G1浜名湖賞,静岡県知事杯争奪戦:展望情報,注目選手,モーター,水面特性

G1浜名湖賞,静岡県知事杯争奪戦:概要

  • 開催場
    ボートレース若松
  • 開催日程
    2020年1月17日~22日
  • 優勝賞金:900万円

G1浜名湖賞,静岡県知事杯争奪戦:展望情報

1月に開催されるG1はその年の賞金バトルを占う一戦でもある。
過去に、ここ浜名湖で1月に開催された周年記念の覇者もトップレーサーの名が並ぶ。
地元エース・菊地孝平(静岡)も2017年1月の63周年覇者である。
グランプリへは4年連続出場中で、2020年もさっそく勢いを加速させるべく、ここで快走を誓う。

2019年グランプリに初出場を果たした徳増秀樹(静岡)も再奮起に期待。
地元水面へのこだわりは誰よりも強く、力強い走りを約束か。
2019年グランプリ出場組からは覇者石野貴之(大阪)をはじめ瓜生正義(福岡)、吉川元浩(兵庫)、毒島誠(群馬)ら、計10名登場。
また毒島にとって当地は、2010年新鋭王座決定戦でG1初優勝を飾った飛躍の水面で好走が期待できる。
笠原亮(静岡)、岡崎恭裕(福岡)、新田雄史(三重)、篠崎元志(福岡)らは、2020年の反撃に燃える。
岡崎は2010年に当地でSG初制覇を果たし、最近もSG・G1で連続優出中と、当地相性は抜群だ。
前田将太(福岡)、深谷知博(静岡)、磯部誠(愛知)と当地グレード戦覇者もステップアップを狙っている。

注目は石野貴之選手

悲願の初優勝を果たした石野は2019年、11月チェレンジカップに続き、SG2連覇で年間賞金2億円突破している。
目標に掲げた「史上最多のグランプリV4」を叶えるためにも2020年はここでスタートダッシュを図っていくか!!

先日に2020年2度目のG1ダイヤモンドカップでは、見事に優勝戦で1号艇からイン逃げで危なげなく優勝を飾っている。
そこから中6日での浜名湖賞である。
初日ドリーム戦2号艇からの出走である。
豪快なまくりが見れるか注目していきたい。

過去10年間のG1浜名湖賞:優勝戦

  • 2011年07月05日    G1浜名湖賞   白井  英治選手
  • 2013年01月17日    G1浜名湖賞   峰   竜太選手
  • 2014年01月26日    G1浜名湖賞   山崎  智也選手
  • 2014年11月20日    G1浜名湖賞   深谷  知博選手
  • 2015年08月02日    G1浜名湖賞   山口  剛選手
  • 2017年02月5日      G1浜名湖賞   菊地 孝平選手
  • 2017年07月26日    G1浜名湖賞   柳沢 一選手
  • 2018年12月4日      G1浜名湖賞   茅原 悠紀選手

浜名湖ボート/水面特性,グレード特性傾向

スピード戦では2コースが不利な展開に!

1コース:1着率55%,2着率16.3%,3着率9.2%
2コース:1着率12.4%,2着率27.3%,3着率17.2%
3コース:1着率12.3%,2着率18.2%,3着率19.0%

レースではやはり1コース1着率がアップする傾向だ。
ただ、その55%という数字は、他場グレード戦と比較すると決して高い数字ではない。
気になるのは2コース1着率が下がる点である。
G1では3コースが攻め手となる場面が増えるため、2コースは不利な形になりやすい。
また6コースの3連率は、他コースとほどんどさがない状態である。
グレードレースの傾向と言える。

機力上位のセンター選手が鍵を握る。

全国No.1クラスの水面の広さを誇る浜名湖では、多少の機力差はテクニックで埋められる。
そのため一般戦では人気サイド決着が多い。
ただ、グレードレースになるとテクニック差は縮まり、機力勝負になる。
機力上位のセンター選手を舟券で狙って行きたいところである。
イン艇が先マイしてもセンターがまくり差すと中穴配当に、センター一撃でインを飲み込めば万舟になるということだ。

