日生学園卒業後はお笑いではなく、、ダウンタウンの浜田雅功が競艇選手を目指していた !?

ダウンタウンの浜田雅功が競艇選手を目指していた !!

お笑いコンビ、ダウンタウンの松本人志(56)が13日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜前10・0)に出演。
相方の浜田雅功(56)が高校卒業後に競艇選手を目指していたことを明かした。

この日は2日に行われた競馬の東京盃で日本人女性騎手として史上初となる統一グレードレース制覇の快挙を成し遂げた藤田菜七子騎手(22)を特集。
元騎手で競馬パーソナリティーの細江純子さん(44)をゲストに招き、藤田騎手について徹底解説した。

その中で松本が「ちなみになんですけど、うちの相方の浜田さんは高校出てすぐに競艇の選手になろうとした。体重が軽かったんで。試験受けて、学科でスベったんです」と暴露。
さらに「ちなみになんやけど、浜田まだ愛人いると思うねん」とも語り、スタジオを笑わせた。

2015年にも一度話題に!

ダウンタウンの松本人志(52歳)が、2015年10月4日に放送されたバラエティ番組「下がり上がり」(フジテレビ系)に出演。
相方の浜田雅功(52歳)が、かつて競艇選手になりたかったとのエピソードを披露した。

この日、番組MCの陣内智則(41歳)より、もし浜田がいなかったとしたらお笑いの道に進んでいたかと聞かれ、「ないないないない、俺はないない」「俺はもっと堅実な人やから、そんな芸人になんてなってないと思う」と語った松本。高校卒業時、本当は就職が決まっていた松本だったが、浜田の誘いでお笑いの道へと進んだことを振り返った。

そうした話の中で、浜田が本当は競艇選手になりたかった、とのエピソードを松本が紹介。
「(浜田の)オヤジが『お前、競艇選手になれ』って。
ちょうどほら、あいつ小柄やろ。ええねん、サイズ的にも。それで受けて、それは良かってんけど、学力テストで落ちたんや。学力テストで落ちたんやで。陣内、学力テストで落ちたんや」と力を込めて語った。

陣内は「わかりました、わかりました」と、学力テストのくだりに苦笑。

そして「結果、神様が見ていたということじゃないですか。そこで受かってたらダウンタウンは生まれなかったわけですから」とまとめた。

浜田雅功さんの母校、日生学園は全寮制でとても厳しい学校であることは有名ですが、そこから競艇選手を目指し試験まで受けていたことに驚きですね。