[必見]級別審査期間が近い今は競艇で稼げるレースが盛りだくさん!!

ボートレース選手の級別は4段階

ボートレース選手の級別はA1級、A2級、B1級、B2級の4段階に分かれている。
級別は選手の強さを計るバロメーターのようなものです。A1級が上位に位置する。

級別審査期間は年2回で、5月1日~10月31日までと11月1日〜翌年4月30日まで。
級別の適用は毎年1月1日〜6月30日までと7月1日〜12月31日までで、1月からが前期7月からは後期と呼ばれている。

級別審査基準は勝率+a

級別を決定するにあたっては級別審査基準があり、勝率、2連対率、3連対率、事故率、出走回数が基準となる。
勝率は、着順点合計を出走回数で割ったもの。着順点は1着10点、2着8点と着順に応じた点数が決められ、その合計が着順点合計である。

選手によって出走回数が違うので、比較しやすいように勝率を出す。平均何着を走っていたかがおおよそわかる。一般競走でオール3着だと勝率は6.00。

2連対率は、1、2着回数を出走回数で割って百分率で表したもの。
3連対率は、1、2、3着回数合計を出走回数で割って百分率で表したもの。
A1級は、全選手数の20%。対象になるのは2連対率30%以上、3連対率40%以上で勝率上位。さらに事故率が0.70以下で出走回数が90走以上という厳しい条件になっている。

級別で最上位の級であるA1級は、ボート界のエリートのような立場と理解して間違いない。

A1級はB1級よりも月間稼働日数が多い

級別は、選手の月間稼働日数に関係している。
A1級の方が、B1級やB2級よりも数多く走れるので収入も増える

さらにSG、G1といった高額賞金レースへの出場資格にも関係してくるので、プロとして高い収入を得ようとすれば、おのずとA1級にならなければならない。

下記、級別の平均年収をまとめ。

A1級 約3,300万円
A2級 約1,900万円
B1級 約1,100万円
B2級 約500万円

A1級とB2急ではと大きな差がある。

期末勝負駆け

級別審査の締め切りが近づいてくると期末勝負といって、A1級やA2級のボーダー上の選手が少しでも成績が上がるように気合の入ったレースをすることがある
こうした状況も舟券作戦の対象になり専門誌などに載っているので、チェックするのもおもしろい。

高事故率の選手はスタートで無理できない?

期末勝負は、なにも勝率アップだけに注目すれば良いわけではない。例えば、高事故率の選手は、スタートで無理が出来ない。
級別審査基準には事故率という項目がある。いくら高い勝率をマークしても、事故率が0.71以上となるとB2級となる

フライングなどで事故率が高い選手は、出走回数を増やして事故率を減らそうとする。そのため、無事故完走を目標で走る場合があるのだ。

期末に近い時期のレースでは、こうした“無理ができない選手”をしっかりと舟券から外すことも忘れずに予想することが大切である。
A1級の出走回数が90走以上に改定されてからというもの、フライングを1本受けてしまうと、2本目を取るとA1級が危ないと感じて、スタートを控える傾向が出てしまうのも、また事実。

事故多発や低勝利選手は選手会から退会勧告

選手は無事故で走っていれば安泰というものではない。4期通算(2年目)の事故率や勝率によって日本モーターボート選手会から退会勧告を受ける事もある。

ボートの選手は、日本モーターボート選手会の会員が前提になっているので、選手会からの退会は引退を意味する。
該当する数字は4期トータルで、事故率0.70以上、勝率は3.80以下です。4期通算勝率に関しては、新人は猶予期間があるが、デビューして6年近く走ることはできても、一定の勝率を確保しないと引退を余儀なくされる厳しい世界とも言える。3年間レースに出場できなかった選手の場合には登録抹消となります。いつもベストな状態でレースに臨めるように、こうした登録更新検査があるのです。

級別審査期間 審査期間

前期 5月〜10月
後期 11月〜翌4月

適用期間

前期 翌年1月〜6月
後期 7月〜12月

「ビッグレース出場」への道のりへ大ピンチに追い込まれているのが、埼玉の平石和男だ。

9月18日現在で勝率は5・98。少なくとも2000年以降、1度もA1級を外しておらず、10月の1カ月間でA1級水準の勝率(おおよそ6.2前後)まで上昇できなければ、A2級陥落の憂き目を見てしまうことになる。
しかし、である。今までA1級常連組の「期末の猛反撃」を幾度となく見てきたが、この2019年10月に、平石が猛スパートをかけてくる可能性は多分にあるとみる。
その平石の肝心な斡旋状況だが、10月は9日からの三国GⅢ企業杯、26日からは下関で、こちらはGⅢマスターズリーグと、いずれも6日間開催が控えている。
その2場とも、通算成績で勝率7点オーバーを記録している好相性の水面だけに、期待感は膨らむ。
かつてはSGクラシックを制した歴戦の雄。
若手の発展目覚ましい埼玉支部でも、存在感は抜群な古豪だ。
期末の1カ月間でどんな戦いを繰り広げるか、舟券的にもしっかりマークしていきたい。