住之江第47回SGボートレースオールスター準優勝戦,出場選手一覧,途中帰郷,フライング,賞典除外選手

[暫定順位]住之江第47回SGボートレースオールスター準優勝戦有力出場選手候補20名

  • 1 位 3744   徳増  秀樹 A1 得点率 8.5 得点 34
  • 2 位 4238   毒島   誠 A1 得点率 8.2 得点 41
  • 3 位 3721   守田  俊介 A1 得点率 8  得点 32
    3 位 4337   平本  真之 A1 得点率 8  得点 32
    3 位 4320   峰   竜太 A1 得点率 8  得点 32
  • 6 位 3897   白井  英治 A1 得点率 7.6 得点 38
  • 7 位 4344   新田  雄史 A1 得点率 7.5 得点 30
  • 8 位 4168   石野  貴之 A1 得点率 7.2 得点 36
  • 9 位 4477   篠崎  仁志 A1 得点率 7  得点 28
  • 10 位 4350 篠崎  元志 A1 得点率 6.8 得点 34
  • 11 位 4044 湯川  浩司 A1 得点率 6.75 得点 27
  • 12 位 4688 永井  彪也 A1 得点率 6.5 得点 26
  • 13 位 4024 井口  佳典 A1 得点率 6.4 得点 32
  • 14 位 3388 今垣 光太郎 A1 得点率 6.2 得点 31
    14 位 4885 大山  千広 A1 得点率 6.2 得点 31
  • 16 位 3780 魚谷  智之 A1 得点率 6  得点 30
  • 17 位 4450 平高  奈菜 A1 得点率 5.8 得点 29
  • 18 位 4719 上條  暢嵩 A1 得点率 5.6 得点 28
    18 位 4371 西山  貴浩 A1 得点率 5.6 得点 28
    18 位 3960 菊地  孝平 A1 得点率 5.6 得点 28

準優勝戦の枠番の決まり方

予選順位が1位〜18位までの選手を選抜して準優勝戦を3レース行い、準優勝戦の1位と2位が優勝戦に駒を進めることができる。
しかし、準優勝戦はある意味、一発勝負である。
それに比べて、予選の順位はもっと多くのレースを走った結果で決まる。

準優勝戦3レース制と呼ばれる競艇の優勝戦の枠番の決め方について
競艇は6日間開催だと、1日目〜4日目が予選、5日目が準優勝戦、6日目が優勝戦となるのが一般的である。

今回のオールスターでも同様である。
準優勝戦は通常3レース行われる。予選の成績の順番で1位〜3位が1枠、4位〜6位が2枠といったように、予選の成績が良い順番に良い枠を割り振られる。

1枠 2枠 3枠 4枠   5枠   6枠
a 1位 4位 7位 10位 13位 16位
b 2位 5位 8位 11位 14位 17位
c 3位 6位 9位 12位 15位 18位
※枠番は順位で決まるが、同じ枠内であれば、レースa、b、cのどのレースになるかは番組を作る人の采配

優勝戦の枠番は、準優勝戦で1着だった選手が1〜3枠に割り当てられ、準優勝戦で2着だった選手が4〜6枠に割り振られる。
内枠3選手は予選順位が良い選手から1号艇、2号艇と割り振られてゆく。
外枠も同様である。

過去10年間のボートレースオールスター:優勝者

第46回 2019/05/26 福岡  吉川 元浩選手
第45回 2018/05/27 尼崎  中島 孝平選手
第44回 2017/05/28 福岡  石野 貴之選手
第43回 2016/05/29 尼崎  平本 真之選手
第42回 2015/05/31 大村  山崎 智也選手
第41回 2014/06/01 福岡  菊地 孝平選手
第40回 2013/05/26 福岡  新田 雄史選手
第39回 2012/05/27 浜名湖 井口 佳典選手
第38回 2011/05/29 尼崎  池田 浩二選手
第37回 2010/05/30 浜名湖 岡崎 恭裕選手

ボートレース住之江:水面特性

 

  • 水質 淡水
  • 流れ・水位変化 なし
  • チルト角度 ‐0.5 0 +0.5 +1.0 +1.5
  • 水面特性 コンクリート護岸に囲まれたプール型水面。工業用水を使用しており水は硬い。
  • レースの特徴 イン有利な展開が多いが、2マークに引き波が残る。ボートが暴れて逆転劇も多くなる。
  • レコード 1.43.1 吉永 則雄 2012/01/08

水質が硬くてボートが跳ねやすい淡水のため、ほとんどの選手が乗りやすさ、回りやすさに重点を置いて整備・調整をしてくる。
ボートが1回跳ねるとスロットルレバーを緩めるため、1艇身下がるといわれる。これでは競り負ける。住之江の牙城を守る「最強大阪支部」の地元選手は気象条件の変化に敏感だ。 住之江は年末年始の一部レースを除いて年間ナイター開催なので、昼夜の時間帯によって気温差がある。
31馬力のモーターから限界ぎりぎりまでパワーを引き出すために、松井繁や石野貴之らトップレーサーたちはたった1度や2度の気温差、ほんの数ヘクトパスカルの気圧差、数%の湿度の変化にも神経を集中させる。

住之江のモーターは例年3月初旬から中旬にかけて新モーターに更新される。
年末のピーク時に上位6基をグランプリ2nd組が引き合うというパターンが多いが(2020年は平和島開催)、 何枠何コースでも1着を取れるほどのスーパーエース機は出現しない。
モーター差が少ないだけに、日々の調整が勝負の分かれ目になってくる。朝練(あされん)とか特訓と呼ばれるスタート練習や、 本番直前の展示航走にその日の出来は現れるので、その判断が住之江の楽しみの1つとなる。

2019年の全国平均のイン1着率は55.5%、同2連対率は72.8%。
これに対して住之江のイン1着率は59.4%、同2連対率は76.2%だった。
それぞれ約4%ほど住之江の方がインが強い

1日12回レースがあったら、9回はインが2着までには来る計算になる。
穴党の狙いどきは追い風から向かい風に変化した直後のレース。6艇のスタートがバラけて、中・外の連動攻撃が飛び出す時である。