G3第30回アサヒビールカップ,出場選手一覧,予想,途中帰郷,フライング,賞典除外選手

G3第30回アサヒビールカップとは

  • 開催日程:9月15日(水)~9月20日(月)
  • 開催場:ボートレース江戸川
  • 優勝賞金:103万円

企業杯

  • 企業がスポンサーとなり、冠をつけたGIII競走。各競艇場で年1回行われる。出場するレーサーは、A級レーサーが5割程度を占める。女子レーサーはヴィーナスシリーズおよびオールレディース戦に斡旋されるケースが多いため、あまり出場しない。
    過去にはヴィーナスシリーズで「Yes!高須クリニック杯」(江戸川、2020年11月)のような企業名を冠した競走が行われた例もあるが、競走格付けが一般のため企業杯には含めないことが多い。

2021年G3一覧

開催日程 ボートレース場 グレード/開催時間帯/タイトル 優勝者
1 01/03-01/08 徳山 オールレディース 鎌倉   涼
01/16-01/21 浜名湖 企業杯 中田  竜太
01/20-01/25 下関 オールレディース 平高  奈菜
01/26-01/31 大村 企業杯 久田  敏之
2 02/23-02/28 蒲郡 企業杯 湯川  浩司
3 03/07-03/12 戸田 オールレディース 竹井  奈美
03/17-03/22 尼崎 企業杯 吉田  俊彦
03/20-03/25 大村 オールレディース 渡邉  優美
03/26-03/31 丸亀 オールレディース 守屋  美穂
03/26-03/31 宮島 企業杯 萩原  秀人
4 04/08-04/13 浜名湖 オールレディース 池田  浩美
04/19-04/24 児島 企業杯 白井  英治
04/22-04/27 常滑 オールレディース 平高  奈菜
5 05/18-05/23 常滑 企業杯 山崎   郡
05/18-05/23 徳山 オールレディース 遠藤  エミ
05/28-06/02 多摩川 企業杯 高橋   勲
05/31-06/05 戸田 オールレディース 田口  節子
6 06/06-06/11 江戸川 オールレディース 竹井  奈美
06/12-06/17 戸田 イースタンヤング 永井  彪也
06/12-06/17 住之江 オールレディース 平高  奈菜
06/13-06/18 宮島 ウエスタンヤング 村上   遼
06/18-06/23 桐生 オールレディース 寺田  千恵
06/19-06/24 浜名湖 企業杯 坪井  康晴
06/25-06/30 尼崎 企業杯 岡   祐臣
7 07/01-07/06 平和島 オールレディース 田口  節子
07/01-07/06 大村 企業杯 田村  隆信
07/13-07/18 平和島 企業杯 東本  勝利
07/13-07/18 児島 オールレディース 田口  節子
07/25-07/30 下関 オールレディース 渡邉  優美
07/29-08/03 宮島 企業杯 馬場  貴也
8 08/04-08/09 住之江 企業杯 渡邉  和将
08/19-08/24 宮島 オールレディース 鎌倉   涼
08/27-09/01 鳴門 企業杯 齊藤   仁
08/31-09/05 三国 オールレディース 遠藤  エミ
9 09/13-09/18 福岡 オールレディース
09/15-09/20 江戸川 企業杯
09/19-09/24 若松 オールレディース
09/21-09/26 びわこ 企業杯
10 10/01-10/06 若松 企業杯
10/02-10/07 鳴門 オールレディース
10/12-10/17 三国 企業杯
10/16-10/21 芦屋 オールレディース
10/29-11/03 企業杯
10/30-11/04 蒲郡 オールレディース
11 11/11-11/16 びわこ オールレディース
11/17-11/22 戸田 企業杯
11/23-11/28 桐生 企業杯
11/30-12/05 福岡 企業杯
12 12/08-12/13 丸亀 オールレディース
12/09-12/14 唐津 企業杯
12/26-12/31 福岡 クイーンズクライマックスシリーズ

