ボートレーサーがコロナ給付金を不正受給か!フライング休みを悪用した疑い

複数の選手がコロナ給付金を不正受給

新型コロナウイルスの影響を受けた個人事業主に最大100万円を支給する国の持続化給付金を、複数のボートレーサーが不正受給していた疑いがあることが27日、関係者への取材で分かった。

フライングなどの違反による出場停止期間の収入減を、コロナの影響と偽って申請した可能性がある。

昨年7月には疑惑を把握、競馬界の不祥事で調査開始

日本モーターボート選手会は遅くとも昨年7月には疑惑を把握。

詐欺罪に当たる可能性があるとレーサーに警告したが調査はしていなかった。
しかし今月、競馬界で騎手ら約160人の不適切受給が判明

これを受け競技を所管する国土交通省から対応を求められ、ようやく調査を始めた。

椎名あつし

遅くとも昨年7月には、疑惑を把握しながらも競馬界で不適切受給が判明したことから今回調査を始めたということが、ボートレース界に取ってかなりのマイナスイメージである。

ボートレースの売り上げが右肩上がりで調子の良い中でこのニュースは痛手である。

競技運営を担う日本モーターボート競走会などによると、レーサーは約1600人いる。

収入は日当や各種手当、賞金があり平均年収は約1600万円。個人事業主で確定申告している。

フライングなどの違反をすると一定期間レースに出場できなくなる。
関係者によると、この期間の減収を悪用し、コロナの影響で収入が減ったとして申請した疑いがある。(共同)

椎名あつし

自分のミスで犯したフライングをコロナの影響にして給付金を得ようとしていたようである!

普通に考えて給付金をもらえるわけがないに、
こんなことをする選手がいたことに正直おどれおきd

コロナ給付金とは?

 

感染症拡大により、営業自粛等により特に大きな影響を受ける事業者に対して、事業の継続を支え、 再起の糧としていただくため、事業全般に広く使える給付金を給付

  • 給付額
    個人事業者等は100万円まで ※ただし、昨年1年間の売上からの減少分が上限
    給付額の算定方法 前年の総売上(事業収入)-(前年同月比▲50%月の売上×12ヶ月)
  • 給付対象
    フリーランスを含む個人事業者が広く対象

ボートレース競走会がコメント

ボートレース関係者によると、不正受給していたとみられるレーサーらは、フライングなどによる出場停止期間の収入減を、新型コロナウイルスの影響と偽って申請していた疑いがある。

日本モーターボート競走会は本紙の取材に対して「現在、日本モーターボート選手会が調査中です…」と答えるにとどまった。

椎名あつし

ボートレース競走会からのコメントは、いつも通りといった印象である。

何か不祥事が起こっても対応が遅いように感じる!

追記;日本モーターボート競走会は30日に調査結果について記者会見を開く予定
椎名あつし
流石に個人名で選手をださ無いと思うけれど、選手の処分はこんごの斡旋が制限される可能性が十分に考えられそうだね!!

関連記事 武豊騎手「騎手全員に厳重注意する」

 

日本中央競馬会(JRA)の調教師や調教助手らが新型コロナウイルス対策の国の持続化給付金を不正受給した疑いがある問題で、JRAは6日、騎手13人を含む165人が受給し、総額は約1億8900万円に上るとする調査結果を公表した。

163人が返還済みか手続き中という。

2月18日から関係者2748人を対象に調べていた。

JRAの後藤正幸理事長は「制度の趣旨・目的を十分に踏まえずに受給していたことが判明した。あってはならないことで、中央競馬の信頼に関わる問題になったことをおわびする」とし、日本騎手クラブ会長の武豊騎手は「今後このようなことがないようあらためて騎手全員に厳重に注意する」とのコメントを出した。

調教師や調教助手らは、管理する馬がレースで獲得した賞金に応じて得られる報酬が新型コロナの影響を受けて減少したとして受給していた。

ただ、後藤理事長は1日の衆院予算委員会で「中央競馬の賞金に由来する収入についてはコロナの影響は極めて限定的だ」と述べ、日本調教師会も影響は「ほぼ皆無」としていた。

椎名あつし

競馬界だけの不正受給額で1億8900円と考えると、発覚していない選手も含めるとかなりの選手の数が不正していたことが感がられる!!

今日では選手数が1600人もいるので、その中でb不正受給の選手を考えるとかなりの選手が不正受給していたことが考えられそうである。

競艇はコロナの影響はほぼ影響がない。
コロナ下でも安定的に稼げる投資手法として確立できているので、ボートレース界のイメージをさげないで欲しい。