G2第2回全国ボートレース甲子園競走出場選手一覧ボートレース三国

競艇全国ボートレース甲子園(GⅡ)とは

全国47都道府県を網羅したボートレーサーが出場する「夏の甲子園」のような全国大会がグレードレースとして昨年新設された!
記念すべき第1回大会はボートレース浜名湖で開催された。

  • 全国ボートレース甲子園選出基準

出場レーサーの資格:A1級、A2級及びB1級のレーサー
出場レーサーの選出方法:
過去1年間(2019年5月1日~2020年4月30日)の競走において、レーサーを出身地別に区分し、都道府県毎に勝率上位5名のうちから1名、競走会が選出する者(47名)
該当レーサーがいない都道府県がある場合、当該都道府県が属する地区(競走会が区分する地区)内の勝率上位の者から選出
※該当者がいない場合の例:『B2級』、『出場回数100回未満』、『フライングによる辞退期間』等

全国47都道府県勝率上位レーサーだけが参加可能

  • 東北 北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、
  • 関東 茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、山梨、長野
  • 東海 岐阜、静岡、愛知、三重
  • 近畿 富山、石川、福井、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山
  • 四国 徳島、香川、愛媛、高知
  • 中国 鳥取、島根、岡山、広島、山口
  • 九州 福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

G2第1回全国ボートレース甲子園優勝選手

  • 第1回全国ボートレース甲子園優勝
    3388 今垣光太郎選手
茅原が6コースに回って進入は123/564の並びとなる。
ダッシュ勢が揃って好スタートを披露。
カドから今垣が勢いよく絞っていくと、内勢を飲み込んで先マイを放つ。キレイな弧を描いて先頭に立った今垣は、直線であっさりとリードを奪取。
グングンと艇を伸ばして2マークも先行していく。
最後まで危なげなくトップを快走した今垣がゴールイン。
今垣が全国ボートレース甲子園の初代優勝者という栄冠に輝いている。

G2第2回全国ボートレース甲子園出場選手一覧

北海道  4702 三浦  敬太 東 京   勝率 6.21
青森   4407 鹿島  敏弘 群 馬   勝率 5.18
岩手   3960 菊地  孝平 静 岡   勝率 7.2
宮城   4177 萬   正嗣 群 馬   勝率 5.18
秋田   4245 高橋  直哉 東 京   勝率 4.85
山形   4169 多田  有佑 東 京   勝率 4.37
福島   4444 桐生  順平 埼 玉   勝率 7.98
茨城   4366 前沢  丈史 東 京   勝率 7.02
栃木   4532 秋元   哲 埼 玉   勝率 6.41
群馬   4238 毒島   誠 群 馬   勝率 8.03
埼玉   3983 須藤  博倫 埼 玉   勝率 6.87
千葉   3716 石渡  鉄兵 東 京   勝率 6.79
東京   4688 永井  彪也 東 京   勝率 7.12
神奈川  4266 長田  頼宗 東 京   勝率 6.78
新潟   4700 金子  和之 埼 玉   勝率 5.32
山梨   3656 伯母  芳恒 東 京   勝率 5.6
長野   3940 飯山   泰 東 京   勝率 6.46
岐阜   4850 野中  一平 愛 知   勝率 6.16
静岡   3744 徳増  秀樹 静 岡   勝率 7.62
愛知   4074 柳沢   一 愛 知   勝率 7.25
三重   4024 井口  佳典 三 重   勝率 7.58
富山   3781 秋元   誠 福 井   勝率 5.11
石川   3388 今垣 光太郎 福 井   勝率 7.39
福井   4061 萩原  秀人 福 井   勝率 7.4
滋賀   4502 遠藤  エミ 滋 賀   勝率 7.27
京都   4262 馬場  貴也 滋 賀   勝率 7.01
大阪   4168 石野  貴之 大 阪   勝率 7.38
兵庫   3854 吉川  元浩 兵 庫   勝率 7.36
奈良   3557 太田  和美 大 阪   勝率 6.98
和歌山  4865 立具  敬司 大 阪   勝率 3.7
徳島   4028 田村  隆信 徳 島   勝率 7.54
香川   4030 森高  一真 香 川   勝率 7.22
愛媛   4772 石丸  海渡 香 川   勝率 6.44
高知   4459 片岡  雅裕 香 川   勝率 6.87
鳥取   4584 村岡  賢人 岡 山   勝率 6.45
島根   3024 西島  義則 広 島   勝率 7.09
岡山   4418 茅原  悠紀 岡 山   勝率 7.4
広島   3573 前本  泰和 広 島   勝率 7.7
山口   3897 白井  英治 山 口   勝率 8.53
福岡   3783 瓜生  正義 福 岡   勝率 7.55
佐賀   4320 峰   竜太 佐 賀   勝率 8.76
長崎   4497 桑原   悠 長 崎   勝率 7.47
熊本   3611 岩崎  芳美 徳 島   勝率 6.39
大分   4256 渡辺  浩司 福 岡   勝率 6.99
宮崎   4364 池永   太 福 岡   勝率 6.86
鹿児島  4336 松田  竜馬 福 岡   勝率 6.03
沖縄   4195 前川  守嗣 福 岡   勝率 5.16
4075 中野  次郎 東 京   勝率 6.93
3941 池田  浩二 愛 知   勝率 7.89
4659 木下  翔太 大 阪   勝率 7.25
4166 吉田  拡郎 岡 山   勝率 7.18
4350 篠崎  元志 福 岡   勝率 7.51

三国競艇場水面特徴

  • 水質:淡水
  • 流れ:なし
  • 水位変化:なし
  • チルト角度
    ‐0.5 0 +0.5 +1.0 +1.5 +2.0 +3.0
  • 水面特性
    周囲を小高い丘に囲まれたプール型水面でバック側が広い。
    1年を通して追い風が吹く。
  • レースの特徴
    ホーム側も広いのでアウトまくりが届かない。
    イン有利だが追い風が強いと差しも決まる

長方形のプール型になっており、淡水で水の流れはなく水面が硬いのが特徴。

夏場は海風が、冬場は強い北風が吹く。
そのため年間を通してホーム追い風が多く、インコースが主導権を握る傾向が強い

インコースの強さは数値にも表れており、2連対率は70%・3連対率は80%を超えている。
インの強さを支えているのは、スタートライン上のコース幅が62mと全国でも有数の広さ。
アウトの選手は1マークが遠く届きにくい。その間にインが逃げているというパターンが多くなるためである。
インが敗れるのは風を受けて流れた時で、2・3コースからの差しが決まる。また、進入が乱れたレースは4・5コースからのまくり差しが決まりやすくなる。いずれの場合も6コースは不利になる。コンクリート護岸に囲まれている影響で、2マークは引き波が残りやすく、逆転が見られることもある。
水面も荒れやすくなるため安定板を使用することも多い。