fbpx

競艇:基礎分析9ヶ条

出走表を分析

出走表は12Rから11R、10R、……、1Rと見ていく
好調な選手ほど遅いレースで登場
出走表を後ろから読むことで、選手の力関係を簡単に読むことが可能

2回走りを「早見」でチェックすれば、強い選手と弱い選手が顔を合わすレースが見つかります。走る前から結果を予測できるようなレースも見つかります。「主力信頼」「2強対決」「上位3者」「混戦レース」など、あらかじめレースの性格を読んでおこう。

出走表の全体像を見たら、次に1号艇にいる選手をチェック。
実力上位、機力上位の選手が1号艇に数多く配置されていれば、インが強く、本命サイドの配当が多くなる。
あらかじめ番組の傾向を読んで、番組の性格に応じた舟券作戦を立てよう。

選手の実力を分析

選手に関するいろいろなデータがあるが、基本は選手勝率。参考にするのは「最近勝率」「近況勝率」。
ただ、最近の傾向としてプロペラの好不調でも実力相場が変わってくる。季節の変わり目などで新しいプロペラを投入するので、直近の成績やシリーズに入ってからの成績を必ずチェックだ。選手の実力は流動的である

最近の成績が良く、それに見合うだけのシリーズ成績を残している選手が、本当に好調な選手。好調な選手は、シリーズに入ってからの着順スタートの早さ1着タイムなどにストレートに出てくる。」で強い選手が本当に強い選手。

エンジン、ボートを分析

エンジン、ボートは抽選。一般戦でA1級の近況好調な選手に当たれば、エンジン勝率が上がる。低勝率ばかりを集めたシリーズもあるので、数字をそのまま鵜呑みにするのは危険である。

信頼できるのは2連率が40%を越えているエンジン。それでも直近のレースで、どういった選手が乗ってどういった成績を残しているかチェックしなければならない。連続して優勝戦に乗っているエンジンなら、間違いなく強力エンジンという判断を下せる。
2連率が30%台のエンジンは、直近の乗り手成績をチェック。シリーズに入ってからの成績やスタートの切れなどでエンジンの本当の力を判断。
2連率が20%台のエンジンでも、大整備や中間整備などで動きが急変することがある。あくまでも直前の気配でチェックすることが大切。
エンジンに関していえば、特定の競艇場の台帳を作ろう。
エンジン番号毎に、使用者、節間成績、部品交換、コメント(気配メモ)を記録していけば、シリーズに入って活躍するエンジンが見えてくる。
エンジン使用者勝率と節間の勝率を比較して、プラスになったのかマイナスになったのかを数値化すれば、強力なエンジンデータがでる。

選手の着順傾向を分析

競艇選手は1500名近くいる。選手にはいろいろなタイプがおり、それが着順に現れてくる。1着か着外かといったレースをする選手がいるかと思えば、2、3着が目立つ選手もいます。ファン手帳を見れば、選手の着順傾向を分析することができる

着順傾向から、「1着型」「2,3着型」「中間着順型」「着外量産型」と分けることができる。「同タイプは両立しない」「違うタイプは折り合う」「同じタイプは内が勝ち残る」をおぼえておこう。

各レース出走表をみて、各選手を何タイプか分析。その上で「同タイプは両立しない」「違うタイプは折り合う」に合わせて舟券を選択。主力選手が崩れるレースが見えてくる。

スタート隊形を分析

出走表には、最近のスタート平均が載っている。これを使えば展開を簡単にイメージできる。スタート展示でスロー3艇ダッシュ3艇になれば、本番レースはほぼ枠なりになり、この場合に限ってこの方法は有効です。

1号艇から順番に平均スタートを書き込み。コンマ15の差があれば、約1艇身。一般戦では半艇身近くスリットで差がつく。
何コースの選手がスリットで遅れるかで、「横一線」「内ヘコミ」「中ヘコミ」「外ヘコミ」と分類しよう。

横一線」→イン有利で、2、3着は接戦。
内ヘコミ」→捲り有利で、2、3着にアウトの選手が入ってくる。
中ヘコミ」→捲り有利だが、捲りに乗った差しの出番がある。差しが抜け出すと高配当。
外ヘコミ」→イン有利でイン信頼の舟券になる。

