G3マスターズリーグ第5戦展望情報,出場選手一覧,予想,途中帰郷,フライング,賞典除外選手

G3マスターズリーグ第5戦とは

  • 開催日程:9月8日(水)~9月13日(月)
  • 開催場:ボートレース平和島
  • 優勝賞金:100万円以上

マスターズリーグ

  • 45歳以上のレーサーを対象としたレース。マスターズリーグ戦競走の優勝者は翌年度のG1マスターズチャンピオンへの優先出場権が与えられる。

2021年マスターズリーグ

開催日程 ボートレース場 グレード/開催時間帯/タイトル 優勝者
1 01/19-01/24 鳴門 マスターズリーグ第10戦 仲口  博崇
5 05/12-05/17 芦屋 マスターズリーグ第1戦 橋本  年光
6 06/07-06/12 常滑 マスターズリーグ第2戦 江本  真治
06/17-06/22 鳴門 マスターズリーグ第3戦 一宮  稔弘
7 07/31-08/05 若松 マスターズリーグ第4戦 渡邉  英児
9 09/08-09/13 平和島 マスターズリーグ第5戦
09/30-10/05 戸田 マスターズリーグ第6戦
10 10/17-10/22 丸亀 マスターズリーグ第7戦
11 11/02-11/07 びわこ マスターズリーグ第8戦
11/27-12/02 尼崎 マスターズリーグ第9戦

過去のマスターズリーグと開催場

2020年月日 グレード 開催名 選手名 決まり手
 1月19日 びわこ G3 マスターズリーグ第10戦 山一   鉄也 逃げ
 5月18日 大村 G3 マスターズリーグ第1戦 野中   義生 ま差し
 6月 7日 江戸川 G3 マスターズリーグ第2戦 新小岩ホルモン平田杯 橋本   久和 逃げ
 6月23日 徳山 G3 マスターズリーグ第3戦 岡瀬   正人 逃げ
 7月23日 G3 マスターズリーグ第4戦 金子   良昭 逃げ
 9月20日 三国 G3 マスターズリーグ第5戦 三国レジェンドカップ 中辻   博訓 逃げ
 9月30日 平和島 G3 マスターズリーグ第6戦 吉川   昭男 差し
10月14日 浜名湖 G3 マスターズリーグ第7戦 ニッカン・コム杯 平尾   崇典 逃げ
11月 1日 唐津 G3 マスターズリーグ第8戦〜からポクラブ5周年記念〜 芝田   浩治 抜き
11月16日 住之江 G3 マスターズリーグ 報知新聞社賞ダイナミック敢闘旗 野添   貴裕 逃げ

G3マスターズリーグ第5戦の出場選手

登録番号 選手名 級別
2538 高橋 二朗 B1
2876 鈴木 幸夫 B1
2878 富山 弘幸 A2
3044 三宅 爾士 B1
3065 増田 弘喜 B1
3066 田中 定雄 B1
3141 山来 和人 B1
3158 島川 光男 A2
3186 沖 悟 B1
3200 熊谷 直樹 A2
3227 長岡 茂一 B2
3319 山崎 義明 A2
3327 野長瀬 正孝 A2
3331 新美 恵一 A2
3353 前田 光昭 B2
3381 滝沢 芳行 B1
3392 小森 信雄 B1
3409 三好 一 B1
3411 池上 隆行 B1
3422 服部 幸男 A1
3443 森 秋光 A2
3444 香月 大介 B1
3462 竹上 真司 A2
3538 菊池 峰晴 B1
3562 山下 和彦 A1
3564 桑原 啓 B1
3565 坂本 徳克 B1
3566 川添 英正 B1
3576 白水 勝也 A1
3596 河上 年昭 B1
3629 浅見 昌克 A2
3644 矢橋 成介 B1
3653 品川 賢次 B1
3655 本橋 克洋 A2
3656 伯母 芳恒 B1
3666 内野 省一 B1
3687 花田 和明 A2
3690 河合 三弘 A2
3702 貞兼 淳二 A2
3712 淺香 文武 A2
3713 伊藤 誠二 A2
3717 立間 充宏 A1
3718 伊達 正利 A2
3746 岡瀬 正人 A2
3852 澤 大介 B1
3868 尾形 栄治 B1

