンカップから今大会に臨む!!

万事屋
初日ドリーム戦で大山千広選手が5号艇から出走する。

PG1レディースチャンピオンドリーム戦予想

  • 1号艇:平高奈菜選手
  • 2号艇:平山智加選手
  • 3号艇:遠藤エミ選手
  • 4号艇:守屋美穂選手
  • 5号艇:大山千広選手
  • 6号艇:松本晶恵選手

エース26号機を獲得した守屋美穂選手が有力候補か。

また、1号艇の平高奈菜選手は勝率トップの選手であり、きっちりと今回イン逃げを慣行していくだろう。
男子競艇選手にも負けない、パワフルな走りを見せてくれる女子レーサーが揃っている。

大山千広選手は 、前回優勝している。
今回2連覇を果たすべく気持ちは十分である。

SGオーシャンカップから今大会に臨み、調子も気持ち、実力ともに準備万端である。

展示タイム

まず、1番時計を出したのが1号艇:平高奈菜選手であった。
以下は下記の通りである。

  • 1番時計 1号艇:平高奈菜選手
  • 2番時計 4号艇:守屋美穂選手
  • 3番時計 2号艇:平山智加選手
  • 4番時計 5号艇:大山千広選手
  • 5番時計 3号艇:遠藤エミ選手
  • 6番時計 6号艇:松本晶恵選手

ドリーム戦は堅実にインで決まりそうである。

展示タイムで1番時計を出した、1号艇:平高奈菜選は言わずもがな、驚異の勝率を誇っている選手である。
コロナ期間でも調子を崩すことなく堅実に勝率トップを維持し続けている。
PG1でもトップのスタートからのイン逃げにきたい

レース結果を見ていこう!!

レース結果:PG1レディースチャンピオンドリーム戦

それでは、PG1レディースチャンピオンドリーム戦レーススタート

全艇無事にスタートを切った。

5号艇:大山千広選手、6艇の中では一番の好スタートを決めた。

しかし、ほとんど差はなく横並びでの出走となる。
モーターでは、1号艇の平高選手である。

1マーク直前の隊形を見ていこう!!
ここでは行き足が威力を発揮していく!!

全艇綺麗に1マークに進入してくる。

1マークの攻防戦に入って行く。

3号艇は2号艇にツケマイを狙いつつまくりを選択し4号艇は3号艇の動きを見てから差しを選択していった

1号艇の平高選手は、ツケマイもなくしっかりとイン逃げができる体制になったか。

5号艇は共に差しで応戦するかにみえたが、なかなかボートがターンマークに向いていかない。

ずるずると流れてしまったのである。
6号艇も吊られるように膨らんでしまった。

1マークの立ち上がりである。

3号艇が見事なまくりから1号艇の立ち上がりを塞ぐように加速していく。
インには差しで2,4号艇が自由なラインから立ち上がってくる。

この段階では、インについた4号艇守屋美穂選手が優勢である。

2マークの攻防戦に入って行く。

1号艇の1着は確実となり、2着争いが熾烈である。
3号艇の遠藤エミ選手は1Mから伸び足が抜群でリードを広げていった。

2,3着争いは4号艇守屋美穂選手が制した。

このまま、危なげなくターンしレースは終了。
結果は、3連単3-4-2 35番人気8,440円となった!!