前検日/モーター抽選G1チャンピオンカップ福岡ボート直前情報エース72号機は誰の手に!!出場選手,モーター,ドリーム戦

前検日/モーター抽選G1チャンピオンカップ福岡ボート直前情報エース72号機は誰の手に!!

ボートレース福岡で11月9日から開設66周年記念「G1福岡チャンピオンカップ」が開催される。
秋の博多水面に全国からトップレーサーが集結。

今年のSG開幕戦・平和島クラシックを制した吉川元浩をはじめ、住之江オールスターでSG初Vを飾った篠崎仁志、同じく宮島グラチャンでSG初Vの徳増秀樹、下関メモリアルで地元Vを決めた寺田祥と、今年のSG覇者が勢ぞろい。
彼らは年末の平和島グランプリのトライアル2nd発進を目指して、さらなる賞金獲得に燃える。
なかでも吉川と篠崎は、トライアル2ndの1枠が懸かっており、直接対決に注目

瓜生正義は10月平和島G1を制して賞金ランク7位に浮上。
蒲郡チャレンジカップはF休みとあって、トライアル2nd入りへラストチャンスだ。

グランプリ常連組の馬場貴也、桐生順平、石野貴之らは出場圏外。
今シリーズまでのSG、G1で優勝していればいいが、そうでなければ”優勝”がノルマになりそう。

地元勢では、前出の篠崎と瓜生に、西山貴浩がグランプリ出場圏内。
岡崎恭裕、前田将太、枝尾賢は数少ないチャンスをモノにして望みを繋ぐか注目したい。

一年で最も盛り上がるG1は11月!

各選手のテーマが『SGグランプリ』と明確のため、アツイレースが目白押しになる!!

  • 【グランプリトライアル2nd入り】

ボートレースグランプリ、3日目〜トライアル2ndの参加条件
トライアル2として、獲得賞金ランキング1~6位の6名とトライアル1の上位6名を合わせた12名の選手である。

当地でSGV3、GⅠV3と圧倒的な実績を誇る瓜生はここが勝負。
今年7回目の参戦というのも大きなアドバンテージとなっている!!

  • 【グランプリ出場権争い】ボートレースグランプリ出場条件は、獲得賞金ランキング上位18人

最も切実なのは、【出場権争い】に該当する選手。
チャレンジカップ前にここでメドを立てたい。

G1チャンピオンカップ福岡ボート出場選手

3159 江口晃生選手 級別:A1
3554 仲口博崇選手 級別:A1
3562 山下和彦選手 級別:A1
3573 前本泰和選手 級別:A1
3590 濱野谷憲吾選手 級別:A1
3622 山崎智也選手 級別:A1
3721 守田俊介選手 級別:A1
3744 徳増秀樹選手 級別:A1
3783 瓜生正義選手 級別:A1
3837 秋山広一選手 級別:A1
3854 吉川元浩選手 級別:A1
3874 山本寛久選手 級別:A1
3903 白石健選手 級別:A1
3942 寺田祥選手 級別:A1
3959 坪井康晴選手 級別:A1
4030 森高一真選手 級別:A1
4080 山崎哲司選手 級別:A1
4083 福島勇樹選手 級別:A1
4133 高橋正男選手 級別:A1
4148 枝尾賢選手 級別:A1
4166 吉田拡郎選手 級別:A1
4168 石野貴之選手 級別:A1
4184 渡邊雄一郎選手 級別:A1
4188 久田敏之選手 級別:A1
4205 山口剛選手 級別:A1
4238 毒島誠選手 級別:A1
4261 岡祐臣選手 級別:A1
4262 馬場貴也選手 級別:A1
4296 岡崎恭裕選手 級別:A1
4297 山田哲也選手 級別:A1
4342 谷野錬志選手 級別:A1
4357 田中和也選手 級別:A1
4362 土屋智則選手 級別:A1
4371 西山貴浩選手 級別:A1
4413 水摩敦選手 級別:A1
4428 有賀達也選手 級別:A1
4444 桐生順平選手 級別:A1
4466 南佑典選手 級別:A1
4477 篠崎仁志選手 級別:A1
4504 前田将太選手 級別:A1
4512 高野哲史選手 級別:A1
4532 秋元哲選手 級別:A1
4547 中田竜太選手 級別:A1
4601 森野正弘選手 級別:A1
4608 荒井翔伍選手 級別:A1
4686 丸野一樹選手 級別:A1
4713 白神優選手 級別:A1
4786 佐藤博亮選手 級別:A1
4831 羽野直也選手 級別:A1
4848 仲谷颯仁選手 級別:A1
4932 新開航選手 級別:A1
G1初Vの勢いそのままに地元で大暴れ

