G3児島第7回ウエスタンヤング大山千広選手が初日から好調!!羽野選手などフライング続出 !!

G3第7回ウエスタンヤングボートレース児島:概要

  • 開催場
    ボートレース児島
  • 開催日程
    2020年7月13日~18日
  • 優勝賞金:900万円

G3第7回ウエスタンヤングボートレース児島:展望情報

SG出場経験やGⅠ優勝実績を持つ主力が断然の存在感を発揮する。

大上卓人(広島)、村松修二(広島)の広島勢と、羽野直也(福岡)、仲谷颯仁(福岡)の福岡勢が4強

女子では男女の枠を超えたスピードレーサー・大山千広(福岡)が別格だ。
19年にクラシック、ダービーに出場した大上は新春の広島ダービーを捲りで制覇。
村松は2月の宮島・中国地区選で5コース捲りを決めてGⅠ初制覇、今年のクラシックでSGデビューを果たした。

両者とも現在広島支部のトップに君臨するインの前本泰和を撃破しており、地元宮島と同じ瀬戸内の児島で優勝争いを繰り広げる。

対する福岡勢は羽野が17年10月に大村周年でGⅠを制し、仲谷は18年2月の若松・九州地区選でGⅠ優勝。羽野はSG7大会に出場し大舞台の経験値は断然。
F2でA2級落ちした仲谷も新勝率は7.52と完全復活。派手な活躍を狙っている。

女子では昨年の蒲郡・PGⅠレディースチャンピオンで優勝し脚光を浴びた大山のほか、地元の土屋南(岡山)も地力アップ。
初勝利、初優出が児島と相性の良い川原祐明(香川)、1月に当地で優出した溝口海義也(福岡)、児島の調整に自信を持つ蒲原健太(佐賀)が穴候補である。

G3第7回ウエスタンヤングボートレース児島:初日ドリーム戦

万事屋

注目は、SGオールスターのドリーム戦で2号艇だった大山千広選手である。

今回のシリーズでは、1号艇に選出さレている。
賞金女王の大山千広選手がどのようなレースをみせてくれるのか注目である。

G3第7回ウエスタンヤングボートレース児島:初日ドリーム戦結果

  • 1号艇:大山千広選手
  • 2号艇:仲谷颯仁選手
  • 3号艇:村松修二選手
  • 4号艇:大上卓人選手
  • 5号艇:竹井貴史選手
  • 6号艇:羽野直也選手

大山千広選手が1号艇からどんなスタートをきるのかまず注目したいところである。

展示タイム

まず、1番時計を出したのが1号艇:大山千広選手であった。
以下は下記の通りである。

  • 1番時計 1号艇:大山千広選手
  • 2番時計 2号艇:仲谷颯仁選手
  • 3番時計 5号艇:竹井貴史選手
  • 4番時計 6号艇:羽野直也選手
  • 5番時計 3号艇:村松修二選手
  • 6番時計 4号艇:大上卓人選手

大山選手はキャブレターを交換しており、展示タイムを見る限りであはしっかりと調整できているように感じる。
これは最低でも舟券には絡んでくるだろう!

レース結果を見ていこう!!

レース結果:G3第7回ウエスタンヤングボートレース児島ドリーム戦

それではG3第7回ウエスタンヤングボートレース児島ドリーム戦レーススタート

全艇無事にスタートを切った。

1号艇:大山千広選手、2号艇がややスタート出遅れたように見える

展示では6番時計だった4号艇:大上卓人選手が好スタートをきめてきた。
全艇かなりレベルのたかいスタートを切っている。

1マーク直前の隊形を見ていこう!!

ここでは行き足が威力を発揮していく!!

全艇綺麗に1マークに進入してくる。

1マークの攻防戦に入って行く。

3号艇は2号艇にツケマイを狙いつつまくりを選択し4号艇は3号艇の動きを見てから差しを選択していった
1号艇の大山選手は、ツケマイもなくしっかりとイン逃げができる体制になった。

4号艇,5号艇は共に差しで応戦してきた。
好スタート決めた4号艇がしっかりと差しを狙えるポジションについている。

2マークの立ち上がりである。

綺麗に立ち上がった4号艇の大上選手が差しを決めて1着となっていたが、ここでまさかの事実が判明!

スタートの時点で4,5号艇がフライングを切ってしまっていたのである。
ルーキーにとっては今大会は大一番とも言えるレースである。

さらに、ドリーム戦ともなればさらに緊張は大きくなる。
その状況下でのフライングであった。

2マークの攻防戦に入って行く

フライングによって、1-2-3で確定となった。

スタートを見てみると選手の気持ちがありありとでているように感じる。

フライングを肯定するうことはできないが、他の選手もコンマ0秒代と、平均スタートから見てもいつも以上のスタートを切っている。
そこまでぎりぎりの勝負を仕掛けるほどのレース出会ったとも言えるのである。

結果は、3連単1-2-3 1番人気270円となった !!

波乱のG3児島第7回ウエスタンヤング

3日目終了時点で競争得点上位

1 4931 木谷賢太 B1 得点 28
2 4772 石丸海渡 A1 得点 34
2 4885 大山千広 A1 得点 34
4 4590 渡邉優美 A1 得点 30
5 4980 佐々木完太 B1 得点 22
5 4991 宗行治哉 B1 得点 22
7 4985 井本昌也 B1 得点 26
7 4643 近江翔吾 A1 得点 26
7 4963 實森美祐 B1 得点 26
7 4821 妻鳥晋也 B1 得点 26

賞典除外/途中帰郷選手一覧

  • 4737 竹井  貴史 A1 賞典除外 備考:フライング
  • 4714 喜多須 杏奈 B1 賞典除外 備考:フライング
  • 4817 渡邉   翼 A2 賞典除外 備考:フライング
  • 4938 小芦 るり華 B1 賞典除外 備考:フライング
  • 4831 羽野  直也 A1 途中帰郷 備考:転覆
  • 4682 大上  卓人 A1 途中帰郷 備考:フライング
  • 4909 薮内  瑞希 B1 途中帰郷 備考:フライング
万事屋
3日目にしてすでに上記の選手が、賞典除外/途中帰郷となってしまっている。