第66回ボートレースメモリアル2020下関競艇出場選手発表,展望情報など徹底攻略!

第66回ボートレースメモリアル2020:概要

  • 開催日程:8月25日(火)~8月30日(日)
  • 開催場:ボートレース下関 (ナイター開催)
  • 優勝賞金:3300万円
  • 選手選出基準:開催される競艇場を除いた全ての競艇場から推薦された選手(各場2名ずつの46名「必ず優先出場選手を含めること」)
    開催競艇場の施行者が希望する選手
    ※優先出場以外の選手は開催年の後期A1級であること、および前年6月から開催年5月末までの出走回数160走以上の出走が必須である。
  • 選出除外:前回(前年)のモーターボート記念から開催年のオーシャンカップのSG優勝戦で選手責任事由によるスタート事故を起こした選手。
    開催年の総理大臣杯から開催年のオーシャンカップのSG準優勝戦で選手責任事由によるスタート事故を起こした選手。
    怪我・病気に伴う出場辞退者。
    前年6月から前検日までに褒賞懲戒規程による出場停止処分を受けた選手。

1954年(昭和29年)4月に開催された全国モーターボート競走施行者協議会(全施協)の総会において、競艇発祥を記念し競艇記念日を定めその記念行事を行うことが提案された
これを受け翌年の1955年(昭和30年)5月の全施協臨時総会において、4月6日を競艇記念日として定め、その記念行事として大村競艇場で同年8月20日 – 23日に本競走の第1回を開催することが決定した。

1968年(昭和43年)、10月10日より児島競艇場にて開催予定であった第14回大会は中止となった。
これは、同年9月23日に同競艇場で発生した騒擾事故に対する不適切な収拾措置が競走法違反とされ、施行者の倉敷市に対し運輸省より1ヶ月(同年10月4日 – 11月3日)の開催停止命令が出されたためである。
2002年、第48回大会で競艇史上初となるナイター競走によるSG開催が蒲郡競艇場で開催された。

2019年からは優勝者がボートレースバトルチャンピオントーナメント競走への優先出場権が与えられる新たなシステムが加わっている。

第47回大会(多摩川競艇場)において優勝した市川哲也は、完全優勝(出走した7レース走全て1着)を達成している。
2011年の第57回大会の優勝戦は出場した6名が全員九州勢、うち5名が福岡県だったが出畑孝典岡崎恭裕の2艇がフライングを起こし、10億円超の返還が発生してしまった。
2012年の第58回大会は前回優勝の瓜生正義連覇を達成し倉田栄一以来となる48年ぶりの快挙となっている。
2019年9月1日に優勝戦が行われた第65回大会は毒島誠連覇を達成し、前述の瓜生以来7年ぶり3人目の快挙となったが、 ともに1号艇での優勝は毒島が初。

第66回ボートレースメモリアル2020出場選手

第66回ボートレースメモリアル2020下関競艇出場選手発表,展望情報など徹底攻略!

  •  桐生
    4238 毒島  誠 支部 群 馬 支部 出場: 9年連続10回目
    4188 久田 敏之 支部 群 馬 支部 出場: 初出場
  • 戸田
    4444 桐生 順平 支部 埼 玉 支部 出場: 8年連続8回目
    3952 中澤 和志 支部 埼 玉 支部 出場: 6年ぶり5回目
  • 江戸川
    3716 石渡 鉄兵 支部 東 京 支部 出場: 10年連続12回目
    4095 福来  剛 支部 東 京 支部 出場: 初出場
  • 平和島
    4688 永井 彪也 支部 東 京 支部 出場: 3年ぶり2回目
    4075 中野 次郎 支部 東 京 支部 出場: 3年連続13回目
  • 多摩川
    3590 濱野谷 憲吾 支部 東 京 支部 出場: 24年連続24回目
    4266 長田 頼宗 支部 東 京 支部 出場: 5年連続7回目
  • 浜名湖
    3960 菊地 孝平 支部 静 岡 支部 出場: 5年連続15回目
    3744 徳増 秀樹 支部 静 岡 支部 出場: 5年ぶり4回目
  • 蒲郡
    4074 柳沢  一 支部 愛 知 支部 出場: 3年連続5回目
    3946 赤岩 善生 支部 愛 知 支部 出場: 4年連続14回目
  • 常滑
    4337 平本 真之 支部 愛 知 支部 出場: 11年連続11回目
    4586 磯部  誠 支部 愛 知 支部 出場: 2年ぶり2回目