陸上のエンターテイナーが、ついに水上でも覚醒。
西山にとって今年はまさにターニングポイントに。1月に地元若松のG1ダイヤモンドカップで優出すると、2月唐津の九州地区選、4月蒲郡のG1周年で立て続けに優出。
さらに7月の大村一般戦では自身初となる完全優勝を達成した。
7月びわこ周年では自身最多となる年間4回目のG1優出を果たした。その優勝戦は1号艇ながら3着と悔しい結果になったが、すぐにリベンジの機会は訪れた。9月徳山のG1ダイヤモンドカップは、予選から安定感抜群の走りを見せ、再び優勝戦1号艇を獲得。インからコンマ02のトップスタートを決めると、他艇を寄せ付けない完ぺきな逃げでG1初制覇を飾った。
そして迎える今大会。
前回大会は準優勝戦で大山千広とデッドヒートを演じたが、わずか数十センチの差で優出を逃しているだけに、今度こその想いは強い
地元G1初制覇を決めて、年末決戦に弾みをつける!

福岡競艇場公式サイトより引用

G1チャンピオンカップ福岡ボート過去優勝選手

  • 2019(第66回) 桐生順平選手
  • 2018(第65回) 吉川元浩選手
  • 2017(第64回) 松井繁選手
  • 2016(第63回) 萩原秀人選手
  • 2015(第62回) 山崎智也選手
  • 2014(第61回) 今垣光太郎選手
  • 2013(第60回) 篠崎仁志選手
  • 2012(第59回) 坪井康晴選手
  • 2011(第58回) 坪井康晴選手

 

福岡競艇場モーター2連率ベスト15

  1. モーター番号 72 2連対率 65.31 勝率 7.51
  2. モーター番号 46 2連対率 55   勝率 6.75
  3. モーター番号 30 2連対率 53.33 勝率 6.78
  4. モーター番号 24 2連対率 50.79 勝率 6.63
  5. モーター番号 62 2連対率 49.3   勝率 6.27
  6. モーター番号 28 2連対率 45.76 勝率 6.14
  7. モーター番号 23 2連対率 45.45 勝率 5.82
  8. モーター番号 58 2連対率 45.1   勝率 6.06
  9. モーター番号 14 2連対率 45    勝率 6.0
  10. モーター番号 42 2連対率 44.59 勝率 5.7
  11. モーター番号 22 2連対率 43.33 勝率 5.68
  12. モーター番号 59 2連対率 43.14 勝率 5.9
  13. モーター番号 37 2連対率 42.19 勝率 6.16
  14. モーター番号 66 2連対率 42.03 勝率 5.54
  15. モーター番号 35 2連対率 42   勝率 6.06

ボートレース福岡/水面特性,グレード特性傾向

満潮時は「走らないとわからない」うねりに注意。
福岡のレースで展開の鍵を握るのは3コースである!

全国屈指の難水面」、昔から福岡水面を表す枕詞のように使われてきた言葉だ。

そう言われてきた一番の理由は、1マーク付近に発生するうねりに他ならない。
他場でもうねりが出るところはあるが、福岡のうねりのやっかいな点は、風の強さ、風向き、潮の干満によって表情が目まぐるしく変わるところだろう。

また、目視が難しく、荒水面を得意にしている選手でも「走らないとわからない。他場とは勝手が違う」と嘆くことも。
経験値が重要になるため、走り慣れた地元選手に有利な水面と言える。

うねりが最もひどくなるのは、満潮で強い北風が 吹いたときである。

逆に、干潮でスタンド方向からの南 風なら穏やかな水面となり、アウト戦が決まりやすくなる。
イン1着率が50%を超えているのは、番組マンの努力による部分が大きく、本質的にインは弱い。
3コース1着率は全国トップの数字を残しており、 センター筋からの好配当狙いが舟券のセオリーとなる。

G1福岡チャンピオンカップの予想なら!

グランプリ出場をかけて、各々の選手の思惑が交差し、さらに難水面の福岡競艇場も考慮して予想するのは、なかなか簡単なことではない。
読みにくい展開になるのは必至。

椎名あつし
確実に当てるためには、個人レベルでは到底追いつかない情報収取や分析を重ねているサイトを利用することである!!
競艇を個人で予想するのには限界がある。

どうしても調べ切る前にレースとなってしまうのが常。
プロに任せて着実にお金を増やしていこう!!

椎名あつし
お金をかけずとも、無料情報だけでも参考になる。
まずは、無料で会員に慣れるので登録して見てからでも遅くはないだろう!!