展示タイムを分析

各レース展示タイムどおりに着順が決まるわけではないが、特定の条件にはまれば、高い確率で1着になる選手や着外に落ちる選手が見えてくる。

<例> ※以下ご参照ください。
1号艇・スタート展示でイン・勝率上位・1番人気→展示タイム順位1位者は狙い目。
ホーム追い風・勝率上位・チルト-0.5度→展示タイム順位1位者は狙い目。
チルト1.0度以上・6コース→展示タイム順位6位者は苦戦が予想。
前日の気象条件が同じ・勝率上位・展示タイムが0.1秒アップ→展示タイム順位1位者は狙い目。
勝率下位・6コース→展示タイム順位6位者は苦戦が予想。
体重上位・6コース→展示タイム順位6位者は苦戦が予想。
スタート平均下位・6コース→展示タイム順位6位者は苦戦が予想。

1マークの隊形を分析する

競艇は先行有利な競技。
いくらインが有利だといっても、それは1マークを先に回ることができるからである。
阿波勝哉選手のようにアウトからでも1着を取る選手がいる。1マークで他選手よりも前にいれば、それだけ1着を取れるチャンスが増えてくる。
展示タイム平均スタートだけで1マークに誰が一番最初に到達するか分析できる。

やり方
<展示タイム+平均スタート=1マーク到達指数>
数字が小さいほど、1マーク到達順位の早い選手。
数字が大きいほど、1マーク到達順位が遅れる。

1着軸にできる選手が、これでわかる。到達順位6番目は見切り。

最適コースを分析

選手に着順傾向があるのと同じように、コース取りにも傾向があります。枠なり全盛の時代ですが、3、4コースで好成績をマークしている選手。ファン手帳などで、2連率の一番高いコースと一番低いコースをチェック。2連率の一番高いコースに○、低いコースに×をつけておこう。

スタート展示のコースで、各選手毎に○と×に合致したコースを調べる。

選手の2連率の一番高いコースとスタート展示のコースが合致すると○が付き、反対に2連率一番低いコースと合致すると×がつく。○のついた選手は、一番得意なコースからレースができる。×の選手は不得意なコースに回されるので、苦手意識が先行。

○が1名だけなら、ここからの狙いになる。×の選手を見切って舟券を組み立よう。○が実力上位の選手なら1着軸信頼

効率オッズゾーンを分析

オッズは流動的です。3連単の組み合わせは120通り。

基本的な見方は、1番人気に推されているオッズを探すこと。オッズが何倍になっているかを見て、購入する3連単の舟券点数を決めていく。

仮に、オッズが8.0倍だとすれば、舟券の購入点数を8点。オッズが12.0倍だと12点買いまで広げる。そして、1番人気の周辺の舟券を買う。1番人気の組み合わせが入っても損はない。

簡単な買い方は、人気順に舟券を買うこと。オッズが8倍なら1番人気から順番に8番人気まで狙う。

データを調べてみると、一般戦の3連単で15番人気までに収まっているレースが約半数。
高配当は手にできないが、3連単の的中率は上がる。

以上である。
ぜひ9ヶ条を実践して欲しい。

プロに任せた必勝法もある。
競艇予想サイトを利用する事で個人では難しい高配当を手できる

 

競艇は簡単に稼げる時代に

競艇(ボートレース)で勝つために各選手も私たちも参加している。
しかし、現実は勝つ人が1割程度しかいない。
ここで言う勝つとは、継続して的中し続けている人を指している。

競艇(ボートレース)で勝つために必要な事は、『運』『勝負強さ』といったスピリチュアルの世界ではなく、
完全なる情報戦である。
「情報をいかに集められるか」が必勝への最短ルートであると言える。

例えば、プロの予想家や新聞記者が的中させているのかと言えば、情報量・情報収集力が違うためである。
しかし、競艇関係者ではない私たちは、細かい状態などはわからない。
一般人が通常生活する中で、競艇に関する重要な情報を知る事はなくほぼ無料の情報を頼りに予想している

競艇に限らず、無料の情報で勝てるほど世の中甘くは無い。
情報戦で個人が勝つ事は不可能である。

ではどうするか?

競艇予想サイトを利用するに限る。

よろず屋が認める優良競艇予想サイトを利用する事は、単純かつすぐに結果が出る手段である

すぐに稼ぎたい人は、タダで有料情報を提供してもらえるサイトにまずは会員登録してみて欲しい。
お金を掛けずに、プロの予想を毎日GETできるのも予想サイトだからできる。

毎日レース開始数時間前まで精査された予想情報をまずは確認して欲しい。


競艇よろず屋の今週の注目記事はこちらから

>よろず屋の理念

よろず屋の理念

競艇情報を随時更新中
「おすすめ競艇予想サイト」ではあなたの口コミ・レビュー1件1件参考にして日々の更新しています。
競艇予想サイトをご利用/ご登録された際は、一言で構いません。当サイトにご意見/ご感想を書いていただけるとサイト運営の励みとなります。
ご不明点・バグ・誤字など些細な事でも構いません。
お問い合わせよりご連絡下さい。