G1戸田プリムローズ開設65周年記念選手一覧,予想,途中帰郷,フライング,賞典除外選手

G1戸田プリムローズ開設65周年記念とは

  • 開催日程:1月27日(木)~2月1日(火)
  • 開催場:ボートレース戸田
  • 優勝賞金:1000万円

周年記念競走

  • 概要:周年記念競走(しゅうねんきねんきょうそう)は、ボートレースのGI競走。
    ボートレース場の開設を記念して、各レース場で毎年度1回行われる。単に「周年」や「記念」と略されるほか、それぞれのレース場で名称をつけている。レースタイトルとしては「ボートレース△△開設□□周年記念○○賞」といった形になる。年度内にSGやプレミアムGIの開催が無いレース場では、1年の中で1番のメインイベントとなる。
  • 開催時期:開催時期については明確に定められているわけではなく、毎年同じ時期に開催されるレース場もあれば、時期が流動的なレース場もある。またSG開催の都合で時期がずれる場合もある。流動的な場合は、1-3月と4-12月の間にそれぞれ1回ずつ、年間計2回開催される場合もある。なお、海の日記念・オーシャンカップからボートレースメモリアルの間の約1ヶ月間は、ほとんど行われない傾向にある。
  • 選手選出基準:地元地区のを中心としたA1のレーサー52名程度が選出される。
    なお、52名斡旋の場合は、施行者希望が21名。日本モーターボート競走会あっせん課提示が31名。その内、若手レーサーが数名が入る。一方、女子レーサーの出場がない大会が多く、斡旋されても1-3名程度入るのみである。これは、一般戦やG3の女子戦に優先的に斡旋されるケースが多いためである。
  • 主催者:各県市町・組合・企業団

周年記念競走ボートレース場ごとの呼称

レース場 呼称
桐生 赤城雷神杯
戸田 戸田プリムローズ(以前は、戸田グランプリ)
江戸川 江戸川大賞
平和島 トーキョー・ベイ・カップ
多摩川 ウェイキーカップ
浜名湖 浜名湖賞
蒲郡 オールジャパン竹島特別
常滑 トコタンキング決定戦(以前は、マーメイドカップ)
ツッキー王座決定戦
三国 北陸艇王決戦
びわこ びわこ大賞
住之江 太閤賞
尼崎 尼崎センプルカップ(以前は、近松賞)
鳴門 大渦大賞
丸亀 京極賞
児島 児島キングカップ
宮島 宮島チャンピオンカップ
徳山 徳山クラウン争奪戦
下関 競帝王決定戦
若松 全日本覇者決定戦
芦屋 全日本王座決定戦
福岡 福岡チャンピオンカップ
唐津 全日本王者決定戦
大村 海の王者決定戦

過去のG1戸田プリムローズと優勝者

第64回 2021/2/2 戸田 中止
第63回 2019/9/16 戸田 稲田浩二
第62回 2018/10/12 戸田 笠原 亮
第61回 2018/3/4 戸田 中田竜太
第60回 2017/1/30 戸田 桐生順平
第59回 2016/3/8 戸田 井口佳典
第58回 2014/11/3 戸田 丸岡正典
第57回 2014/2/25 戸田 中澤和志
第56回 2013/2/19 戸田 秋山直之
第55回 2011/10/25 戸田 今村 豊

