G1第68回九州地区選手権選手一覧,予想,途中帰郷,フライング,賞典除外選手

G1第68回九州地区選手権とは

  • 開催日程:2月6日(日)~2月11日(月)
  • 開催場:ボートレース福岡
  • 優勝賞金:480万円以上

地区選手権

  • 概要:関東・東海・近畿・四国・中国・九州地区の各レース場持ち回りで行われるG1競走。
  • 出場資格:開催場が希望する、当該地区の支部に所属している選手。

過去の九州地区選手権優勝レーサー一覧

第67回 2021/2/13 大村 峰   竜太
第66回 2020/2/18 唐津 桑原   悠
第65回 2019/2/14 芦屋 桑原   悠
第64回 2018/2/20 若松 仲谷  颯仁
第63回 2017/2/21 福岡 田頭   実
第62回 2016/2/14 大村 今村  暢孝
第61回 2015/2/13 唐津 川上   剛
第60回 2014/2/11 芦屋 瓜生  正義
第59回 2013/1/27 若松 今井  貴士
第58回 2011/12/13 福岡 瓜生  正義
第57回 2010/12/8 大村 上瀧  和則

G1第68回九州地区選手権の出場選手

登録番号 選手名 級別
3265 今村  暢孝 A1
3473 石川  真二 A1
3514 山一  鉄也 A1
3574 大神  康司 A1
3623 深川  真二 A1
3779 原田  幸哉 A1
3898 平田  忠則 A1
3944 山口  裕二 A1
4072 森永   淳 A1
4102 益田  啓司 A1
4136 江夏   満 A1
4148 枝尾   賢 A1
4155 長野 壮志郎 A1
4174 赤坂  俊輔 A1
4189 川上   剛 A1
4193 郷原  章平 A1
4256 渡辺  浩司 A1
4288 永田  啓二 A1
4296 岡崎  恭裕 A1
4320 峰   竜太 A1
4330 奈須  啓太 A1
4336 松田  竜馬 A1
4351 里岡  右貴 A1
4352 下條 雄太郎 A1
4364 池永   太 A1
4371 西山  貴浩 A1
4402 乙藤  智史 A1
4424 松尾  昂明 A1
4451 松崎 祐太郎 A1
4477 篠崎  仁志 A1
4497 桑原   悠 A1
4503 上野 真之介 A1
4504 前田  将太 A1
4522 古澤  光紀 A1
4530 小野  生奈 A1
4545 岡村  慶太 A1
4549 小林  文彦 A1
4566 塩田  北斗 A1
4590 渡邉  優美 A1
4614 石倉  洋行 A1
4624 高田   明 A1
4773 中川  りな A1
4802 中田  達也 A1
4831 羽野  直也 A1
4848 仲谷  颯仁 A1
4892 柴田  直哉 A1
4932 新開   航 A1
5008 羽野   諒 A1
5029 中   亮太 A1
5142 常住   蓮 A1

展望情報

ボートレース福岡では2月6日から「GⅠ第68回九州地区選手権」が開催される。

福岡・佐賀・長崎の3支部からトップレーサーが集結。激戦を制して九州チャンプの座をつかむのは誰になるのか。

V争いを引っ張りたいのは地元の福岡支部だ。今節出場50人のうち実に40人が福岡支部。圧倒的な選手層を武器に他支部をねじ伏せたいところだ。最近3大会は佐賀・長崎勢に優勝をさらわれているだけに、今回こそ福岡の底力を見せられるか。

福岡支部のエースはもちろんグランプリチャンプの瓜生正義だ。地区選は9優出2Vの実績があり、11年福岡大会と14年芦屋大会で優勝歴。また20年は優出5着、21年は優出6着と現在2年連続優出中でもある。今回は8年ぶり3回目の地区選Vを目指す戦いだ。福岡はSG優勝3回、GⅠ優勝3回の栄光を刻んできた水面。福岡支部を引っ張る活躍に期待したい。

前田将太も楽しみだ。昨年6月の福岡周年でオール3連対Vを飾って悲願のGⅠ初優勝。福岡参戦はそのとき以来となるだけに、当地2節連続Vへ期待がかかる。近況の前田は絶好調で、今期に入って4節走って4優出3Vという快進撃。今期勝率8.42は堂々の全選手中トップだ。前回福岡で地区選が開催された17年大会では優出3着に入っており、今回は九州チャンプ初戴冠を狙いたい。

