前検日/モーター抽選SGグランドチャンピオン児島ボート直前情報エース38号機は吉川元浩選手好モーター33号機は峰竜太!

SGグランドチャンピオンとは

SGグランドチャンピオンは、SG競争で活躍したレーサーが出場するSGの中でも特にレベルの高い競争。
SGの最高峰」とも称されるSG競争である。

  • 開催期間:6月22~27日
  • 開催場:ボートレース児島
  • 優勝賞金:3300万円
  • 出場者:52名
  • 出場資格
    ・A級の者
    ・前年度当該競争の優勝者
    ・前年度のSGグランプリ優勝戦進出者
    ・当該競争の直前に開催されたSG競争の優勝者
    ・優先出場を除き、前年4月1日~当年3月31日の期間出場回数が160回以上でSG競争の優勝戦完走者またはSG競争の予選得点合計が上位の者。

過去のグランドチャンピオン優勝選手と開催場

  • 第30回 2020/07/28 多摩川競艇場 徳増  秀樹選手
  • 第29回 2019/06/23 多摩川競艇場 柳沢   一選手
  • 第28回 2018/06/24 徳山競艇場  白井  英治選手
  • 第27回 2017/06/25 鳴門競艇場  石野  貴之選手
  • 第26回 2016/06/26 蒲郡競艇場  山崎  智也選手
  • 第25回 2015/06/28 宮島競艇場  山崎  智也選手
  • 第24回 2014/06/29 浜名湖競艇場 菊地  孝平選手
  • 第23回 2013/06/30 常滑競艇場  太田  和美選手
  • 第22回 2012/06/24 芦屋競艇場  太田  和美選手
  • 第21回 2011/06/26 児島競艇場  瓜生  正義選手
  • 第20回 2010/06/27 大村競艇場  湯川  浩司選手

前検日/モーター抽選結果:SGグランドチャンピオン児島ボート

平成3年に新設された「グランドチャンピオン」はSGで活躍した選手のみが出場できるSGの中のSG。
令和3年の児島で第31回大会を迎える。
ここ2年は徳増秀樹(静岡)、柳沢一(愛知)がSG初優勝を飾っているが、歴代覇者は白井英治(山口)、石野貴之(大阪)、菊地孝平(静岡)、瓜生正義(福岡)、湯川浩司(大阪)、原田幸哉(長崎)、池田浩二(愛知)、今垣光太郎(福井)と、複数回SGVの実績を持つ選手ばかり。SGV12の松井繁(大阪)はグラチャン優勝こそないが、20年連続27回目の出場と、長年にわたってSGで活躍し続けていることがわかる。

シリーズの中心はやっぱり峰

SGで場数を踏んだ選手が主導権を握りそうだが、優勝争いの中心は峰竜太(佐賀)。史上初の6期連続勝率1位でボート界に君臨し、全国、どの大会でも中心的存在だ。茅原悠紀(岡山)が地元の期待を一身に背負う。昨年後半はF2でグランプリ出場へこぎ着けた。GWのオール岡山で予選、準優と無敵を誇りながら優勝を逃した悔しさを胸に、地元SGへ全身全霊で挑む。

勢いなら下関マスターズC、徳山周年で連続Vを果たした原田か。4月当地GIIIで1年ぶりの優勝、徳山GW戦で通算V100を達成した白井も有力。当地68周年を制した菊地は水面相性抜群だ。当地SGV歴ある瓜生、毒島誠(群馬)、桐生順平(埼玉)ら実績上位者に、秦英悟(大阪)ら初出場組7名がどんな戦いを繰り広げるのかも見どころだ。

児島競艇場注目モーター

1月9日から使用のモーターはグラチャンで18節目、各機10〜12節使用されている。
現在2連率50%を超える38 はGW戦で吉田拡郎が引き当てるも、数字ほどの動きは見られなかった。

しかし4月に乗った伏兵の小川晃司、佐川正道の実戦足は数字通り。プロペラがマッチすれば上位級で間違いない。
2連率40%以上の33、47、67、49、44はプロペラに反応があり、調整によってどこかに特徴が出る。
近況、中間整備後に上向いているのが63だ。

GW戦で前原大道が選抜3着、続く広次修が優勝を飾った。2連率は21.7%(5月31日現在) だが、上位機と遜色ない動きを見せている。
4月GIIIで坪井康晴が整備後に急上昇した54や、底力のある13 、43、36も実戦足が良く注目したい。

 

  • 38号機(50%)吉川元浩 出足、行き足と抜群の動きで、特に良いのがレース足
  • 13号機(40%)上平真二 全体的な足色が強め。ゾーンが広い本体素性良機だ!
  • 33号機(47%)峰 竜太 全体的な足色に余裕がある印象。回転調整がカギだ!
  • 36号機(43%)菊地孝平 行き足、直線の伸びと力感あり。調整次第でさらに上積み
  • 34号機(41%)久田敏之 出足番長! 出足、回り足とグリップ感が高水準です。
  • 47号機(46%)守田俊介  行き足、スリット足と良く見える。全速Sならさらに強め!
  • 67号機(43%)坂口 周 新ペラ交換でペラ調整が急務! 本体素性はOKです。
  • 49号機(43%)羽野直也 出足、回り足と中堅上位の動き。特にレース足が光る。
  • 71号機(42%)石野貴之 常に上位級の仕上がりみせ、出足、行き足系が良好
  • 44号機(40%)桐生順平 本体は良さそうで中堅上位の力強さも、回り足は甘め。

SGグランドチャンピオンドリーム戦

前検日/モーター抽選SGグランドチャンピオン児島ボート直前情報エース38号機は吉川元浩選手好モーター33号機は峰竜太! 前検日/モーター抽選SGグランドチャンピオン児島ボート直前情報エース38号機は吉川元浩選手好モーター33号機は峰竜太! 前検日/モーター抽選SGグランドチャンピオン児島ボート直前情報エース38号機は吉川元浩選手好モーター33号機は峰竜太!

 

宮島競艇場特徴

瀬戸内海に面した児島は干満の差が激しいレース場だ。この時期の風向きは向い風が中心。天候にもよるが、雨が降った後は追い風になることも。

グラチャンの開催時の潮位を見ると初日は9R頃が干潮。比較的穏やかな水面で、多彩な決まり手もありそうだ。予選最終日は大潮で1R頃が満潮となる。満潮時はレースの返し波が残ったり、うねりが出てターンで流れ気味になる。イン信頼のレースでも2コースに差されたり、捲りに出て大きく飛ぶケースは十分考えられる。

最終日は4R頃が満潮だ。優勝戦の時間帯は下げ潮でコンディションは良好。ダッシュ勢の攻めも利くとなれば、波乱の可能性も考えておきたい。