第一回全国ボートレース甲子園in浜名湖(GⅡ)

全国47都道府県を網羅したボートレーサーが出場する「夏の甲子園」のような全国大会がグレードレースとして新設!
記念すべき第1回大会がボートレース浜名湖開催決定!

第一回全国ボートレース甲子園(GⅡ)

全国47都道府県勝率上位レーサーだけが参加可能!

地区 都道府県
関東 北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、山梨、長野
東海 岐阜、静岡、愛知、三重
近畿 富山、石川、福井、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山
四国 徳島、香川、愛媛、高知
中国 鳥取、島根、岡山、広島、山口
九州 福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

 

全国ボートレース甲子園選出基準

出場レーサーの資格
A1級、A2級及びB1級のレーサー

出場レーサーの選出方法
過去1年間(2018年5月1日~2019年4月30日)の競走において、レーサーを出身地別に区分し、都道府県毎に勝率上位5名のうちから1名、競走会が選出する者(47名)

該当レーサーがいない都道府県がある場合、当該都道府県が属する地区(競走会が区分する地区)内の勝率上位の者から選出

※該当者がいない場合の例:『B2級』、『出場回数100回未満』、『フライングによる辞退期間』等
当該施行者の希望する者

甲子園出場選手有力候補

全国47都道府県勝率上位レーサーの中から、初代の栄冠に輝く期待が高い選手を公開!

 

選手名 登録番号 出身地 登録期 級別 勝率
三浦敬太 4702 北海道 110 A2 6.17
菊池孝平 3960 岩手 82 A1 7.47
中島和志 3952 岩手 82 A1 6.89
桐生順平 4444 福島 100 A1 8.25
中島竜太 4547 福島 104 A1 6.84
毒島誠 4238 群馬 92 A1 8.14
 金田諭 4036 埼玉 85 A1 6.98
中野次郎 4075 東京 86 A1 7.31
石渡鉄平 3716 千葉 74 A2 7.55
徳増秀樹 3744 静岡 75 A1 7.46
池田浩二 3941 愛知 81 A1 7.83
今井美亜 4611 富山 106 A1 6.49
松田佑季 4391 福井 98 A1 7.24
遠藤エミ 4502 滋賀 102 A1 7.16
守田俊介 3721 京都 74 A1 7.75
西村拓也 4397 大阪 98 A1 7.56
吉川元浩 3854 兵庫 79 A1 7.75
辻栄蔵 3719 広島 74 A1 8.03
白井英治 3897 山口 80 A1 8.12
田村隆信 4028 徳島 85 A1 7.17
寺田千穂 3435 福岡 65 A1 7.54
小野生奈 4530 福岡  103 A1 7.41
桑原悠 4497 長崎 102 A1 7.04
峰竜太 4320 佐賀 95 A1 8.39
山田康二 4500 佐賀 102 A1 8.13

優勝九州勢から来る!

九州勢の勢いが凄まじい!
2018年賞金王峰竜太選手はさすがと言える勝率である。

第一回ボートレース甲子園は、過去1年間(2018年5月1日~2019年4月30日)の競走を参考に選出されるため、
峰竜太選手の勝率が高い事は妥当と言えるが、

2019年に入ってからの結果もすごく、
第一回ボートレース甲子園でも結果を出してくれる事だろう。

期待を寄せている2選手

寺田 千穂選手小野 生奈選手である。


寺田 千穂選手
出身地 福岡
登録期 65
級別  A1
勝率  7.54


小野生奈選手
出身地 福岡
登録期 103
級別  A1
勝率  7.41

両選手共に福岡出身という事で、
出場できるのは、各都道府県で一人の可能性が高いのため、どちらかは出場はできない。

登録期に多いな開きがあり、大ベテランの寺田選手に小野選手が勝率でも追う形となっている

他にも、福岡には勝率の高い選手もいるため今後のレースにも目が離せない

注目選手が集まる中、5月21日から26日までの5日間、第63回ボートレースオールスターが開催されている。
第63回ボートレースオールスターについてはこちら