そのほかにも現役最多の福岡13Vを誇る篠崎仁志や、地区選5優出の実績がある篠崎元志、18年若松大会覇者の仲谷颯仁、ヤング王者の羽野直也、20年唐津大会で優出2着の枝尾賢と優出4着の西山貴浩、1月の福岡正月レースで優勝したばかりの江夏満、15年唐津大会覇者の川上剛、昨年122勝で年間最多勝利に輝いた石川真二、グランプリシリーズ優出3着の岡崎恭裕など福岡支部は誰が優勝してもおかしくない陣容。また女子レーサーの小野生奈、渡邉優美、中川りなにも注目したい。

佐賀支部からは深川真二、森永淳、峰竜太、上野真之介、高田明の5人が参戦する。深川真二は地区選5優出0Vで意外にもまだ優勝がないだけに今度こそ頂点に立ちたいところ。上野真之介は20年優出6着、21年優出5着と地区選2年連続優出中なだけに今年も見逃せない。

佐賀支部のエースはなんといっても峰竜太だ。昨年大村で行われた九州地区選で優勝。1・3・1・1・2・2・1・1着のオール3連対で圧勝し、09年芦屋大会以来となる12年ぶり2回目の九州チャンプに輝いた。今年はタイトル防衛をかけて参戦。福岡はSG優出3回など実績十分で水面相性に不安はない。九州地区選2連覇はこれまで瀬戸康孝(73・75年)、国光秀雄(86~88年、3連覇)、上瀧和則(04・05年)、桑原悠(19・20年)が達成している。峰が5人目に名を刻むのか。

長崎支部からは原田幸哉、山口裕二、赤坂俊輔、下條雄太郎、桑原悠の5人が参戦する。赤坂俊輔は10年唐津大会以来の優勝を狙う戦いに。桑原悠は19年優勝、20年優勝、21年優出4着と地区選は3年連続優出中という相性の良さを誇る。

長崎の大黒柱は原田幸哉だ。昨年は4月にマスターズチャンピオンで優勝、8月にボートレースメモリアルで優勝と大活躍の1年だったが、9月以降は年末まで10節走って優出ゼロとややトーンダウンする格好に。今年は地元大村でグランプリが開催されるシーズンでもあるだけに、そろそろリズムを取り戻したいところだ。地区選は愛知支部時代に東海で3優出、長崎支部に移ってから九州で1優出(昨年優出2着)をマークしているがまだV歴なし。今年こそ初優勝なるか。

なお地区選はSGボートレースクラシックの最終選考レースという点でも注目だ。九州地区勢ですでに出場権を持っているのは原田幸哉、瓜生正義、赤坂俊輔、西山貴浩、前田将太、羽野直也、深川真二、峰竜太の8人。そのほかの選手は優勝条件の一発勝負に挑む(F休み等の選手は除く)。特に長崎支部勢は地元SG出場に向けて一段と気合が入るだろう。

G1第68回九州地区選手権・福岡競艇場特徴

基本情報

住所:〒810-0071 福岡県福岡市中央区那の津1丁目7
公式サイト:https://www.boatrace-fukuoka.com/
電話番号:092-771-6061
アクセス:地下鉄博多駅乗車⇒地下鉄天神駅下車(約5分)⇒地下街出口(東1a)から
北へ徒歩約10分

G3オールレディースLOVEFM福岡なでしこカップ1

  • 水質は汽水
    福岡競艇場の水面は、博多湾の海水と那珂川の淡水が混ざった汽水になっている。
    潮の満ち引きによって、一日のなかで水面の高さが変わり、レースへ影響を与える。
    例えば、満潮付近では、1コースの逃げや2コースの差しが決まりやすくなる。
    逆に、干潮付近では、3・4コースのまくりやまくり差しが決まりやすくなる。
  • 潮の流れが特殊
    福岡競艇場は、1マークのバック側が博多湾とつながっている。
    潮がバック側から流れ込んでくるため、他の競艇場と比べて潮の流れが特殊になっている。
    まず、上げ潮(干潮→満潮)では、1マークに潮が流れ込んでくる。
    うねりが発生して水面が不安定になるので、1コースの逃げや2コースの差しが決まりやすくなる。
    逆に、下げ潮(満潮→干潮)では、1マークから潮が流れ出ていく。
  • 風の影響が大きい
    福岡競艇場は、海に面した水面のため、風の影響が大きい。
    風向きや風の強さも変わりやすため、レースごとに直前情報を確認するのが大事。
    追い風・・・2・3コース
    向かい風・・・1・4コース
    左横風・・・1・2・3コース
    右横風・・・2・3・4コース
    これが風向きごとの注目コースだ。
椎名あつし

個人予想の際には上記に注意して舟券を買うべきだね。