史上6人目の快挙!!127期清水愛海選手が養成所チャンプ決定戦優勝!!経歴,プライベート,成績などまとめ

新人かわいい競艇選手127期清水愛海さんのプロフィール

史上6人目の快挙!!127期清水愛海選手が養成所チャンプ決定戦優勝!!経歴,プライベート,成績などまとめ

1999年11月23日生まれ。

山口県柳井市出身。

岩国総合高卒業。

高校ではバスケットボール部に所属。

養成所には4回目の受験で合格。

養成訓練中のリーグ戦(全7戦)では5優出2V、勝率は唯一の7点台(7.12)と抜群の成績を残した。

157.6センチ、45.1キロ。

11月2~7日の徳山でデビューする.

新人かわいい競艇選手127期清水愛海さんの経歴

新人かわいい競艇選手127期清水愛海選手の同期

127期卒業メンバー
5172 田村慶 選手
5167 小川竜太朗 選手
5150 坂本雄紀 選手
5147 田中勇輔 選手
5163 清水愛海 選手
5149 小形綾 選手
5148 松本怜 選手
5166 仲道大輔 選手
5169 堀本翔太 選手
5153 佐藤ほのか 選手
5151 山下奈緒 選手
5155 内山七海 選手
5162 松尾怜実 選手
5164 森田梨湖 選手
5168 池田なな 選手
5175 島崎丈一朗 選手
5159 笠間憲哉 選手
5152 丸山祐也 選手
5154 村松栄太 選手
5156 坂野さくら 選手
5157 市川健太 選手
5158 宮脇遼太 選手
5160 藤森陸斗 選手
5161 登玉隼百 選手
5165 小林愛実 選手
5170 佐藤太亮 選手
5171 清水未唯 選手
5173 谷口佳蓮 選手
5174 川井萌 選手

清水6人目女子チャンプ,第127期ボートレーサー養成所修了式

史上6人目の快挙!!127期清水愛海選手が養成所チャンプ決定戦優勝!!経歴,プライベート,成績などまとめ

プロになるための1年間の厳しい訓練を終えたボートレーサー127期の修了記念競走が25日、福岡県柳川市のボートレーサー養成所で行われ、ナンバーワンを決める「養成所チャンプ決定戦」は在校勝率トップだった清水愛海(20)=山口=がイン逃げで優勝。

女子では通算6人目、山口支部では3人目の養成所チャンピオンに輝いた。
2着は堀本翔太(19)=愛知、3着は登玉隼百(21)=兵庫。127期は昨年10月に52人(うち女子20人)が入所し、29人(同14人)が修了。
郷土勢はチャンプ清水と福岡支部7人の計8人で、11月に各地でデビュー戦を迎える。

絶体絶命の場面を自らの精神力で切り抜けた。

決定戦でインに座った清水愛海は、コンマ09のトップSで1Mへ。ただS後は3カドから伸びた仲道が優勢。仲道はその勢いでまくってきたが、清水は「全く気にせず、自分のターンをした。自信を持って回れた」と慌てずに先マイ。

むしろ仲道の方が舟をあおらせて失速し、結局は転覆。これで早々とVが確定し、「優勝する気持ちは強く持っていたが、本当に優勝できるなんて…。うれしいです」。
レース前に「何も考えずにやってこい」と送り出してくれたレーサーOBの荘林幸輝教官がレース後、「最高だったぞ」と出迎えると、清水は涙をぼろぼろ。
訓練で転覆して落ち込むたびに、うまくなれるからと励ましてくれた。恩返しができて良かった」と感謝の言葉を述べた。

知人にレーサーの高岡竜也がいたこともあってこの世界を知り、母子家庭で高収入を魅力に感じて本格的に志した。養成訓練では転覆と落水を実に45回。「スピードを持ってチャレンジした結果なので」と数字を恥じることはないが、同期の支えには大いに感謝。表彰式では、同期一同に向かって「私の転覆整備で乗艇時間を削ってしまってすみません。手伝ってくれてありがとうございました」とぺこり。笑いを誘った。

仲道悔しい転覆「勉強になった」
3カドという思い切った策に出た仲道大輔は、まくって大いに見せ場をつくったが転覆に終わった。「伸び仕様にペラを叩いたので1番(清水)よりも少し前に出たけど…。冷静にまくり差せたら優勝できたかな」と振り返った。その上で「いい勉強になった。このレースをデビュー後にも生かしたい」。着順なしに終わっても、表情には充実感が満ちていた。

勝率2位の藤森白星で訓練終了
リーグ戦勝率が6・89の2位だった藤森陸斗が、チャンプ決定戦の前の4Rで白星。事故率超過で決定戦出場を逃した悔しさを、訓練最後の白星で振り払った。2Mで逆転しての白星に「1Mはまくられてしまったが、風があるので2Mは先行艇が流れるかもと思って、差す判断が冷静にできた」とにっこり。勝率にたがわぬ好旋回を披露した。デビュー後は「先輩選手に勝る部分はないが、それでも戦わなくてはいけない。上を目指して頑張りたい」と奮闘を強く誓った。

オール女子対決佐藤大外まくり
佐藤ほのかが、オール女子対決だった3Rを大外まくりで制した。リーグ戦でもほとんどがアウト戦だった佐藤は「その成果が出たかな」と満面の笑み。見守った荘林幸輝教官も「頑張ってきたのが報われた」と目を細めた。身長147・6センチと同期の中でもひときわ小柄な佐藤は「親から授かった、自分の武器のこの小さな体を生かして頑張りたい」。在校勝率こそ5・40と中位だが、実戦向きでデビューが楽しみだ。

新人かわいい競艇選手127期清水愛海さんの今後の目標

デビュー後、まず心掛けるのは「1年間S事故をしないこと。一戦でも多く実戦経験を積んで、そこから目標を考えたい」。

そんな現実的な話の先には「女子初のSGチャンプになりたい」という大きな夢がある。

女子初の勝率1位&養成所チャンプが、業界の悲願でもあるその夢へ向かって第一歩を踏み出す

新人かわいい競艇選手127期清水愛海さんの直近の出場予定

  • 2020/12/10~2020/12/14
    鳴門 アペックス杯競走
  • 2020/12/26~2020/12/30
    福岡 歳末特選レース・福岡観光コンベンションビューロー杯