G3オールレディース江戸川女王決定戦KIRINCUP2020予想,展望情報,出場選手一覧

G3オールレディース江戸川女王決定戦KIRINCUP2020:概要

  • 開催地 ボートレース江戸川
  • 日程 2020年6月17日~6月22日
  • タイトル G3オールレディースHAMAZOカップ
  • 優勝賞金 200万円
  • 概要
    オールレディースはかつてのオール女子戦競走
    女子選手のみ出場資格をあるが、女子リーグ戦および後身のヴィーナスシリーズとは異なり、登録年数の制限が設定されていないため、中堅やベテランの女子選手も出場が可能である。
    2014年度からの番組の改正により、オールレディースに改称の上でG3に昇格し、同時に女子リーグ戦と入れ替わる形でレディースチャンピオン競走の選考対象競走となった。
    このためオールレディース競走に優勝すれば中堅やベテランの女子選手にも出場権が与えられることとなり、若手選手以外にもレディースチャンピオンへの出場チャンスを増やしている。

G3オールレディース江戸川女王決定戦KIRINCUP2020:展望情報

2準優制の6日間開催にて争われる「 G3オールレディース・江戸川女王決定戦 KIRIN CUP」が6月17日(水)に開幕
今回で「9回目」を迎える当シリーズだが、今年度は「梅雨時」となる6月半ばの開催で水面が安定する時期。
よって、当地経験の少ない選手にとっても、比較的水面に適応しやすいコンディションが見込める。

さて、初日メインの12R「江戸川選抜戦」に出場を予定しているのは(枠番順)に守屋美穂長嶋万記香川素子小野生奈中谷朋子平山智加のA1級6選手。

中でも、1号艇にエントリーした守屋は、今年1月に行われた「第8回江戸川女王決定戦」を豪快な「4カド捲り」制したディフェンディングチャンピオン
当地では、それ以前にも2016年9月の「男女W優勝戦」において「初出場&初V」を成し遂げている実績十分の水面だ!

その守屋、昨年は男女混合のG2戦(7月の芦屋MB大賞)を制する「大金星」を挙げて一気に飛躍したが、近況も猛者揃いの「芦屋68周年記念」でベスト18入りを果たした他、オール女子戦では「3連続優出中」と更なるリズムアップを果たしている。
内寄りからの安定した捌きに加えて、中外コースからも大胆な攻めを繰り出してくるだけに、今回もシリーズリーダーの期待が懸かる選手である。
長嶋は、前回1月の「江戸川女王決定戦」で予選突破を果たせなかったが、当地では2016年10月に「第6代目江戸川女王」に輝いている他、通算でも計8節走って「4優出&1V」と水面実績は十分。

一方、小野・中谷・平山の3者は、いずれも久々の江戸川参戦
中でも、小野は過去に当地を1節しか走っていないが、その前回(2013年4月の男女W優勝戦)ではファイナルに進出。
難易度の高い江戸川水面をキッチリ乗りこなしていたし、仮に波が出ても極端に苦にするタイプではない。

中谷は、2016年9月の「男女W優勝戦」以来となる当地戦。
女子きっての「差し巧者」で、関東地区では無類の「平和島巧者」として知られているが、江戸川は優出経験こそあるものの、とにかく走る機会が少ない
さらに、前期が「F2」でスタートも課題になってくる一節だが、生命線の「回り足系」さえ仕上がれば、無難に捌いてくるはずだ。

そして、幾多の男子強豪をなぎ倒し「尼崎60周年記念」を制した2013年に、芦屋で「賞金女王決定戦(※現在のクイーンズクライマックス)」も勝って女子の頂点に立った平山の実績は最上位と言える存在。
産休による長期欠場から戦線に復帰して約2年が経過したが、2期連続で「7点台」の勝率をマーク。
今年もすでに「3V」を挙げており、好調な走りを披露している。

なお、平山は先に触れた小野と同様、当地は今回が2度目の参戦。よって、讃岐の女傑・平山は長期ブランクを克服して、必ずや優出(ベスト6)圏内に食い込んでくるはずだ

上記の選抜組に続く「セカンドグループ」を形成するのは、
海野ゆかり宇野弥生深川麻奈美の3者。

特に、自己通算で「57V(うちG1V2)」の海野は、女流きっての銘柄級。
現在は2期前に犯した「F2」が響いてA2級に落ちているが、今もなお旋回テクニックは一流
当節の出場メンバーにおいて「捌く技術」ならば、平山と双璧と言える存在だ!
ただ、海野の弱点は「スタート」と「荒水面」の2点が挙げられる…。
よって、波が出てしまうと精巧なハンドルワークに支障をきたしてしまうが、静水面で戦えれば堅実に捌いてくるのは必至だ。

