前検日/モーター抽選PG1第22回マスターズチャンピオン出場選手一覧,選出除外,フライング!

PG1第22回マスターズチャンピオン
レース展望や注目紹介

第22回大会は、マスターズチャンピオン(前身の名人戦含む)史上初めてナイターで開催される。

年齢制限が45歳以上に引き下げられてから毎年勝率ボーダーは高く、2018年と2019年は6.54、2020年は6.47、そして今年も6.46と出場権争いはハイレベルだった。

さらに今年は歴代SG覇者が21名も出場し、マスターズチャンピオン史上最多の歴戦の猛者たちが技の応酬を繰り広げる

その激戦シリーズを引っ張るのは、当地GI競走V3の実績を誇る松井繁(大阪)だ。

昨年はSGグランプリ復帰を果たし、王者としての存在感を示した。

当大会も2年連続優出中と安定した航跡を残しており、大会初制覇へ機運は高まっている。

同じ近畿勢の今垣光太郎(福井)、太田和美(大阪)、吉川元浩(兵庫)や、西島義則(広島)と市川哲也(広島)の広島コンビ、濱野谷憲吾(東京)らも当地GI競走で優勝歴を持つ。

新ベテラン組で同大会を制したのは4名のみ(高山秀則は第1回、西島義則、江口晃生、渡邉英児)だが、今大会の新ベテラン組は超豪華

SG10冠の瓜生正義(福岡)を筆頭に、守田俊介(滋賀)、原田幸哉(長崎)、魚谷智之(兵庫)が名人戴冠にチャレンジする。

PG1第22回マスターズチャンピオン出場選手一覧

優先出場
・順位
登番 氏名 支部 出身地 勝率 着順点
合計
出場
回数
備考
前年度
優勝者
3826 村田  修次 東 京 東 京 7.02 1,951 279
当該施行者
希望
3711 江本  真治 山 口 山 口 6.07 1,978 328
3618 海野 ゆかり 広 島 広 島 6.40 1,855 291
マスターズ
リーグ戦
競走の
優勝者
3822 平尾  崇典 岡 山 岡 山 7.49 2,014 269 第7戦浜名湖
3554 仲口  博崇 愛 知 愛 知 6.88 1,747 254 第10戦鳴門
3833 中辻  博訓 福 井 福 井 6.86 1,874 277 第5戦三国
3582 吉川  昭男 滋 賀 滋 賀 6.71 1,738 261 第6戦平和島
3484 芝田  浩治 兵 庫 兵 庫 6.45 1,755 272 第8戦唐津
3475 橋本  久和 群 馬 群 馬 6.33 1,690 268 第2戦江戸川
3156 金子  良昭 静 岡 静 岡 6.15 1,734 282 第4戦津
3746 岡瀬  正人 岡 山 岡 山 5.89 1,848 314 第3戦徳山
3294 野中  義生 静 岡 静 岡 4.62 915 198 第1戦大村
13 3721 守田  俊介 滋 賀 京 都 7.83 2,099 268
14 3783 瓜生  正義 福 岡 福 岡 7.61 1,651 218
15 3415 松井   繁 大 阪 大 阪 7.53 2,138 284
16 3737 上平  真二 広 島 広 島 7.51 2,081 279
17 3854 吉川  元浩 兵 庫 兵 庫 7.48 1,945 263
18 3159 江口  晃生 群 馬 群 馬 7.44 1,830 247
19 3780 魚谷  智之 兵 庫 兵 庫 7.43 1,776 242
20 3590 濱野谷 憲吾 東 京 東 京 7.37 1,659 228
21 3779 原田  幸哉 長 崎 愛 知 7.24 1,578 218
22 3946 赤岩  善生 愛 知 愛 知 7.22 2,131 297
23 3024 西島  義則 広 島 島 根 7.19 1,940 275
24 3716 石渡  鉄兵 東 京 千 葉 7.15 2,210 310
25 3557 太田  和美 大 阪 奈 良 7.02 1,768 252
26 3265 今村  暢孝 福 岡 福 岡 6.99 1,579 232
27 3388 今垣 光太郎 福 井 石 川 6.97 1,582 228
28 3744 徳増  秀樹 静 岡 静 岡 6.96 1,698 245
29 3622 山崎  智也 群 馬 群 馬 6.92 1,536 224
30 3257 田頭   実 福 岡 福 岡 6.91 1,438 208
31 3489 大場   敏 静 岡 静 岡 6.90 2,092 306
32 3795 金子  龍介 兵 庫 兵 庫 6.88 1,852 270
33 3788 一宮  稔弘 徳 島 徳 島 6.88 1,851 270
34 3685 荒井  輝年 岡 山 岡 山 6.82 2,249 332
35 3743 林   美憲 徳 島 徳 島 6.81 1,921 282
36 3719 辻   栄蔵 広 島 広 島 6.77 1,354 200
37 3613 角谷  健吾 東 京 東 京 6.74 1,887 281
38 3654 武田  光史 福 井 福 井 6.61 1,911 290
39 3473 石川  真二 福 岡 福 岡 6.61 1,712 260
40 3333 丸尾  義孝 徳 島 徳 島 6.58 1,986 303
41 3541 三嶌  誠司 香 川 香 川 6.57 1,867 288
42 3621 天野  晶夫 愛 知 愛 知 6.57 1,721 264
43 3813 佐藤  大介 愛 知 愛 知 6.55 1,737 267
44 3435 寺田  千恵 岡 山 福 岡 6.55 1,625 249
45 3717 立間  充宏 岡 山 岡 山 6.53 1,626 250
46 3499 市川  哲也 広 島 広 島 6.51 1,601 252
47 3679 飯島  昌弘 埼 玉 埼 玉 6.50 1,546 241
48 3256 三角  哲男 東 京 千 葉 6.49 1,584 245
49 3562 山下  和彦 広 島 広 島 6.47 1,812 287
50 3572 安田  政彦 兵 庫 大 阪 6.47 1,320 209
51 3641 一瀬   明 東 京 神奈川 6.46 2,101 328
52 3532 柴田   光 群 馬 群 馬 6.46 1,879 292
予備1 3635 石田  政吾 福 井 石 川 6.46 1,693 262
予備2 3888 山本  英志 東 京 広 島 6.45 1,999 311
予備3 3576 白水  勝也 福 岡 福 岡 6.44 1,637 254
予備4 3611 岩崎  芳美 徳 島 熊 本 6.43 1,710 267
予備5 3909 佐々木 康幸 静 岡 静 岡 6.42 1,707 267
予備6 3681 山谷   央 東 京 東 京 6.42 1,431 225
予備7 3385 渡邉  睦広 東 京 神奈川 6.41 1,815 284
予備8 3740 大澤  普司 群 馬 群 馬 6.41 1,794 282
予備9 3792 田中   豪 東 京 東 京 6.41 1,282 201
予備10 3022 西山  昇一 愛 知 愛 知 6.40 1,798 281

