尼崎競艇:G1近畿地区選手権競争注目情報,選手,モーター,水面2020/02/06~11

G1近畿地区選手権尼崎競艇:概要

  • 開催日程
    2020/02/06~11
  • 開催場
    ボートレース尼崎
    ※福井支部、滋賀支部、大阪支部、兵庫支部にある、三国競艇場、びわこ競艇場、住之江競艇場、尼崎競艇場が持ち回りで開催される。
  • 優勝賞金:450万円
  • 出場選手
    基本的にはA1級選手を中心として選出される。地区により選手数に差が有るため、A1級でも出場できない選手がいる地区もあれば、B1級の選手が出場できる地区もある。
    また、あっせん直近の勝率が高い場合など近況好調である場合には、勝率など近況不調なA1級の選手を抑えてA2級の選手があっせんされることもあるように、必ずしもA1級であればA2級以下の選手より優先して出場できる競走ではない。普段GI競走に斡旋されないA2、B1級の選手にとっては、全国に名前を売る大きなチャンスになる選手権と言えるだろう。

GⅠ近畿地区選手権
過去8大会の優勝者

  • 2012年近畿地区選手権優勝者:松井 繁選手
  • 2013年近畿地区選手権優勝者:中島孝平選手
  • 2014年近畿地区選手権優勝者:松井 繁選手
  • 2015年近畿地区選手権優勝者:太田和美選手
  • 2016年近畿地区選手権優勝者:吉川元浩選手
  • 2017年近畿地区選手権優勝者:今垣光太郎選手
  • 2018年近畿地区選手権優勝者:野添貴裕選手
  • 2019年近畿地区選手権優勝者:丸岡正典選手
万事屋

丸岡正典選手が昨年の優勝者であるが、2012年と2014年に松井繁選手が2度優勝している。

3度目のVを狙ってきているだろう!!

G1近畿地区選手権:展望情報

兵庫の吉川、大阪の石野、滋賀の守田、福井の今垣。 グランプリ級のエースを擁する4 支部の精鋭が、近畿の頂点を目指す

地元のエース吉川元浩に死角なし
地元・兵庫支部の中核 は吉川元浩選手である。
昨年はクラシック→オールスターとSG連覇。尼崎は18年の66周年で優勝しており、実績は申し分なしである。
魚谷智之(兵庫)も水面実績 は吉川に負けず劣らず素晴らしい。
SG出場が増えた稲田浩二(兵庫)は地元で一段と腕を上 げた姿を披露する。

実績なら松井、強さは石野

大阪支部では、尼崎周 年V5と地元・住之江以上に輝かしい実績を残す松井繁(大阪)が突出した存在。
石野貴之(大阪)が19年グランプリ覇者の強さを見せるか。
同じくグランプリに出場 した太田和美(大阪)に、メキメキと力をつけている木下翔太(大阪)も好勝負必至だ。

守田、遠藤の機力に要注目

ダービーV2・守田俊介(滋賀)を筆頭に臨むのは滋賀支部。
昨年3月 のびわこGIIで特別戦ウイナーとなった吉川昭男(滋賀)、8月のびわこ 周年でGI初優勝を飾った丸野一樹(滋賀)の 活躍にも期待が懸かる。そして、昨年末のGP シリーズで準優出した遠藤エミ(滋賀)が、強 豪男子相手にどこまで渡り合うか。

名人今垣が平常心で全力疾走

4人だけの参戦なった福井支部。昨年はグランプリ出場にこぎ着けた北陸のスーパースター・今垣光太郎(福井)がいつもの熱い走りで大会を盛り上げる。
SG常連となってきた萩原秀人(福井)、松田祐季(福井)に、昨年の平和島周年でGI初 優勝を飾った下出卓矢(福井)が少数ながら“精鋭”ぶりをアピールする。