  • 4024 井口 佳典 支部 三 重 支部 出場: 13年連続15回目
    4344 新田 雄史 支部 三 重 支部 出場: 2年ぶり9回目
  • 三国
    3388 今垣 光太郎 支部 福 井 支部 出場: 2年連続22回目
    4061 萩原 秀人 支部 福 井 支部 出場: 3年連続6回目
  • びわこ
    4262 馬場 貴也 支部 滋 賀 支部 出場: 3年連続5回目
    4686 丸野 一樹 支部 滋 賀 支部 出場: 初出場
  • 住之江
    3415 松井  繁 支部 大 阪 支部 出場: 15年連続27回目
    4044 湯川 浩司 支部 大 阪 支部 出場: 2年ぶり11回目
  • 尼崎
    3780 魚谷 智之 支部 兵 庫 支部 出場: 7年連続17回目
    3854 吉川 元浩 支部 兵 庫 支部 出場: 8年連続14回目
  • 鳴門
    4028 田村 隆信 支部 徳 島 支部 出場: 2年連続17回目
    4063 市橋 卓士 支部 徳 島 支部 出場: 4年ぶり3回目
  • 丸亀
    4030 森高 一真 支部 香 川 支部 出場: 2年ぶり13回目
    4459 片岡 雅裕 支部 香 川 支部 出場: 3年連続3回目
  • 児島
    4166 吉田 拡郎 支部 岡 山 支部 出場: 2年連続7回目
    3822 平尾 崇典 支部 岡 山 支部 出場: 2年ぶり8回目
  • 宮島
    3573 前本 泰和 支部 広 島 支部 出場: 3年連続4回目
    4816 村松 修二 支部 広 島 支部 出場: 初出場
  • 徳山
    2992 今村  豊 支部 山 口 支部 出場: 13年連続34回目
    3942 寺田  祥 支部 山 口 支部 出場: 17年連続19回目
  • 若松
    4371 西山 貴浩 支部 福 岡 支部 出場: 3年連続7回目
    4848 仲谷 颯仁 支部 福 岡 支部 出場: 3年連続3回目
  • 芦屋
    3783 瓜生 正義 支部 福 岡 支部 出場: 2年連続20回目
    4831 羽野 直也 支部 福 岡 支部 出場: 3年連続3回目
  • 福岡
    4350 篠崎 元志 支部 福 岡 支部 出場: 2年連続10回目
    4296 岡崎 恭裕 支部 福 岡 支部 出場: 2年ぶり10回目
  • 唐津
    4320 峰  竜太 支部 佐 賀 支部 出場: 4年連続9回目
    4503 上野 真之介 支部 佐 賀 支部 出場: 初出場
  • 大村
    3779 原田 幸哉 支部 長 崎 支部 出場: 2年連続15回目
    4497 桑原  悠 支部 長 崎 支部 出場: 2年連続2回目
3897 白井 英治 支部 山 口 支部 出場: 2年ぶり13回目
3961 谷村 一哉 支部 山 口 支部 出場: 2年ぶり8回目
3557 太田 和美 支部 大 阪 支部 出場: 3年連続21回目
4064 原田 篤志 支部 山 口 支部 出場: 8年ぶり2回目
4477 篠崎 仁志 支部 福 岡 支部 出場: 5年連続6回目
予備1 4885 大山 千広 福 岡支部
予備2 4450 平高 奈菜 香 川支部
予備3 4482 守屋 美穂 岡 山支部

ボートレースメモリアル歴代優勝選手

  • 55 回 丸亀 競艇場  3941 池田浩二 選手 愛知支部
  • 56 回 蒲郡 競艇場  2992 今村豊 選手 山口支部
  • 57 回 福岡 競艇場  3783 瓜生正義 選手 福岡支部
  • 58 回 桐生 競艇場  3783 瓜生正義 選手 福岡支部
  • 59 回 丸亀 競艇場  4238 毒島誠 選手 群馬支部
  • 60 回 若松 競艇場  3897 白井英治 選手 山口支部
  • 61 回 蒲郡 競艇場  4350 篠崎元志 選手 福岡支部
  • 62 回 桐生 競艇場  3960 菊地孝平 選手 静岡支部
  • 63 回 若松 競艇場  3942 寺田祥 選手 山口支部
  • 64 回 丸亀 競艇場  4238 毒島誠 選手 群馬支部
  • 65 回 大村 競艇場  4238 毒島誠 選手 群馬支部

ボートレース下関水面特性

海響ドリームナイターはイン優位!風が舞うと波乱も起きる

2017年4月から全国6番目のナイター開催がスタート。
他の場よりも高い位置にあるLEDを使った照明灯で「一番明るいナイター場」となっている。

水面のサイズは、大時計から対岸までは130.5m、スタンドから1マークまでが43m、1マークから対岸までは91m。
ピットから2マークまでの距離が173mもあるのでインが深くならず、インが主導権を握るのは、ナイター開催になっても同じ。

本番ピットから大時計までは320mもあり、助走をたっぷりとったまくりも決まりやすい
海水のため体重差が出にくく、重量級レーサーの豪快なモンキーターンが多くみられる
大潮の時間帯を除けば水面は基本的に穏やかである。

ポイントは風である。
夏場はバック側の横風、冬場はスタンド側からの横風がよく吹く
この横風が曲者で、スタート付近で向かい風が追い風に変わり思わぬ勇み足(フライング)ということがある。
また向かい風はまくり、追い風はインという一般的なセオリーはここには当てはまらず、微妙に変わる風を読み切った選手が好成績を残す。
地元選手だからこそスタート事故を起こせないという意識が強く、より慎重になることも考えられる。