G1戸田プリムローズ開設65周年記念の出場選手

登録番号 選手名 級別
3388 今垣 光太郎 A1
3473 石川 真二 A1
3557 太田 和美 A1
3622 山崎 智也 A1
3679 飯島 昌弘 A1
3716 石渡 鉄兵 A1
3719 辻  栄蔵 A1
3822 平尾 崇典 A1
3933 山地 正樹 A1
3952 中澤 和志 A1
3959 坪井 康晴 A1
3960 菊地 孝平 A1
3983 須藤 博倫 A1
3984 坂口  周 A1
4013 中島 孝平 A1
4024 井口 佳典 A1
4036 金田  諭 A1
4049 荒川 健太 A1
4075 中野 次郎 A1
4096 石橋 道友 A1
4144 石塚 久也 A1
4148 枝尾  賢 A1
4168 石野 貴之 A1
4205 山口  剛 A1
4237 大峯  豊 A1
4269 杉山 裕也 A1
4297 山田 哲也 A1
4308 河村  了 A1
4320 峰  竜太 A1
4337 平本 真之 A1
4342 谷野 錬志 A1
4361 柳生 泰二 A1
4391 松田 祐季 A1
4418 茅原 悠紀 A1
4444 桐生 順平 A1
4497 桑原  悠 A1
4503 上野 真之介 A1
4528 黒井 達矢 A1
4573 佐藤  翼 A1
4601 森野 正弘 A1
4624 高田  明 A1
4685 島村 隆幸 A1
4715 村上  遼 A1
4739 中村 晃朋 A1
4787 椎名  豊 A1
4802 中田 達也 A1
4816 村松 修二 A1
4826 井上 一輝 A1
4888 金児 隆太 A1
4931 木谷 賢太 A1

展望情報

2年ぶりの周年(昨年は中止打ち切り)に、多くの一流レーサーが集結する。初日、2日目にダブルドリーム戦が組まれ、各1号艇の両者が、シリーズの中心を担う。

初日12Rウインビードリームの1号艇には、地元エースの桐生順平が組まれた。昨年はG1優勝3回を含め、優勝8回。的確かつ、精度の高いターンが戻ってきた。さらに水面を熟知する点は大きな強み。7日時点で通算993勝。大村周年の結果次第では、地元ファンの前で通算1000勝が見られる期待が膨らむ。

2日目12Rウインクドリームの1号艇には、最強レーサーの峰竜太が構える。7年連続勝率トップの金字塔を打ち立て、いまなお継続中。エンジン出し、状況判断、鋭い決め手など総合力は間違いなく、NO・1。2年4カ月ぶりとなる水面相性さえ克服できれば、あっさり優勝する可能性すらある。

昨年ダービー王に輝いた平本真之、速攻力のある菊地孝平、波に乗ると抜群の勝負強さを発揮する石野貴之、ターン豪快な茅原悠紀も好勝負。戸田周年の歴代覇者に名を刻む辻栄蔵のテクニック、井口佳典の攻撃力も警戒したい。底力ある坪井康晴や中島孝平らドリームメンバーに、戸田SG優勝経験のある山崎智也や今垣光太郎も流れを呼び込む力を備える

地元勢は桐生を含めて総勢9人。特にSG、G1でも存在感を見せつつある佐藤翼は一発の魅力あり。復調を期す中田竜太、戸田優勝16回を誇る中澤和志らも地元の意地を見せたい。

G1戸田プリムローズ開設65周年記念・戸田競艇場特徴

基本情報

住所:〒335-0024 埼玉県戸田市戸田公園8-22
公式サイト:https://www.boatrace-toda.jp/
電話番号:048-441-7711
アクセス:JR埼京線「戸田公園駅」から徒歩約30分

G3マスターズリーグ第6戦・第53回報知新聞杯2

G3マスターズリーグ第6戦・第53回報知新聞杯3

  • 水質は淡水
    戸田競艇場は、戸田漕艇場の水面の一部を利用して作られているので水質は淡水。
    淡水の水面は、海水の水面と比べて、モーター性能の差が出やすくなっている。
    浮力が働かない分だけ、モーターの出力が低いと、前の艇が作った引き波を乗り越えられない。
    また、体重が重い選手も、海水の競艇場と比べて活躍しにくくなる。
  • 第2ターンマークに注意
    戸田競艇場では、スタート時の引き波が第2ターンマークをまわるときに残っていることがある。
    これは、第2ターンマーク側の水面が狭く、波の逃げ場がないことが原因。
    引き波が残っているとターンが流れやすくなるので、レースに波乱が起きやすくなる。
  • 風の影響は一般的
    戸田競艇場では、風の影響は一般的なセオリーと同じだ。
    向かい風のレースでは、助走距離の短い1・2コースがスタート前後で加速しづらくなる。
    1・2コースがスタートでへこんだところを、3・4コースがまくりを決めたり、5・6コースがまくり差しを決めたりする。
椎名あつし

個人予想の際には上記に注意して舟券を買うべきだね。