fbpx

今泉友吾選手が6号艇から優勝戦21万舟!デビューから1度もF無し2020年はさらに躍進する年に!

ルーキーシリーズ第21戦JLCカップ:優勝戦で21万舟が出た !!

ボートレース大村の「BTS由布開設記念 ルーキーシリーズ第21戦JLCカップ進入固定」は2日、第12Rで優勝戦が行われた。

ルーキーシリーズ第21戦JLCカップ:優勝戦

1号艇藤原啓史朗選手が順当に人気
人気の3連単は、1-234-234が注目位されており、インでの決着
優勝戦ということもある為、インが硬かった。

さらに、大村競艇場は、大村湾に面した海水レース場。
2マーク後方に防風ネットが設置されて風邪の影響が軽減されたがそれでも屈指のイン有利のレース場である。
冬の北風は横風だが、斜め向かい風になることもある。
そうした時はセンター勢の差しが決まることが出てくるが、今回は、王道の大村競艇場の気候だった。

優勝戦注目の第一ターンマーク

4号艇の山崎郡選手が、1号艇の藤原啓史朗選手が縺れて1Mに進入。
進入コースが制限されて、インに付けずに流れてしまう1号艇と4号艇。

4号艇の山崎郡選手は、なみに乗ってしまい転覆するほどバランスを崩してしまった!!


実際にリアルタイムで見ていたが、この瞬間。
3人のA1級のうち、2人が舟券から外れることになった。

すでに大荒れ確定。

会場での悲鳴が想像できる、、、
ナイター開催の最終レースで、尚且つ優勝戦。
大一番の1Mがこれで悲鳴以外に出てこないだろう。

レースはここからが一気に面白くなる。

優勝戦の1Mで、4号艇の山崎郡選手転覆ということは、、、

実質、1周目2Mが最終のターンということになる!!

向正面では、
5号艇:坪口竜也
2号艇:宮之原輝紀
6号艇:今泉友吾

以上3艇に絞られた。

6号艇:今泉友吾選手のモンキーターンが見事に決まった瞬間である。
転覆艇がいることで、レースここまで、

ルーキーシリーズ第21戦JLCカップ:優勝戦

カド山崎郡の攻めに乗った今泉友吾がまくり差して優勝。2着に宮之原輝紀、3着に坪口竜也が入った。


3連単は、21万2430円の115番人気で幕を閉じた。

20最後に最高の思い出 !!

29歳最後の夜にビッグサプライズだ。今泉は3日に30歳の誕生日を迎える。
こんな最高な20代最後の日はない。同期・山崎郡がカドから仕掛けたところを大外から狙い澄ましたまくり差しで突き抜けた。1Mで山崎が転覆しており、2Mを先に回った瞬間に大勢は決した。
「事故があったので残念なんですけど、優勝できてうれしいです」

両手を上げて喜べなかったが、これで今年は4V目。

もっと凄いのは、デビューから1483走して一度もスタート事故を起こしていないところ。
超エリートレーサーは、前期でキャリアハイの勝率7・27をマークしている。

「リズムがいいので、調子を崩さないように頑張ろうと思って大村に来た。結果が出て良かったです。これからもしっかり舟券に貢献したいと思います」

と、語ってくれた。

流石にこの情報は、競艇予想サイトでは売っていないだろうが、万舟券は大体の相場的に800pt以上の情報になってくると購入することができる。