展望情報

熊谷が地元の牙城を守る

熊谷が地元水面でリズムアップを図り優勝争いを演じる。長岡、伯母、尾形も走り慣れた水面で見せ場を作る。服部、立間、白水、山下の遠征勢も百戦錬磨のレーサーが勢ぞろいだ。

SG覇者5名を含む45歳以上のマスターズ世代が平和島水面に集結する。

優勝候補の筆頭は地元の熊谷直樹(東京)だ。前期はF2の影響もあり、3期ぶりにA2級に降格している。今期はそのフライング休みもあり、リズムダウンしていることは確かだ。しかし、当地は1997年のSGオーシャンカップ優勝を含む、通算12優勝のドル箱水面である。持ち前の高い攻撃力を発揮して優勝を狙う。
熊谷を上回る当地通算13優勝の長岡茂一(東京)に、伯母芳恒(東京)、尾形栄治(東京)も地元で奮起したい。

遠征勢も個性豊かなベテランが参戦する。

服部幸男(静岡)は当地SGで2優勝の栄光を持つ。ドリーム1号艇だった昨年大会は、優出4着ときっちりベスト6入りを果たした。通算優勝99回とあって、しのぎを削ってきた戦友の前で節目を飾るか。
服部のほかにも白水勝也(福岡)、立間充宏(岡山)、山下和彦(広島)とA1級が3人参戦し優勝戦線をにぎわす。中でも白水はメンバー中断トツの今年9優出で、5月福岡では3年ぶりの優勝と好調ぶりが際立つ。島川光男(広島)、新美恵一(愛知)、浅見昌克(埼玉)も上位争いに加わる。
鈴木幸夫(愛知)、花田和明(愛知)らコースを動く選手が多数参戦し、展示からも目が離せない。

G3マスターズリーグ第5戦注目選手

澤 大介

平和島ファンに新スタイルを披露

2004年から作り上げてきたアウト屋のスタイルに今年の当地1月戦で別れを告げ、3月の宮島からはオールラウンダーに転身している。スロー解禁後の1コースは10戦6勝と、柔軟に対応している。3コース以内では3連率72%の安定感である。もちろん大外からも1着があり、元々の魅力も失ってはいない。これまで積み上げた6優勝は5コース1回、6コース5回。そのうち当地では2優勝を挙げている。直近優勝は2017年の平和島で、もちろん6コースからだった。相性の良い水面でインからの優勝を飾り、レーサー人生に新たな1ページを加える。

G3マスターズリーグ第5戦・平和島競艇場特徴

基本情報

住所:〒143-0006 東京都大田区平和島1丁目1−1
公式サイト:https://www.heiwajima.gr.jp/
電話番号:03-3768-9200
アクセス:JR大森駅、京浜急行平和島から無料バス運行
京浜急行大森海岸駅から徒歩10分

  • イン1着率が低い
    イン1着率は24場中23位(2020年)
    平和島のインが弱い理由の一つは「コース幅の狭さ」にある。
    水面図を見てみると、スタートライン上の幅は49m、1マークのスタンド側は37mと絞り込むレイアウトになっている。
    イン艇がスタートで後手を踏んだ場合はセンター勢の攻めが届きやすく、イン艇のマイシロが小さくなって「逃げ」が決まりづらくなっている。
  • 水質は海水
    平和島の水質は海水で、潮位の変化がある。
    運河に位置する平和島には東京湾からの潮が入ってきており、満潮時には1マークがうねる場合も。
    風の方がレースに与える影響は大きいが、大潮の時期は展開予想に加味したいところ。
  • 風の影響が強い
    平和島は風の影響度が非常に大きいのが特徴。
    海に近く季節風の影響を受けやすいこと、バック側の高層ビルから吹き込む風など、風の強弱や向きが安定しない要素が他場より多くなっている。
    風速5m以上が約30%と強風が吹きやすい水面であり、季節によっては前半と後半で風向きが逆になっていることもある。
    平和島で勝つには、直前の風チェックが不可欠。
椎名あつし

個人予想の際には上記に注意して舟券を買うべきだね。