ピックアップレーサー

登録番号 3439
生年月日 1969/07/18
身長   162cm
体重   53kg
血液型  A型
支部   大阪
出身地  大阪府
登録期  65期
級別   A1級当地を走るのは3年前の一般戦以来になる。
久しぶりの出番になっても大平のようなさばきタイプに不安はない。手にしたモーターに合わせた走りができる。展示タイムが良いときはまくりで1着を取り、出足型だと逃げ、差し、まくり差しをコースに合わせて使い分ける。こういったタイプの選手は1着、2着、3着が均等に並ぶので舟券からは外せない。
かつて近畿地区選で2度も優出したことのある選手だけに、SG級を相手にしてもキラリと巧技が光るときがある。4年前の当地地区選4日目に、5コースから2着に食い込んだレースでは3連単で20,670円の高配当に絡んだ。今回もきっとそんなシーンを見せてくれるに違いない。
登録番号 3557
生年月日 1973/01/06
身長   166cm
体重   54kg
血液型  A型
支部   大阪
出身地  奈良県
登録期  69期
級別   A1級マスターズ世代になっても攻撃的な走りをやめない。
インからのレースでは確実に1着取りだが、2コースから外に回ったときの走りは圧倒的にまくりが多い。スタートがそろうG1でも太田はまくりで勝とうとする。
昨年12月の三国周年では、3日目に3コースからまくって勝った。その前に桐生のSGチャレンジカップでも5日目にまくりで勝っている。
まくったレースに共通することは、スタートで0台に踏み込んでいることだ。太田のコメントに「スタートが見えている」というのを見つけたら、まくりをイメージした舟券の組み立てが必要になる。反対に「スタートが不安」なら惜敗をイメージした方が良いだろう。
登録番号 4290
生年月日 1984/12/08
身長   169cm
体重   52kg
血液型  A型
支部   兵庫
出身地  兵庫県
登録期  94期
級別   A1級昨年9月の戸田周年でG1初優勝を飾った。
94期生で優勝一番乗りしたのが稲田だ。それもデビュー4カ月ということもあり将来を期待された。
「爆裂・イナダ」と恐れられた時期もあった。スタート事故さえなければもっと早くSGやG1で活躍していただろう。しかし、やっと手にしたG1優勝が大きな自信になった。11月桐生のSGチャレンジカップでは予選突破、12月住之江のSGグランプリシリーズでも予選突破した。勢いは止まらない。
今年正月の地元戦は中盤から5連勝で優勝、三国はイン逃げで優勝である。
地元戦では6コースからのまくり差しで1着を取っている。スタートで攻めるだけでない新生・稲田がいる。
今回の地区選でも大きな仕事をしてくれるだろう。

ボートレース尼崎:モーター上位機

 

順位 モーター
番号
2連対率 勝率 優出回数 優勝回数
1 29 50.2 6.33 6 1
2 42 48.9 5.94 4 3
3 40 48.8 6.35 5 1
4 18 45.4 5.91 4 3
5 55 45.0 6.24 5 1
6 17 43.0 6.06 4 0
7 11 42.2 5.72 4 1
8 10 41.9 5.98 5 0
9 53 40.8 5.78 5 0
10 44 40.3 5.72 5 1

 

ボートレース戸田:水面の特徴

ボートレース戸田:水面の特徴

  • 水質 淡水
  • 流れ・水位変化 なし
  • チルト角度 ‐0.5 0 +0.5 +1.0 +1.5 +2.0 +3.0
  • 水面特性 夏は「甲子園の浜風」、冬は「六甲おろし」で向風の日が多い。
    水面は静水面でクセがない。

屈指の静水面として知られるボートレース尼崎。
水質は、淡水で硬めだが、技が利きやすく、スピーディーかつダイナミックなレースが数多く見られる。

季節を問わず、向かい風が吹くことが多いが、低気圧が近づいたり、雨天の際は、追い風に変化する。

それでも1~5メートル程度の風では、レース展開にそう影響はない。
ただし、6メートル以上の風になると、向かい風の際は、スロー勢の立ち上がりが鈍くなり、まくり が決まりやすく、追い風の際は、1マークで握ると強風にあおられ、舟が流れるため、差し(特に2コース)が有効になってくる。

近年、1コース1着率が、50%を超えるインの強い水面へ変貌。

1マーク、2マークが一直線なのも要因のひとつだが、出力低減モーターへの変更や、プロペラ制度の変化により、機力差が縮まったことも拍車を掛けたイメージである。
しかし、インが強いと言っても、ある程度のパワーや技量が伴っていないと、簡単に逃げ切ることはできない。

万事屋

対岸の広い1マークは、センター、アウト勢も思い切ったターンができるため、しばしば全速まくり、全速差しも決まる。

データ面では、イン優位に違いないが、バラエティーに富んだ決まり手が生まれるプールでもある。水面コンディション、番組…、ハードとソフト両面を吟味して、推理の手立てとしたいところである。