【2019】G1宮島チャンピオンカップ事前展望/注目選手in宮島

G1宮島チャンピオンカップ開設65周年記念
6月8日(土)から6月13日(木)まで開催!

 

注目の地元支部からは、前本泰和選手と辻栄蔵選手の2強を形成。

さらには地元タイトル奪還に燃えている。

大会V2西島義則選手と市川哲也選手や、正木聖賢選手・山崎裕司選手ら全国で活躍している猛者たち。そして急上昇銘柄の大上卓人選手と村松修二選手が参戦し、一瞬も気の抜けない闘いに注目だ。

地元2強一角である前本選手はPG1マスターズチャンピオンで準優3着と惜敗し、悔しさとともに仕上がりの良さを見せてくれた。

展開を衝いて浮上するテクニック。
宮島との圧倒的な相性の良さと、当地連続出走のアドバンテージは、初日から炸裂する事間違いなし!

もう1人の強者である辻選手は、一般戦回りを終えていよいよ本格的にG1戦線への復帰。
今大会前に津の周年記念を走っていて、ツワモノどもとの闘いの勘は整ってきているか。

福岡SGボートレースオールスターで優出をは果たした、峰竜太選手・今垣光太郎選手・白井英治選手。
PG1マスターズチャンピオンで2年2か月ぶりのG1優勝を果たし、グレード戦線復帰をアピールした今垣光太郎選手。

ほかにも守田俊介選手・池田浩二選手・菊地孝平選手・平尾崇典選手・長田頼宗選手ら、超級選手が勢揃いだ!

出場選手一覧

公式パンフレットより

闘神ドリーム 6/8(土)初日 第12R

1号艇 
4320・峰  竜太選手
勝率:8.81
2連対率:76.9%
3連対率:92.3%
平均S:0.14

 2号艇 
3721・守田 俊介選手
勝率:8.70
2連対率:90.0%
3連対率:90.0%
平均S:0.16
 3号艇 
3941・池田 浩二選手
勝率:9.76
2連対率:41.1%
3連対率:47.0%
平均S:0.18
 4号艇 
3779・原田 幸哉選手
勝率:4.33
2連対率:11.1%
3連対率:22.2%
平均S:0.13
 5号艇 
3719・辻  栄蔵選手
勝率:7.70
2連対率:65.8%
3連対率:80.9%
平均S:0.17

 6号艇 
4418・茅原 悠紀選手
勝率:6.96
2連対率:44.0%
3連対率:64.0%
平均S:0.14

厳島ドリーム 6/9(日)2日目 第12R

 1号艇 
3573・前本 泰和選手
勝率:8.34
2連対率:74.4%
3連対率:87.9%
平均S:0.16
 2号艇 
3388・今垣 光太郎選手
勝率:7.46
2連対率:50.0%
3連対率:71.4%
平均S:0.16
 3号艇 
3822・平尾 崇典選手
勝率:6.22
2連対率:44.4%
3連対率:55.5%
平均S:0.22
 4号艇 
3897・白井 英治選手
勝率:6.89
2連対率:44.4%
3連対率:66.6%
平均S:0.17
 5号艇 
3960・菊地 孝平選手
勝率:6.22
2連対率:22.2%
3連対率:50.0%
平均S:0.15
 6号艇
4266・長田 頼宗選手
勝率:6.79
2連対率:43.9%
3連対率:63.6%
平均S:0.15

【G1宮島チャンピオンカップ】の歴代優勝者

開催 優勝戦日 開催地 優勝者
第64回 2018/05/15 宮島 赤岩 善生
第63回 2017/05/16 宮島 瓜生 正義
第62回 2016/09/12 宮島 池田 浩二
第61回 2015/11/09 宮島 坪井 康晴
第60回 2015/01/25 宮島 今垣光太郎
第59回 2013/11/14 宮島 前本 泰和
第58回 2012/11/06 宮島 松井  繁
第57回 2012/02/05 宮島 今垣光太郎
第56回 2010/07/08 宮島 吉川 元浩
第55回 2009/09/21 宮島 吉川 元浩

宮島競艇場の特徴

水質 海水
モーター 減音
チルト角度 -0.5 0 +0.5 +1.0 +1.5 +2.0 +3.0
水面特性 潮位の差が大きく、干潮時は静かな水面だが、満潮時はうねりが出やすく難しい水面になる。
レースの特徴 満潮時は1マークに向かって追潮となりイン有利、干潮時は1マークに向かって向潮となりアウト有利となる。

まとめ

出走回数150超えのモーターばかりで特別目立った超抜機はない。
それはつまりどの舟足でもある程度闘えるということで、混戦が増えるシリーズになりそうである。

ただそのなかでも唯一の2連対率50%オーバー基「67号機に目が行く。
また上昇機として注目したいのが「55号機
水温が温かくなると一気に性能を発揮し始め、3節連続で優出する快挙を成し遂げた。

乗り手不問で闘えるレース足が優れているとあって、今大会でも注目の1基。
また、2コース1着率がとても悪い。
かわって3コースと5コースの1着率が高くともに10%オーバー。

3コース1着率が高いことで、展開を狙えるポジションである4カドも3連対率が高く、コース特性をふまえながら番組編成を確認し、舟券作戦を立てていくのが無難である。