追い風が強まるとまくりの番手

グレードレースでは逃げの割合が少し高くなるが、まくり、差しとバランス良く決まる。
ただ、追い風4m以上になるとその均等が崩れる傾向がある。
増えるのはまくりだ。ホーム追い風ということは、バック向かい風になる。
現在のモーターは出力低減機で、落として差しているとターン出口で風に負けてしまう。追い風=センターまくりと頭に入れておきたい。

浜名湖ボート最近3ヶ月のコース別入着率&決まり手

1着 2着 3着 4着 5着 6着 コース別決まり手
逃げ まくり 差し まくり差し 抜き 恵まれ
1コース 58.4 16.0 7.8 7.0 6.1 4.3 95.0 0.0 0.0 0.0 5.0 0.0
2コース 14.4 25.2 16.8 19.1 13.9 10.4 0.0 26.0 52.0 0.0 16.0 6.0
3コース 11.1 19.8 20.4 19.2 15.4 13.7 0.0 34.2 13.1 39.4 7.8 5.2
4コース 10.2 16.3 19.5 21.2 18.0 14.5 0.0 37.1 25.7 31.4 5.7 0.0
5コース 4.8 14.6 20.7 17.2 24.4 17.8 0.0 23.5 5.8 64.7 5.8 0.0
6コース 2.3 9.1 15.8 17.3 22.0 33.2 0.0 25.0 12.5 37.5 25.0 0.0

浜名湖ボートモーターランキング

  1. モーター番号 59 評価A
    2連率51.6 合えばスリットから伸びるし、回ってからのつながりもいい。ただ「合う幅が狭い」と。
  2. モーター番号 23 評価S
    2連率51.4 ホームはそこまでではないが、向かい風になるバックは力強く伸びていた。
  3. モーター番号60 評価A
    2連率46.6 伸びが光っていて、回り足も悪くない。ただペラにヒビで、次節から新ペラに交換。
  4. モーター番号 61 評価A
    2連率44.1  出足、回った後がいい。乗り心地も日に日に上向き。競って力強さを発揮していた。
  5. モーター番号 57 評価B
    2連率43.7  少しずつ分がいいくらいで抜群ではない。F持ちでSのキレが良くなかった。
  6. モーター番号17 評価A
    2連率43.4  ノーハンマーでチルトの上げ下げで対応。出足が良くて押していた。伸びも少し出る。
  7. モーター番号05 評価B
    2連率 43.3 好バランスで中堅上位。特に良く見えたのは回ってから押しの部分。
  8. モーター番号47 評価S
    2連率42.8 ノーハンマー。伸びもいいが、回ってからの進み具合が抜群。抜けた節一だった。
  9. モーター番号 46 評価C
    2連率42.7 序盤は起こしが悪かった。中盤から良化も、ピット離れや出足に違和感を感じていた。
  10. モーター番号 50 評価A
    2連率42.3  グイグイ出ていくほどではないが、直線の気配が良かった。レース足も悪くない。

G1浜名湖賞Wドリーム戦

初日12R:方舟ドリーム戦

  • 3388今垣光太郎選手
  • 3415松井繁選手
  • 3590浜野谷健吾選手
  • 3960菊地孝平選手
  • 4296岡崎恭裕選手
  • 4418茅原悠紀選手

2日目12R:翠緑ドリーム戦

  • 4074柳沢一選手
  • 3854吉川元治選手
  • 3783瓜生正義選手
  • 3744徳増秀樹選手
  • 4283毒島誠選手
  • 4168石野貴之選手
万事屋

2020年4回目のG1で開催である。

やはり注目は、昨年グランプリ優勝し賞金王に輝いた石野貴之選手が、2020年に入って勢いを落とすことなく、高いモチベーションのままG1ダイヤモンドカップを優勝した。

4戦目にしてG1の2Vを達成数rのか注目してきたい。