峰竜太優勝10度目V三国:ボートレース甲子園G2年鑑最多勝利を目指す!

競艇全国ボートレース甲子園(GⅡ)とは

全国47都道府県を網羅したボートレーサーが出場する「夏の甲子園」のような全国大会がグレードレースとして昨年新設された!
記念すべき第1回大会はボートレース浜名湖で開催された。

  • 全国ボートレース甲子園選出基準

出場レーサーの資格:A1級、A2級及びB1級のレーサー
出場レーサーの選出方法:
過去1年間(2019年5月1日~2020年4月30日)の競走において、レーサーを出身地別に区分し、都道府県毎に勝率上位5名のうちから1名、競走会が選出する者(47名)
該当レーサーがいない都道府県がある場合、当該都道府県が属する地区(競走会が区分する地区)内の勝率上位の者から選出
※該当者がいない場合の例:『B2級』、『出場回数100回未満』、『フライングによる辞退期間』等

全国47都道府県勝率上位レーサーだけが参加可能

  • 東北 北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、
  • 関東 茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、山梨、長野
  • 東海 岐阜、静岡、愛知、三重
  • 近畿 富山、石川、福井、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山
  • 四国 徳島、香川、愛媛、高知
  • 中国 鳥取、島根、岡山、広島、山口
  • 九州 福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

G2第1回全国ボートレース甲子園優勝選手

  • 第1回全国ボートレース甲子園優勝
    3388 今垣光太郎選手
茅原が6コースに回って進入は123/564の並びとなる。
ダッシュ勢が揃って好スタートを披露。
カドから今垣が勢いよく絞っていくと、内勢を飲み込んで先マイを放つ。キレイな弧を描いて先頭に立った今垣は、直線であっさりとリードを奪取。
グングンと艇を伸ばして2マークも先行していく。
最後まで危なげなくトップを快走した今垣がゴールイン。
今垣が全国ボートレース甲子園の初代優勝者という栄冠に輝いている。

第二回競艇全国ボートレース甲子園(GⅡ)優勝戦

ボートレース三国で開催中のGⅡ「第2回全国ボートレース甲子園」は12日にいよいよ最終日。
第12Rではクライマックスとなる優勝戦が行われた。

万事屋
その優勝戦に出場した6選手のコメントを一挙公開していく。
  1. 吉川元浩(47=兵庫)
    「出足が良くて伸びも大丈夫だと思う。乗り心地も良かったし、準優の感じなら万全といえる。三国はプール状の水面で地元の尼崎に近いので相性はいい。兵庫代表として全国制覇したい」
  2. 今垣光太郎(50=福井)
    「完全な出足寄りで行った。空回りしていたし、競ったらダメだったと思う。伸びをつければ出足は全くなくなるけど、スリットから少しのぞくくらいにはなる。3枠なら3カドにするつもりだったけど、2枠ならバランス型で」
  3. 峰竜太(35=佐賀)
    「1Mで差せたのはたまたまだと思うけど、ハギさん(萩原秀人)より出足は良かった。伸びもハギさん以外とは上位で一緒。追い風ならツケマイ6割のつもり」
  4. 萩原秀人(41=福井)
    「伸びで負ける人はいない。出足、回り足も悪くないが、結果的に仕上げが甘かったかも。優勝戦は伸びに寄せたい。Sは全速コンマ10が目標」
  5. 田村隆信
    (42=徳島)「序盤は準優にも乗れないと思っていたが、セット交換で舟がハネるのが直ったのが大きい。足は全体に普通。見劣ることはないが、アドバンテージはない。現状の仕上がりで行く」
  6. 瓜生正義
    44=福岡)「足はいい感じで行けた。全部に『◎』がつく。乗り心地も安心感があるというほどではないが悪くない。Sも大体は行けると思う。基本は枠なり」

第二回競艇全国ボートレース甲子園(GⅡ)優勝戦結果

峰竜太優勝10度目V三国:ボートレース甲子園

峰竜太(35=佐賀)がまくり差しを決めて全国制覇、今年10度目の優勝を飾った。
2着には1枠の吉川元浩、3着には地元の萩原秀人が入った。

06年に夏の甲子園を優勝した佐賀北の、がばい旋風を完全に超えた。
鮮やかさも、強さも文句なし。
峰は「野球センスはないけど、全国制覇をすることができた」と胸を張った。

コンマ06のトップスタートを決めると、追い風が緩くなったことで、まくり差しの選択を決めていた。
「展示でハギさん萩原秀人とそんなに変わらなかった。内2艇をさばくことしか考えていなかった」。

展示から本番までイメージ練習を100回。
「その1回ができた」と満面の笑みで振り返った。
複勝率26・1%しかないエンジンを、エース機を上回る仕上げで打ち破った。

今年の優勝は早くも10回。
過去の年間最多優勝回数は野中和夫(引退)の16回だ。
「17回は最低でもいきたい。あと10回ぐらいして、他の人が諦めがつくぐらいやりたい」。

ボートレースの甲子園制覇は果たした。
それでも、最強を極める道半ばに過ぎない。
完全に自分が一番です、と松井(繁)さんに言えるぐらいになればいいと思う」。

自信にあふれた言葉は、峰だからこそ説得力がある。今後はSG優勝も積み重ね、正真正銘の最強レーサーになる。

関連記事

最高峰ボートレーサーの証「ゴールデンレーサー賞」 [dfads params='groups=1123&limit=1&orderby=random'] ボートレーサーとして数々の大会で活躍した選手に与えられ[…]

関連記事

SGボートレースメモリアル峰竜太を含む3人がF 2019年8月27日〜9月1日に開催されているボートレースメモリアルの5日目の準優勝戦で事件は起こった! 6艇がスリットを通過したとき、例によってアリーナで観戦していた選手[…]

峰竜太フライング返還5億円2019ボートレースメモリアル