ボートレースCMが炎上!!第6話『ハートも骨抜き』篇に性的サブリミナル効果

ボートレースCMが炎上!!賛否の声が続出するわけとは?

2020年6月29日に公開された、2020ボートレース新CM『ハートも骨抜き』篇が、ネットを中心に話題となっている。

田中圭さん演じる脱サラボートレーサー「タナカ」が、武田玲奈さん演じる天才新人レーサー「レナ」に勝負を挑まれる
といった内容である。

そのCMの中で、終盤で見られる演出に、賛否の声があがっている。

CMの概要

CMシリーズ『ハートに炎を。BOATisHEART』の第6話として公開された『ハートも骨抜き』篇
舞台は、ボートレース場となっている。

先輩の脱サラボートレーサータナカに対し「次のレース、抜きますよ?」と宣戦布告した天才新人レーサーレナ

その言葉どおりにレースでタナカを追い抜いて、見事勝利をおさめる。

賛否の声があがっているのは、この後のシーンである。

レースを終えたレナが、カポック(救命胴衣)を脱いでビキニ姿になり、タナカをじっと見つめながら「抜いちゃった」と一言。

胸を射抜かれた様子のタナカが “骨抜き状態” になってしまい、ずん・飯尾和樹さん演じる同僚に茶化される……といったかたちで、CMは幕を閉じる。

ボートレースCM芸能ライターの感想

「武田のバストは推定Dカップ。競技中に揺れないようしっかりと締め付けるタイプの水着なので、いつもの彼女より小さく見えます。それでもふくらみはなかなか。キュートなへそや美ワキも見え、興奮をおさえきれないシーンになっています」

映像だけでも十分に艶っぽいのだが、武田のセリフが意味深で男心をくすぐると評判。
武田はレース前、田中に向かって「抜きますよ」と宣言。みごとに田中を抜くと「抜い…ちゃった…」とため息まじりに言いながら、救命胴衣を脱いでいく。

「抜いたのはもちろんレース中に田中のことを抜いたわけですが、あまりに意味深な言い方なので『いったい何をヌイたのか』と思ってしまいます(笑)。
制作者側もそれを意識して作っているのではないでしょうか。

15年の『明星 一平ちゃん夜店の焼そば』のCMで、広瀬すずがからしマヨネーズを絞り出して『全部出たと?』と聞くシーンがありました。

これは視聴者から艶っぽすぎるという批判があり、途中でセリフが『好きな人、おると?』に変わっています。
武田のCMも少しですが批判の声が上がっています。放送取りやめにならないか心配ですね」

ボートレースCMが炎上!!twitter賛否の声

ボートレースCMは性的サブリミナル効果を狙っているのか

広告業界では、こうした「性的サブリミナル」効果を狙った手法がたびたび使われているという。

「性的な行為や状況をイメージさせる『性的サブリミナル効果』は、統計的にも商品の売り上げ効果を促進させるとされており、批判されることで注目度を高めようと、あえて入れ込むケースもあるようである」

ほかにも、小島瑠璃子が赤いビキニ姿で、白く泡立った洗顔フォームを手に乗せて、『一緒に気持ちいいことしてみない?』『ねぇ、しちゃおうよ』と刺激的なセリフで迫ロート製薬『OXY』のCM。

また、『鏡月』のCMで石原さとみが語りかける『ちょっと間接キスしてみ』『今、うなじ見てたでしょう』や、松下奈緒が発泡酒のプライムリッチ』CMで発した、『リッチしよ』が『エッチしよ』も、性的サブリミナルを狙ったものでした。

最近では、宇垣美里が出演するCMでも『しよう!』『入れて~』と性的な意図を感じさせる演出がされている。

今回は1年間を通してストーリー性のあるCMだけに打ち切りになればおおきな影響が出そうである。