各開催場の企業杯一覧

桐生 サッポロビールカップ
戸田 固定されてない
江戸川 アサヒビールカップ
平和島 キリンカップ
多摩川 サントリーカップ
浜名湖 SUZUKIスピードカップ・中日カップ
蒲郡 KIRIN CUP・中日カップ・名鉄バス杯・愛知バス杯
常滑 INAX杯とこなめ大賞・中日カップ
マキシーカップ(三重交通)
三国 スズキ・カープラザカップ
びわこ キリンカップ
住之江 アサヒビールカップ
尼崎 FM OSAKA杯
鳴門 オロナミンCカップ
丸亀 JR四国ワープ杯
児島 シモデンカップ
宮島 固定されていない
徳山 大塚SOYJOYカップ
下関 長府製作所杯
若松 JR九州ビートル杯
芦屋 アサヒビールカップ
福岡 福岡ソフトバンクホークス杯
唐津 酒の聚楽太閤杯
大村 アサヒビール杯

G3第30回アサヒビールカップの出場選手

登録番号 選手名 級別
3226 浦田  信義 B1
3315 広瀬  聖仁 B1
3436 柏野  幸二 B1
3454 井川  大作 B1
3461 渡邊  哲也 B1
3489 大場   敏 A1
3619 長谷川  充 A2
3662 大庭  元明 A1
3708 岡部  貴司 B1
3711 江本  真治 A2
3716 石渡  鉄兵 A1
3730 塩崎  優司 B1
3822 平尾  崇典 A1
3918 深井  利寿 A2
4000 松本  博昭 A2
4009 小林  一樹 B1
4077 品田  直樹 B1
4089 妹尾  忠幸 A2
4122 安東  幸治 B1
4152 深水 慎一郎 B1
4182 吉田  和仁 B1
4189 川上   剛 A2
4254 川島  圭司 A2
4278 藤岡  俊介 A1
4324 海野 康志郎 A1
4327 加藤   翔 B1
4329 小松  卓司 B1
4364 池永   太 A1
4370 山口  達也 A1
4403 木下  大將 A2
4407 鹿島  敏弘 B1
4462 夏山  亮平 B1
4491 田中   堅 B1
4509 平見  真彦 A1
4513 河野  真也 A2
4562 阪本  勇介 B1
4564 山本 景士郎 A2
4608 荒井  翔伍 A2
4615 板倉  敦史 B1
4644 山田  亮太 B1
4659 木下  翔太 A1
4725 佐竹  太一 B1
4815 伏島  祐介 B1
4925 森   悠稀 B1
4959 井上  忠政 A1
4991 宗行  治哉 B1
5023 久永  祥平 B1

展望情報

江戸川の鬼・石渡&平尾はG1江戸川大賞の前哨戦!634杯の覇者・池永に藤岡・木下翔などV候補が多数!

次節は9月15日(水)に開幕を迎える「G3第30回アサヒビールカップ」の6日間シリーズ(2準優制)。当地では恒例の「企業杯」で、優勝賞金も「200万円」と通常の一般開催の2倍以上。レベルの高いA1レーサーが計「11名」も集結して、まずは4日間の熱い予選バトルに注目だ!

さて、当地では丁度1か月後にG1戦の「江戸川大賞・開設66周年記念」が控えているが、「江戸川の鬼」として鳴らす石渡鉄兵&平尾崇典の2人にとっては、大事な周年の「前哨戦」になってくる。

まず石渡は、今年「4回目」の江戸川参戦。堂々の予選トップを果たした前回戦(4月の富士通フロンテック杯)は、節間を「9戦7勝」と圧倒的な強さを発揮して「王道V」で締め括った。ちなみに、石渡は惜しくも「準V」に終わった2019年9月の「65周年記念」以来、当地では「7連続優出中」と、その「安定感」はズバ抜けている!

ただ、6月の常滑以来、優出から遠ざかっている石渡の近況は今ひとつ。「江戸川推薦」で出場した先月の蒲郡「SGボートレースメモリアル」でも予選敗退に終わっている。よって、翌月に控えている大一番の地元2連戦(当地周年&平和島SGボートレースダービー)へ向けてもリズムの修復を図っておきたいところで、「江戸川鉄兵」は一走入魂走りで「V」だけを狙ってくる!

対する平尾も、今年はファイナル進出を果たした1月の当地「65周年記念」に続いて、前回戦(6月のスポーツニッポン杯)でも6強入り。当地で「歴代最強」の石渡には及ばぬが、遠征勢では現役で「5指」に入る水面巧者。江戸川の「調整」+「走法」を完璧に心得ている平尾は「伸び足」を仕上げるのが極めて上手く、特に「ダッシュ戦」の時に強さを発揮する!

