G2第3回全国ボートレース甲子園競走出場選手一覧ボートレース丸亀

競艇全国ボートレース甲子園(GⅡ)とは

全国47都道府県を網羅したボートレーサーが出場する「夏の甲子園」のような全国大会がグレードレースとして昨年新設された!
記念すべき第1回大会はボートレース浜名湖で開催された。

  • 全国ボートレース甲子園選出基準

出場レーサーの資格:A1級、A2級及びB1級のレーサー
出場レーサーの選出方法:
過去1年間(2019年5月1日~2020年4月30日)の競走において、レーサーを出身地別に区分し、都道府県毎に勝率上位5名のうちから1名、競走会が選出する者(47名)
該当レーサーがいない都道府県がある場合、当該都道府県が属する地区(競走会が区分する地区)内の勝率上位の者から選出
※該当者がいない場合の例:『B2級』、『出場回数100回未満』、『フライングによる辞退期間』等

全国47都道府県勝率上位レーサーだけが参加可能

  • 東北 北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、
  • 関東 茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、山梨、長野
  • 東海 岐阜、静岡、愛知、三重
  • 近畿 富山、石川、福井、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山
  • 四国 徳島、香川、愛媛、高知
  • 中国 鳥取、島根、岡山、広島、山口
  • 九州 福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

G2第3回全国ボートレース甲子園展望情報

2019年に創設されたG2競走だ。

高校野球の夏の甲子園大会と同じように、47都道府県から選出された選手と、施行者希望5名による52選手で争われ、優勝すればSGクラシックの出場権が与えられる。

ちなみに、優勝旗は高校野球と同じ京都の平岡旗製造で作られた。

地域によって選手数やレベルが違うため、SGクラスからB級選手まで、出場選手の実力差は大きい。
B級選手にもSG出場権獲得のチャンスはあるが、優勝戦に乗ってくるのはSGクラスがほとんどだ。第1回の浜名湖大会は今垣光太郎(石川)、第2回の三国大会では峰竜太(佐賀)が優勝した。

今大会も、峰が優勝戦線をリードするのは当然として、やはり近況好調な選手が中心になる。

桐生順平(福島)は昨年SGグランプリ出場を逃がしたが、今年は多摩川G1地区選と宮島G1ダイヤモンドカップで優勝、原田幸哉(愛知)は下関PG1マスターズチャンピオン、徳山G1周年で優勝。

今節が初出場になる松井繁(大阪)も「レース勘を取り戻した」と各地で安定した成績を残している。スピード自慢の毒島誠(群馬)はナイター巧者だ。

女子の平山智加(香川)平高奈菜(愛媛)は、地元で走り慣れた強みを発揮したい。

G2第3回全国ボートレース甲子園出場選手一覧

3024 西島義則 A1
3388 今垣光太郎 A1
3415 松井繁 A1
3458 東健介 B1
3557 太田和美 A1
3573 前本泰和 A1
3582 吉川昭男 A1
3623 深川真二 A1
3716 石渡鉄兵 A1
3721 守田俊介 A1
3779 原田幸哉 A1
3826 村田修次 A1
3854 吉川元浩 A1
3897 白井英治 A1
3940 飯山泰 A1
3960 菊地孝平 A1
3983 須藤博倫 A1
4044 湯川浩司 A1
4061 萩原秀人 A1
4063 市橋卓士 A1
4102 益田啓司 A1
4159 向後龍一 A1
4169 多田有佑 B1
4188 久田敏之 A1
4195 前川守嗣 A2
4201 佐竹友樹 B1
4205 山口剛 A1
4238 毒島誠 A1
4245 高橋直哉 B1
4262 馬場貴也 A1
4266 長田頼宗 A1
4304 藤崎小百合 A2
4305 金子拓矢 A1
4320 峰竜太 A1
4337 平本真之 A1
4344 新田雄史 A1
4364 池永太 A1
4387 平山智加 A1
4401 小林泰 A2
4407 鹿島敏弘 B1
4418 茅原悠紀 A1
4444 桐生順平 A1
4450 平高奈菜 A1
4459 片岡雅裕 A1
4477 篠崎仁志 A1
4497 桑原悠 A1
4524 深谷知博 A1
4584 村岡賢人 A2
4700 金子和之 B1
4850 野中一平 A1
4895 門間雄大 B1
4912 中山将太 A2

ボートレース丸亀:水面の特徴

G1四国地区選手権2020クラシックSG1

  • 水質 海水
  • 流れ・水位変化 あり
  • チルト角度 -0.5 0 +0.5 +1.0 +1.5 +2.0 +3.0
  • 水面特性 防風ネットを設置しているが、冬場は強い向風が吹く。満潮時は2マークが荒れる。
  • レースの特徴 1マークの振りが大きく、干潮で向風だとまくりが決まる。
    満潮水面は差しの出番が増える。

まるがめボートレース場の競走水面は、海水で潮の満ち引きがレースに大きな影響を与える。
丸亀の潮位差は最大で3mと大きく、その変化によってレース傾向が変わるほど大きな影響がある。

水面図でも確認できるが、潮が出入りするのは主にピット横の2マーク側。
これにより満潮に向かう時間は「追い潮」、干潮に向かう時間は「向かい潮」といった流れが発生。
「追い潮+追い風」「向かい潮+追い風」など風の影響と合わさって、スタートを決めるのが難しい水面と言われている。

スタートを予想するのは難しいが、特に影響が大きくなる大潮の時期は考慮しておこう。

  • 満潮
    潮が満ちてくると水面が高く不安定になり、うねりも出て乗りづらくなる。
    これにより全速ターンが難しくなって「まくり」が決まりにくく、インや内コースの差しが有利に。
    また、満潮時は風の影響も大きくなり、潮の出入りする2マーク側が荒れやすくなる。
  • 干潮
    干潮時には水面が穏やかになり、全速ターンで攻めるスピード戦が展開される傾向である。
    機力がダイレクトに反映され、センターやアウト勢の出番出てくる。
    「まくり」が決まりやすく、その攻めに乗じて展開を突いた「まくり差し」も増える傾向がある。

風向きは1年を通して北からの向かい風、特に冬場は季節風の影響でひときわ風が強く、しかも天候の変り目は時折追い風が吹くので要注意である。
広さは全国的に見ると中くらいで、ターンマークの移動により「思い切りのよい レースができる」と、選手間では好評である。
決まり手も、まくり、差し、逃げと 多彩なレースが楽しめるボートレース場となっている。