大村ボートが初のナイターグランプリ開催!ボートレース22年度SG開催地などを発表

大村ボートが初のナイターグランプリ開催!ボートレース22年度SG開催地など発表

大村ボートが初のナイターグランプリ開催!ボートレース22年度SG開催地などを発表

椎名あつし
昨日の日刊スポーツで22年度のSG開催地が発表された。

初めてナイターグランプリが開催される大村ボート22年度ボートレースSG、プレミアムGⅠ開催スケジュール

第37回グランプリが大村ナイターで初開催。

日本モーターボート競走会は2日、22年度のSG競走、プレミアムG1競走などの開催地と日程を発表した。グランプリは大村で初開催。グランドチャンピオンは、からつが21年ぶりの開催となる。

女子戦はレディースチャンピオンが丸亀、クイーンズクライマックスは住之江、G2レディースオールスターは蒲郡で開催される。

 

ボートレース発祥の地・大村で、SGグランプリが初めて開催される。

同大会は優勝賞金1億円をかけたボートレース最高峰のSG。

これまでの開催地は住之江、平和島、福岡、戸田だった。

大村は18年9月からナイターレースに移行。20年度の売り上げは約1590億円で、全国24場の中でトップ。昨年はG1でも約90億円を売り上げるなど、全国屈指の売り上げを誇るボート場でもある。

また、15年オールスター、16年チャレンジC、19年メモリアル、昨年はダービーを開催。多くのSGを開催してきた実績もあり、来年3月にはSGクラシックが初めて行われる。

大村市競艇企業局・馬場宏幸管理者 大村ボートの開設70周年という記念の年に、悲願だったグランプリを開催できることは非常に光栄です。関係者、ファンの方に感謝したい。職員一丸となって成功させたい。

大村競艇場とは

大村ボートが初のナイターグランプリ開催!ボートレース22年度SG開催地などを発表

1952年(昭和27年)4月に施行を開始。
正式な名称は「大村市モーターボート競走場」である。

2015年度より大村ボートレース場に改められた。
日本最南端かつ最西端の競艇場であり、国内で初めて競艇競走が正式に始まったことから、競艇発祥の地として知られる。

当時の運輸省による認可順では津競艇場が1号、大村が2号となっており、実際初めての競艇開催を巡っては両者で綱引きがあったが、テストケースとしての意味合いも強かったため「大村なら国の一番端だから、何かあっても致命傷にはならない」との考えから大村での開催が先になった。

施設名の通称は、BOAT RACE大村(ボートレースおおむら)。
施行者は大村市と長崎県広域競艇組合であったが、2006年(平成18年)度からは大村市のみの管轄となっている。

マスコットキャラクターは原田治デザインによる「ターンマーク坊や」。

2018年(平成30年)9月23日より、「発祥地ナイター」を開催。

以前は年間売上が200億円台を推移していたが、2015年頃から売上が急伸。

2020年度は売上が1591億円に達し、従来競艇場別売上でトップだった住之江競艇場を抜き初のトップに立っている。