前検日/モーター抽選PG1ヤングダービーびわこボート直前情報エース67号機は平山智加!!木村翔太,大山千広選手は?若手レーサーのトップを決める戦い!!出場選手,モーター,ドリーム戦

びわこボートPG1ヤングダービー2020:概要

  • 開催地 ボートレース びわこ
  • 日程 2020年9月17日~9月22日
    全6日間(予選4日間)
  • 開門 9時30分(初日9時)
  • タイトル 第7回ヤングダービー
  • 優勝賞金 1100万円

2020年3度目のヤングレース

4月マスターズチャンピオン1100万円
8月レディースチャンピオン1100万円
9月ヤングダービー     1100万円
11月バトルチャンピオントーナメント1100万円
12月クイーンズクライマックス1200万円

日程・進行

優勝選手の決定方法ですが他のSGやG1と同様、まずは出場選手(52名)で4日目まで予選を行う。

予選では着順に応じた得点が付与される。

得点表 1着 2着 3着 4着 5着 6着 失格
予選 10 8 6 4 2 1 0
ドリーム戦 12 10 9 7 6 5 0
  • 待機行動違反・不良航法-7点
  • 失格・自責転覆-5点
  • 他責失格0点

4日目終了段階で合計得点を出走数で割り、得点出を算出して上位18名の選手が5日目の準優勝戦へと進む。

  • 初日ドリーム戦(第12R)
  • 5日目準優勝戦(第10~12R)
  • 最終日優勝戦  (第12R)

出場条件

ヤングダービーというだけあって、制限されているのは年齢だけはない。
ヤングダービーの出場資格はまず開催される年の9月1日の時点で30歳未満であることが絶対

ギリギリで誕生日を迎えてしまい、30歳になってしまうとヤングダービーへの出場資格は剥奪される。

選考期間内における勝率が高い選手

2019年7月1日~2020年6月30日までを選考期間として勝率が高い選手がヤングダービーに出場することができる。

SGやG1といったレースでは選手のグレードがA1階級であることが絶対条件であることにたいしてヤングダービーでは若手の選手を育てる目的としているため、勝率が高ければA2階級以下の選手でも出場することができる。

過去には、B2選手(2017年渡邉和将選手)が出場していたこともあった。

びわこボートPG1ヤングダービー:展望情報

出場資格を持つのは今年9月1日時点で30歳未満の選手のなかから、厳しい選考争いを勝ち抜いてきた52人。
“20代最強レーサー”の座をかけて湖都の水面でフレッシュバトルを繰り広げる

V候補の筆頭格は木下翔太(大阪)か
SG優出3回、GⅠ優出11回という実績は今大会出場メンバーのなかで突出した数字。ヤ
ング世代では格上といえる存在で、ヤングダービーは17年に優出4着、18年に優出5着、イースタンヤングは19年と20年に2連覇と貫禄の走りを見せつけている。びわこは6優出1Vをマークしている好相性水面。18年にはGⅠ近畿地区選で優出3着、19年にはGⅡ秩父宮妃記念杯で優出6着とすでにグレードレースで結果を残した経験も持つだけに、びわこヤングダービーは負けられない戦いといっても過言ではないだろう。木下は来年4月に30歳を迎えるためヤングダービー出場は今回が最後。
“第7代ヤング王者”の称号を手にしてヤング卒業を迎えたい。

注目度なら大山千広(福岡)がナンバーワンだろう。
18年のヤングダービーで大会史上初の女子優出を果たし、今年6月のウエスタンヤングでは大会史上初の女子優勝をマーク。
いやがうえにも女子初のヤングダービー制覇へ期待が高まる状況だ。
びわこは16年ヴィーナスシリーズでデビュー初優出を飾った思い出の水面。相性は悪くないだけに楽しみは尽きない。19年レディースチャンピオンに続く2つ目のPGⅠタイトルをつかんで歴史に新たな1ページを刻むのか。

なお女子レーサーは塩崎桐加(三重)、渡邉優美(福岡)、喜多須杏奈(徳島)、高田ひかる(三重)、倉持莉々(東京)、出口舞有子(愛知)、西橋奈未(福井)、土屋南(岡山)も参戦。
女子9人はヤングダービー史上最多の数字だ
ヴィーナス旋風を巻き起こして大会を盛り上げることになるのか。

