競艇(ボートレース):基礎知識

競艇とは

1週600mの水面を6艇の選手が3週(1.800m)して順位を競う。

選手にはランク付けがあり、上からA1級,A2級,B1級,B2級となる。
この違いの詳細は省くが、実力の差と言っても過言ではない。
選手同士は着順による点数制で、この級の上下があり期別ごとにランクが変わる。
そして、同様に節間の点数合計により、高得点の選手が準優、優勝戦へと進む。

また、レースにはSG,G1,G2,G3,一般戦(女子戦,シニア含む)の5種類がある

一般戦には、A1~B2級までの選手が混合で競いますので比較的予想しやすい。
グレードが上がるほど選手の実力も高く実力が拮抗する為、予想が難しくなる。
従って、グレードが高くなれば、配当も多くなる為にギャンブル性が強くなる

第一ターンマーク
他の競技では第一コーナーとも言われる、最初のカーブにあるブイ。
選手の実力差が無いほとんどのレースは、ここで勝敗が決まるとも言われている。

第二ターンマーク
スタート側にある第二コーナーにあるブイ。
選手はスタート展示の際に、この第二ターンマークでコースの奪い合いをする。

スタート展示
一時期は無くなっておりましたが復活。
これはレース前にスタートの練習。
本番とは違い好きなコースに入る事が出来ますが、唯一のルールらしいルールはスタート展示で6コースだった選手が本番で1コースに入ると失格となる。
上記のルールは2008.5月を持って、撤廃されました。
つまりコースの縛りは無くなりましたので、展示、本番共、好きなコースに入れる。

ただし、見るからに強引なコース取りや、妨害行為は減点対象になる。
もちろん参加しなかったり、コースが判別できない選手は除外されれる。

以下、競艇オフィシャルWebより抜粋

【主な変更点の要約】
待機行動のバックストレッチ側の航法において、低速航走しようとするモーターボートは速やかに
内線へ寄せること及び内線と平行に航走することを規定化し、時間稼ぎ的航法を規制する。
・低速航走時における右転舵を時間稼ぎ的航法として、待機行動違反とする。ただし、内線に寄せた
とき及び外側のモーターボートが助走距離をとるための右転舵は除く。
・原則として、150メートル見透し線に先に達したモーターボートからコースの優先権が得られるもの
とする。
・スタート展示航走に出られなかったモーターボートが、本番レースで最アウトコースから進入
しない場合は違反としていたが、この項目を削除する。

・変更事項2において、前付け艇の落とした位置によっては違反とならない場合があります。

解りやすく説明すれば、レース本番において
バックストレッチ側で右に転舵(要するに右折)すれば減点。
ホームストレッチ側において、外枠艇よりも後にスタートラインに入れば減点。

と言う事である。

周回展示

スタート展示後に行われる、いわゆる練習走行。
ここでエンジンの伸び具合や、ターンマークでの立ち上がりをチェックする。

イン逃げ
1コースの選手が文字通り1コースから逃げ切る事。
コースを最短距離で回れる為、一番多い勝ち方
まくり
1コース以外の選手が、内側の選手を押さえ込み外側から被せる様な形で抜いていく戦法です。
スタートダッシュが早い選手ほど多く使用します。
差し
技術が最も要求される抜き方です
1コースの選手がアウトに膨れた際に内側に切り込むようにして抜き去ります。
主に4コース以降の選手が多用し、内側の3選手の間をすり抜けるように抜く様は
正に競艇の醍醐味です。
ツケマイ
差しと同じく高度なテクニックが要求されます。
まくりの場合は離れて外側を回りますが、ツケマイは内側の艇にくっつくように周り
自分のボートの引き波で内側の艇を失速させます。
狙ってやれる選手はそう多くないと思います。
まくり差し
文字通り、まくる様な態勢でコーナーに進入しますが
インの選手がもたついた際に、隙を見て内側に切り込み抜く戦法です。

競艇は6艇で競う競技である。
競馬、競輪と違い、この少ない人数こそが競艇の「稼げる」と言われる所以である。

ボートとモーター

この6艇は色分けされていて
1号艇=白 2号艇=黒 3号艇=赤 4号艇=青 5号艇=黄色 6号艇=緑
になっている。
これはボート本体も同じ色分けである。

ボート、モーター共に各競艇場に備え付けです。
このボートやモーターは持ち運びする訳ではなく、その競艇場のみで使用します。
これらは1年ごとに新品に入れ替えされ
このボートやモーターを、節ごとの前検日に抽選で割り当てる訳です。

また、モーターの調整や部品交換は選手自身で行います。
昔は、このモーターの良し悪しだけで勝敗が決まると言われたほどです。

今現在も、競艇場で伸びやエンジンの吹け具合や音を聞くだけで結果が解ると豪語するマニアが多数存在する。

実際に、エースモーターと呼ばれるモーターは準優優勝する事が多く、B1,B2の女子選手でさえ
調整がうまく行くと、男性の選手を抑えて1着を何度も獲る事がある。

そして、現在の競艇の一番の鍵と言われているのが「ペラ」(プロペラ)水質やエンジンとの相性などに応じて、各自で調整する。
ぺラだけは選手の自己負担で、自分で用意している。

通常、ペラを交換すると前走よりも良くなる可能性が高く、実力の無い選手でも不思議とオッズが下がります。
このぺラの出来次第では、先程のエースモーターでなくとも好成績を出す事がある。

上記(ペラ交換)に関しては、いろんな意見があるがびわこボートの水面特性で、実際の選手の声として
「レース期間中、ペラが新しいものに交換されると、調子がよくなる可能性がある」と言う事。

更に、これに付随して語られている整備についてですが
シリンダーケースキャリアボディーギアケースを交換すると、パワーが上がる可能性が高いとの事。
逆にピストンリングの交換は、あまり効果がない可能性が高いとの事。

ここまでが簡単な基礎知識である。

実際に予想するための知識