ちなみに、平尾も今後は石渡と同様、当地の周年と平和島ダービーが控えているが、元より「江戸川周年」を制覇することが彼にとっての大きな悲願。そのため、当節で現行モーターを念入りにリサーチするとともに、石渡と「2強」を形成して、当シリーズも大いに盛り上げてくれるはずだ。

そして、前回1月の「65周年記念」こそ予選敗退に終わったものの、2年前にG2戦の「江戸川634杯」を制している池永太も楽しみな存在。基本的には「攻撃型」のレーススタイルで「伸び足重視」の調整で挑むことが多い。よって、程々のモーターを手にした上で、調整がバチッと合うようだと、前記した「2強」に割って入ることも可能だろう。

さらに、藤岡俊介・木下翔太の近畿勢も、覇権争いに参入してくるのは必至。まず、藤岡は7月の芦屋「オーシャンカップ」で念願の「SG初出場」を果たすなど近年の充実ぶりは目覚ましい。以前はやや単調な「S一撃型」だったが、近年は最大の武器である「S力」に加えて「差しの精度」が格段に上がっている。江戸川の水面も無難に乗りこなしてくるし、前走地の戸田を含めて今期(5月1日以降)は「3V」と好調。絶好の流れで参戦してくる。

一方、記念タイトルには後一歩、手が届いていない木下だが、すでにG2以上の特別戦で「18優出」と着実に実績を積み重ねている大阪支部の若手エース格。「テクニック」+「スピード」を兼備しており、舞台が一般戦であれば常に「主役級」の走りが期待できる。

その木下、4日間開催の3日目が(強風高波浪によって)中止・打ち切りとなったため、予選3走でV戦1号艇を得る強運を発揮した前回の当地戦(昨年11月のまねきの湯カップ)において「江戸川初制覇」を達成した他、当地は一般戦なら「4連続優出中」とコンスタントに好走している。常に「伸び足重視」で挑み、旋回技量よりも「力」で捻じ伏せるレースで結果を出している。

平尾と同じ中国地区からは海野康志郎・山口達也もエントリー。「重量級」が苦戦傾向にある現行の「モーター」+「ペラ制度」において、常時「60kg付近」の体重で走りながら、余裕でA1級をキープしている海野は、ある意味「奇跡的」と言える。そのハンデを補っている「旋回技量」は一級品で、特に「捲り差し」の切れ味は天下一品だ。

当地においては「63周年記念」のV戦で転覆を喫した苦い過去もある海野だが、元々「波乗り」は得意にしている。その波に負けてしまう「低調機」を引いてしまうと苦戦する可能性もあるが、下がらない程度の「伸び」と「操作性」が伴っていれば好勝負は必至だ。

対する山口は、「準完全ペース」だったV戦でフライングに散った3年前の「まねきの湯カップ」以来となる久々の当地参戦。気持ちが乗っている時の山口は桁違いに強い反面、調子の波が激しいタイプで、今期は少々乱調気味。従って、彼の場合はとにかく蓋を開けてみるまでは未知数。良機の援護を得ると「ピンラッシュ」の可能性も十分にあり得るが、果たして…!?

石渡&平尾と同じ「マスターズ世代」の大場敏・大庭元明も「衰え」の二文字とは全く無縁で、ピット内においても実に若々しい。「捌き巧者」の大場は、生命線である「出足系統」が仕上がりさえすれば、高確率で舟券に貢献。「年1回ペース」の当地においても、一昨年6月の「G3マスターズリーグ」でVを飾っている他、安定して好成績を残している。

「テクニシャン」の大場に対して、大庭の魅力は「攻めっぷり」の良さ。レーススタイルは若手時代と何ら変わっておらず、当地通算「10優出&1V」と実績も十分。以前に比べると参戦機会は減少したものの、現在も水面相性は良い部類。当シリーズも「攻撃的」なレースを連発して、準優圏内には食い込んでくることだろう。

残るA1級は、平見真彦・井上忠政の2者。過去に当地の6コースから「初V」を飾っている平見は「波乗り」が非常に巧く、現在においても参戦機会は多い。なお、近況の江戸川では少し調整に苦戦している印象だが、「回り足系統」がバシッと仕上がると久々の当地優出も狙えるはず。

新進気鋭の井上は、豪胆かつ強気な攻めが身上。可能な限り自力の「捲り」で仕掛けていく姿勢は頼もしく、一心不乱に鍛錬を積めば「記念常連」に成長する可能性を秘めている。江戸川は今回が通算「4回目」の参戦で、前回戦(昨年11月のルーキーシリーズ)で初優出。その時より経験値を増した井上は「攻めだるま」と化して、V戦線に参入してくるかも!?