PG1ヤングダービー2020出場選手一覧
4539金子賢志選手 級別:A2
4561藤山翔大選手 級別:A1
4586磯部誠選手 級別:A1
4587木田峰由季選手 級別:A2
4589塩崎桐加選手 級別:A2
4590渡邉優美選手 級別:A2
4640山ノ内雅人選手 級別:A2
4659木下翔太選手 級別:A1
4682大上卓人選手 級別:A1
4714喜多須杏奈選手 級別:A2
4715村上遼選手 級別:A2
4719上條暢嵩選手 級別:A1
4736高倉和士選手 級別:A1
4739中村晃朋選手 級別:A1
4743木村仁紀選手 級別:A2
4769馬場剛選手 級別:A2
4771下寺秀和選手 級別:A2
4772石丸海渡選手 級別:A1
4776竹田和哉選手 級別:A2
4796春園功太選手 級別:A1
4802中田達也選手 級別:A1
4804高田ひかる選手 級別:A2
4817渡邉翼選手 級別:B1
4818伏見俊介選手 級別:A2
4822百武翔選手 級別:A2
4824松井洪弥選手 級別:A2
4825倉持莉々選手 級別:A2
4826井上一輝選手 級別:A2
4828松山将吾選手 級別:A2
4831羽野直也選手 級別:A1
4847佐藤隆太郎選手 級別:A1
4848仲谷颯仁選手 級別:A1
4850野中一平選手 級別:A1
4851関浩哉選手 級別:A1
4852川原祐明選手 級別:A2
4856豊田健士郎選手 級別:A1
4857加藤翔馬選手 級別:A2
4875大塚康雅選手 級別:A2
4885大山千広選手 級別:A1
4901出口舞有子選手 級別:A2
4907小池修平選手 級別:A1
4908上田龍星選手 級別:A1
4910中村泰平選手 級別:A1
4914吉田裕平選手 級別:A2
4926吉川貴仁選手 級別:A1
4932新開航選手 級別:A1
4939宮之原輝紀選手 級別:A1
4959井上忠政選手 級別:A2
4960黒野元基選手 級別:A2
4961西橋奈未選手 級別:A2
4964土屋南選手 級別:A2
4983前田篤哉選手 級別:A2

初のG1制覇を目指す!地元選手

  • 4743 木村仁紀選手

地元ヤングダービーを本気で“楽しんで”勝つ!

「3ヵ月のF休みが明けて2節ありますが、それまでにレース感覚をしっかり戻したいと思っています。昨年の三国大会は特に気持ちで変わる部分はなかった。ただ、今回は地元の開催ですからね。気合が入るというより楽しみのほうが大きいです。
やっぱりアドバンテージはあるでしょう。乗りづらい水面に慣れている分、上とも互角に戦えるはず。ピット離れ仕様のプロペラはどうですかね。びわこはターンマークまでの距離も短いし、どの枠からでもチャンスは十分。うねっていたらなおさらでしょう。
最近はボートレースの人気が凄いけど、舟券は楽しんだものが勝ち。もちろん勝ちたい気持ちはあるけど、僕もヤングダービーを本気で楽しみたい。一番楽しんだものが勝つ!」

  • 4828 松山将吾選手
    地元ヤングダービーは本気で“獲り”にいきます!

「最近、周りから『ガツガツしていない』と言われたんですが、攻め切れていないというか、大事なところで引いてしまう部分が欠点だと気づきました。
だから、もっと貪欲さをつけようと考え方を改めたんですよ。
びわこは5月のGW戦から走っていないけど、精神的にも成長した姿を見せたいですね。走り慣れているアドバンテージは大きいと思うし、調整に不安もないです。(兄弟子の)丸野一樹さんと一緒ではないのは残念ですけど、逆にチャンスが増えたと気持ちを切り替えます(笑)。
今年の目標に挙げた『タイトルを獲る』というのはもちろん変わっていません。地元のヤングダービーはたぶん最初で最後。
口だけじゃなく結果が出せるように、本気で獲りにいきます!」

前検日,PG1ヤングダービー2020モーター抽選結果エース26機その他67,52,74など

  • モーター番号:26
    使用選手:守屋美穂
    バランス型で特に良いのが回り足と出口の返り◎
  • モーター番号:67
    使用選手:平山智加
    出足・行き足中心に上位級の仕上がりで楽しみ!
  • モーター番号:52
    使用選手:小野生奈
    出足~行き足の繋がりが良く本体素性バッチリ!
  • モーター番号:74
    使用選手:倉持莉々
    初下ろしから出足・行き足と上位級。展Tに注目!
  • モーター番号:20
    使用選手:佐々木裕美
    悪い所が見当たらず出足強めで上位級のバランス型
  • モーター番号:64
    使用選手:喜多須杏奈
    出足・行き足と上位級で推移。他に足負けはない

ボートレースびわこ水面特性,モーター情報

 

  • 水質 淡水
  • 流れ・水位変化 多少有り
  • チルト角度 -0.5 0 +0.5 +1.0 +1.5
  • 水面特性 日本一の淡水湖である琵琶湖にあり、標高も高い。春~夏は沖から風が吹き水面も荒れる。
  • レースの特徴 淡水で水が硬い上に標高も高い。ダッシュ勢の出番が多くなり、まくりも決まる。

日本最大の湖・琵琶湖の南端に位置するびわこボート。
かつてはインの1着率が20%台の時代もあり 「全国屈指のイン受難水面」と称されていたが、2016年でみれば1年間のイン1着率は45.8%にまで上がっている。
ただし、これは1日に2レース行われているシード番組、さらに好枠に軸艇を配したシリーズ最終日の番組傾向による上積みが大きい数字。
出力低減機が導入された以降も実力上位のイン艇が簡単に敗れるシーンも多く、 基本的にインが弱いという特徴は変わっていない