今節の出場レーサー傾向は初出場、最年少組が有利に

今回初出場となる中で最年少45歳の選手は守田俊介、原田幸哉、魚谷智之、瓜生正義、佐藤大介、赤岩善生の6名。
佐藤を除いて皆SG、G1の優勝実績がある。

マスターズ出場選出期間の勝率を見ても7点前後をマークし、一般戦の主力級とはターン、モーター出しのレベルが違う。
初出場の選手が優勝争いを牽引するのは間違いない。

初のナイター開催」という点でも、初出場の選手が有利だ。今までの大会はデイ開催だったがナイターになると視力が関係してくる

大時計の針先の動きについていけるのは、動体視力の優れた選手になる。

今出場選手中での過去1年間のナイター勝率は、1位・守田、2位・原田、10位・瓜生、15位・魚谷、19位に赤岩が入っており、これまで以上に初出場組が有利になりそうだ。

近年のマスターズの傾向と狙い方

年齢制限が第1回大会は満50歳以上だったものが、48歳になり、4年前の19回大会からさらに45歳以上に引き下げられた。

それ以降の優勝者は渡邉英児(48歳)、今垣光太郎(49歳)、村田修次(46歳)と、いずれも50歳未満の選手となっている。
50歳を超えた選手も優出しているが、最年長者の着順は5着、6着、5着と大敗ばかりだ。

もう一つの特徴は、優勝者が「SG・G1優勝者」に限定されていること。
出場年齢の引き下げにより、SGやG1を戦っている選手が数多く出場し、SG・G1レベルのスピードになじんだ選手の活躍の場が増える。SG・G1クラスが予選得点率上位を独占して優出するため、優勝者も順当にその中から誕生することが多い。

下関競艇場の攻略情報,水面特性

海響ドリームナイターはイン優位!風が舞うと波乱も起きる

2017年4月から全国6番目のナイター開催がスタート。
他の場よりも高い位置にあるLEDを使った照明灯で「一番明るいナイター場」となっている。

水面のサイズは、大時計から対岸までは130.5m、スタンドから1マークまでが43m、1マークから対岸までは91m。
ピットから2マークまでの距離が173mもあるのでインが深くならず、インが主導権を握るのは、ナイター開催になっても同じ。

本番ピットから大時計までは320mもあり、助走をたっぷりとったまくりも決まりやすい
海水のため体重差が出にくく、重量級レーサーの豪快なモンキーターンが多くみられる
大潮の時間帯を除けば水面は基本的に穏やかである。

ポイントは風である。

夏場はバック側の横風、冬場はスタンド側からの横風がよく吹く
この横風が曲者で、スタート付近で向かい風が追い風に変わり思わぬ勇み足(フライング)ということがある。
また向かい風はまくり、追い風はインという一般的なセオリーはここには当てはまらず、微妙に変わる風を読み切った選手が好成績を残す。
地元選手だからこそスタート事故を起こせないという意識が強く、より慎重になることも考えられる。