A1級以外では、まず今年「6回目」の当地参戦となる地元の荒井翔伍に注目したい。近況の当地戦では「抽選運」に泣かされることが多かったが、前回のお盆開催(大江戸賞)では「100点満点」の舟足を引き出して堂々の6強入り。「出足」+「乗りやすさ」がセットで仕上がると粘り強く、当節も虎視眈々と久々の「江戸川V」を狙っている。

さらに、先に触れた平尾・山口以外に岡山支部からは、ともに当地で通算「5V」をマークしている柏野幸二・妹尾忠幸も参戦。柏野は負傷の影響もあって現在B1級に陥落しているが、現勝率(5月1日以降)は「6点台」と復調ムード。当地における調整も掌握しており、上位のパワーを引き出せると面白い。

対する妹尾は、昨年1月の「報知新聞社杯」以来となる江戸川参戦。その前回はワースト級の「低調機」を引いて苦戦を強いられたが、それ以前は江戸川を走れば常に「優勝か優出」と言っても過言ではないほどの強さを誇った。ちなみに「差し」を得意とする妹尾の生命線は「回り足」だが、波はあまり得意ではなく、できれば静水面で戦いたいところ。

その他、「A1級同等」の実力者である川上剛・深井利寿の2者に加え、松本博昭・川島圭司も、機力次第では上位争いを演じてくれそう。この中で、川上と松本は諦め知らずの粘り強い「コーナー戦」が持ち味。一方、深井&川島の滋賀勢は気っ風のいい攻めがセールスポイント。特に、深井・松本は「波乗り巧者」で水面が荒れた時は積極的に買いたいタイプだ。

最後に、今シリーズの「穴候補」として挙げておきたいのは、佐竹太一&森悠稀の兵庫勢と、広島支部の成長株・宗行治哉の3者。

まず、佐竹は「伸び仕様」が嵌った時の「捲り」が魅力だし、「S力自慢」の森はダッシュ筋からの「一発力」を秘めている。そして、宗行は将来性を感じさせる「ターンセンス」の持ち主。3者ともに良機の後押しは欲しいが、機力が伴っているようなら節間を通して注目すべき存在だ!

G3第30回アサヒビールカップ・江戸川競艇場特徴

基本情報

住所:〒132-0033 東京都江戸川区東小松川3丁目1-1
公式サイト:https://www.boatrace-edogawa.com/
電話番号:03-3250-3500
アクセス:JR総武線「平井駅」北口から約15分
地下鉄東西線「西葛西駅」南口から約10分
都営新宿線「船堀駅」から約5分
  • 水質は汽水
    レース場自体は河川を利用して作られているが、河口近くに位置しているため、江戸川競艇場の水質は淡水と海水が混ざり合う「汽水」となっている。
    海水が含まれていることから潮の満ち引きがあるが、江戸川競艇場はこの潮の満ち引きの影響がかなり強く、潮の状態によってレースの展開が大きく変わる。
    それに加えて川の流れによっても水面が変化するので、ほかの競艇場では発生しないような複雑な波が発生する。
    江戸川競艇場では転覆事故がほかの競艇場よりも起こりやすく、場合によってはレースそのものが成立しなくなってしまう事態に陥ることもある。
  • 第1ターンマークに注意
    第1ターンマークがスタンド側に大きく振られている。
    江戸川競艇場は、第1ターンマークがスタンド側に大きく振られている。
    1コースの艇はスタート後に斜めに進まなければいけないので、スタートで出遅れたときに他の艇にまくられやすい。
    逆に、3・4コースの艇はスタート後に真っ直ぐ進むだけで、まくりを決められる。
    そのため、江戸川競艇場では、選手のスタートタイミングが勝負を決めることになる。
  • 上げ潮・下げ潮がレースに影響しやすい
    江戸川競艇場では、上げ潮・下げ潮がレースに影響しやすい。
    これは、水面が「中川」のなかに作られているからだ。
    中川は東京湾とつながっているため、干潮から満潮に向かう時間帯には海水が流れ込んでくる。
    その結果、河川の流れが逆転し、下流から上流へと水が流れるようになる。
椎名あつし

個人予想の際には上記に注意して舟券を買うべきだね。