前検日/モーターG3第15回サントリーカップ出場選手一覧,選出除外,フライング!!2020年多摩川競艇!!

GIII第15回サントリーカップ:概要

  • 開催日程
    2020/12/8~13
  • 開催場
    ボートレース多摩川

多摩川競艇G3サントリーカップ

  • 2011年ウェイキーカップ優勝者:榎 幸司選手
  • 2012年ウェイキーカップ優勝者:吉田 俊彦選手
  • 2013年ウェイキーカップ優勝者:重成 一人選手
  • 2014年ウェイキーカップ優勝者:長田 頼宗選手
  • 2015年ウェイキーカップ優勝者:石渡 鉄兵選手
  • 2016年ウェイキーカップ優勝者:中澤 和志選手
  • 2017年ウェイキーカップ優勝者:佐々木 英樹選手
  • 2018年ウェイキーカップ優勝者:池永 太選手
  • 2019年ウェイキーカップ優勝者:渡部 悟選手

GIII第15回サントリーカップ:展望情報,注目選手

赤岩善生、中田竜太がV候補。地元勢も豪華メンバーが集結

今大会はG3とあって普段より豪華メンバーでの6日間となる。

主役は赤岩善生だ。

今年はけがに悩まされ思うような成績を残せなかったが、地力は上位。妥協なき整備で快速に仕上げて他を圧倒する。

中田竜太は近年こそ記念戦線で快音が聞かれないが、もっと上の舞台で戦っても不思議のない選手。
俊敏なターンで縦横無尽に駆ける。

大場敏は安定感が光るレース運び。横澤剛治は課題のモーター出しさえクリアすれば、優勝争いに加われる。

山崎郡は初優勝した思い出の多摩川で再びVを目指す。
永田啓二、奈須啓太の福岡コンビにも注目だ。対する地元勢も普段より強力だ。
A1級だけでも高橋勲、齊藤仁、長田頼宗、山田哲也が参戦する。

中でも11月の常滑周年で7年半ぶりのG1優勝を決めた齊藤に注目が集まる。
走り慣れた地元で調整は把握済み。

抜群な操縦性に仕上げて、的確なレース運びを披露する。地元若手の岡部大輝、鈴木雅希も思い切りのいい走りで沸かせる。

  • 赤岩善生
    通算100回目の優勝を目指して走る
98年5月に常滑でデビューすると、2走目でいきなり初勝利を達成した。
G1優勝は6回。SGは06年住之江グランプリシリーズでの優勝がある。愛知支部を代表する強豪レーサーだ。
多摩川は直近3節こそ全て予選落ちとなっているが、19年1月の3Daysでは、4戦4勝のパーフェクトVを達成した。「タイトルの数は少なくても、そういう小さい記録はどんどん作っていきたい。僕はそういうタイプだから。派手さはないけど、地道さはある」。レースのグレードに関係なく、常に全力でファンの期待に応える赤岩らしいコメントだった。今年は優出こそ10回しているが、優勝はわずか1回。けがの影響もあり、いつものパフォーマンスを発揮できていない。それでも一般戦なら地力上位なのは間違いない。いつもの妥協なき整備で、モーターを快速に仕上げて他を圧倒する。通算100Vへ、あと1勝。区切りの優勝を今大会でぜひ達成して欲しい。

  • 中田竜太
    剛柔自在な走りで1Mは突破する
SG制覇こそないが、G1は通算で3勝。
17年には年末のグランプリにも出場したことがある実力者。
過去1年間のコース別成績を見ると、インはもちろんだが、2コースから6コースまで満遍なく勝ち星を挙げている。外枠だからといって評価を下げるのは禁物だ。アウトコースからのまくり差しは絶品で、カドに引けば強気なまくりを披露する。剛柔自在な走りが最大の魅力だ。9月は平和島、大村と連続優出。続く芦屋では優勝と調子は上向きと思ったが、中田自身は納得していない。
「モーターが良かっただけ。それよりも、ちゃんと引き出せていなかった。ペラに迷いがあります」。まだ引いたモーターによって成績が左右されるようだ。
多摩川は優勝がなく、実績のある水面とは言えないが、今年は3回目の出場となる。
調整、スタートはある程度はつかんでいるはず。本来なら記念で活躍できる実力がある選手。ファイナル入りへ全力の走りを誓う。

ボートレース多摩川:モーター上位機

多摩川のモーターは、5月の使用開始から半年を超えて、おおよその素性は見えてきた。
2連率50%超えるようなお化け機は存在せず、相場は少しずつ変化してきたのでッキン近況には特に注意したい。
地力を感じさせない安定感ピカイチの61号機、伸びが光る20号機、

そして近況抜群なのが44号機である。

  1. モーター番号61 2連対率 49.18
  2. モーター番号14 2連対率 44.07
  3. モーター番号20 2連対率 43.97
  4. モーター番号64 2連対率 43.16
  5. モーター番号26 2連対率 42.31
  6. モーター番号44 2連対率 42.02
  7. モーター番号69 2連対率 41.03
  8. モーター番号56 2連対率 40.57
  9. モーター番号54 2連対率 40.43
  10. モーター番号41 2連対率 40.18
  11. モーター番号49 2連対率 39.84
  12. モーター番号37 2連対率 39.53
  13. モーター番号38 2連対率 39.32
  14. モーター番号33 2連対率 39.22
  15. モーター番号45 2連対率 38.78

BOATRACE多摩川より引用

ボートレース多摩川:水面の特徴

多摩川競艇:G1ウェイキーカップ注目情報,選手,モーター,水面2020/02/23~281

  • 水質は淡水で硬い
    多摩川は淡水のプール型レース場で、砂利の採取跡地を再利用している。
    淡水なので水質は硬いが、選手によっては同じ淡水レース場でも、江戸川や唐津は比較的乗りやすい。
    また、水質が硬いレース場全般に言えることですが、周回展示では2マークに注目したい。
  • 日本一の静水面
    多摩川は「日本一の静水面」と呼ばれ、風の影響が比較的少ないことが特徴の一つにある。
    理由としては、関東平野という場所に加え、周囲を防風林で囲われていることが挙げられる。
  • 多摩川はスピード戦!!
    多摩川競艇場は、ホーム側、バック側とも24場の中で上位の広さを持っている
    静水面と広さからクセのない水面で走りやすい為、比較的女子戦が多く開催されている競艇場でもある。
    水面図を見てみると、ピットから2マークまでの距離が89mと短めで、枠なり進入が多い傾向にある
椎名あつし
全国の平均のコース別成績では、1コースからの1着率はへいきんよりも大きく上回って61%である。
それにともなって2,3コースからの1着率が大きくダウンしている。買い目でみると、124、123、126が特出しており、12から流すのが堅いと言える。