さらに、遠征組では三浦永理山下友貴池田浩美の静岡勢にも注目したい。
まず、前期が産休明けだった三浦と山下だが、いずれも長欠の影響を感じさせぬ走りで着々と復調。
山下に至っては、来期のA2級をも確定させている。ともに実績十分の水面で好勝負を期待したい。

その他、モーターの仕上がり次第では、五反田忍・茶谷桜・西村美智子の3者もベスト12入りが狙える。

特に、中外コースからの攻めっぷりが良い五反田は静水面で戦えると楽しみだし、4月の宮島で念願の「デビュー初V」を飾っている西村も、4年半ぶりの江戸川水面にしっかりフィットできれば楽しみだ。

そして、計「12名」が参戦予定の地元東京支部勢では、まず平田さやか富樫麗加の両者に期待したいところである。
注目度激高の昨年暮れの「徳山クイーンズクライマックス・シリーズ戦」で悲願の「初V」を飾った平田は、地元女子の安定株。
1Mの「決め手」は決して鋭くないものの、手堅いターンを駆使して舟券への貢献度は高い。

かつて当地で「フレッシュルーキー」を務めていた富樫は、江戸川ではお馴染みの存在
過去には「F3」を経験するなど、波乱万丈のレーサー生活を送っているが、戦法的には「コーナー勝負」の比重が高い堅実派で、競り合いにおけるしぶとさが真骨頂。
ボートを意のままに御せる「操作性」が生命線だけに、本人から「乗りやすい」のコメントが出ている時はズバリ「買い」のサイン
気合を入れて、まずは「当地初優出」を目指したい。

G3オールレディース江戸川女王決定戦KIRINCUP2020:出場選手

出場選手一覧
3254 柳澤  千春選手 級別: B1
3357 福島  陽子選手 級別: B1
3604 武藤  綾子選手 級別: B1
3618 海野 ゆかり選手 級別: A2
3704 本部 めぐみ選手 級別: B1
3801 五反田  忍選手 級別: A2
3845 中谷  朋子選手 級別: A1
3900 香川  素子選手 級別: A1
3932 池田  浩美選手 級別: B1
3943 三松  直美選手 級別: B1
3994 茶谷   桜選手 級別: A2
4014 片岡  恵里選手 級別: B1
4098 赤澤  文香選手 級別: B2
4170 西坂  香松選手 級別: B1
4183 宇野  弥生選手 級別: A2
4190 長嶋  万記選手 級別: A1
4208 三浦  永理選手 級別: B2
4243 西村   歩選手 級別: B1
4244 鈴木  成美選手 級別: B1
4246 喜多 那由夏選手 級別: B1
4283 石井  裕美選手 級別: B1
4286 平田 さやか選手 級別: A2
4313 西村 美智子選手 級別: B1
4387 平山  智加選手 級別: A1
4414 大澤  真菜選手 級別: B1
4447 深川 麻奈美選手 級別: A2
4464 山下  友貴選手 級別: B2
4479 矢野 真梨菜選手 級別: B2
4482 守屋  美穂選手 級別: A1
4530 小野  生奈選手 級別: A1
4690 高石  梨菜選手 級別: B2
4694 高田   綾選手 級別: B1
4758 富樫  麗加選手 級別: B1
4767 米井  里実選手 級別: B2
4781 西舘  果里選手 級別: B1
4791 黒澤 めぐみ選手 級別: B2
4806 佐藤  享子選手 級別: B2
4893 渡邉 真奈美選手 級別: B1
4897 深見 亜由美選手 級別: B1
4929 梅内 夕貴奈選手 級別: B2
4974 安井  瑞紀選手 級別: B1
4993 下野  京香選手 級別: B2
5030 金子  千穂選手 級別: B2
5045 平川  香織選手 級別: B1
5094 生田 波美音選手 級別: B2
5116 金子  七海選手 級別: B2

オールレディース江戸川女王決定戦KIRINCUP2020初日選抜戦出場予定選手

オールレディース江戸川女王決定戦KIRINCUP2020予想,展望情報,出場選手一覧