JRが計画運休!競艇開催に大きな影響が!

大型で猛烈な台風19号 三連休に関東直撃 !!

事前に『猛烈』な台風として紹介され、今年一番の規模であると見られている。
大型で猛烈な勢力の台風19号(ハギビス)は10日(木)3時現在、日本の南を時速約10kmで北に進んでいる。

今後は次第に進路を北東に変えて、非常に強い勢力を保ったまま、12日(土)から13日(日)にかけて関東など東日本に接近し、上陸するおそれがある。
本州の太平洋側を中心に広い範囲で暴風や高波、高潮、大雨等に厳重な警戒が必要である。

 台風19号 10月10日(木)3時
 存在地域   硫黄島の南南西約350km
 大きさ階級  大型
 強さ階級   猛烈な
 移動     北 10 km/h
 中心気圧   915 hPa
 最大風速   55 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 75 m/s

早ければ12日(土)の午前中から暴風域に入る所があり、接近前から暴風が吹き荒れる。

台風の進路に近いエリアでは、飛来物により窓ガラスが割れたり、建物の一部損壊、大規模な停電などが発生する危険があるため早めの対策を。
また、関東から近畿の太平洋側は台風接近前から強まる雨にも注意が必要である。

台風がもっとも近づく12日(土)から13日(日)は大潮となっているため、沿岸部では高潮に対する警戒も必要である。

台風19号影響競艇開催g1中止順延関東直撃

JR東日本が『計画運休』の可能性を10日発表。

JR東日本の深沢祐二社長は8日の定例会見で、この週末に日本に接近するとみられる台風19号への対応について、「予報通りの進路ならば、計画運休を含めた対応が必要となる。前回(台風15号)の反省を踏まえ、準備を進めている」と述べた。

9月9日に上陸した台風15号について、JR東は前日の8日夕に「9日始発から午前8時ごろまで運転を見合わせる」と発表。ところが、強風が長引いたために運転再開がずれ込み、駅は「8時」を見込んだ人々で大混雑した。

深沢社長は、スムーズな運転再開に向けた要員配置や利用者への情報の伝え方について見直しを進めているとしたうえで、「混乱が起きないように対応したい」と話した。(細沢礼輝)

前回の計画運休の『台風15号』の経験から、48時間前から情報があった。

大型で猛烈な台風19号が東日本にかなり接近するおそれがあることから、JR東日本は12日の土曜日から13日日曜日にかけて、首都圏の在来線と新幹線で、あらかじめ列車の運行を取りやめる「計画運休」を行う可能性があると発表した。

関係者によると、ラグビー・ワールドカップ(W杯)の開催期間中であることや、3連休で運動会、結婚式など行事も多く、早めの周知が必要と判断したようである。

「計画運休」を実施する場合には11日、詳細を発表するとしていてホームページなどで最新の情報を確認するよう呼びかけている。

従来の方針を転換し実施48時間前の10日中に発表した

発表では『計画運休』を示唆していただけであったが、状況から見て計画運休となる可能性が高いだろう!

3連休は、大人しく家で競艇を楽しむとしよう。

関東直撃で中止,順延が濃厚な競艇場

関東には、土曜日に直撃するを予想されている。
10月12日に台風の影響を受けそうなのは開催予定の競艇場は以下の4つである。

  1. 桐生競艇場・第5回太田双葉CCカップ DS開設6周年記念
  2. 多摩川競艇場・第3回じぶん銀行賞
  3. 蒲郡競艇場・DMM.com杯争奪 ボートバカ一代カップ
  4. 三国競艇場・G3 スズキ・カープラザカップ