G1第8回ヤングダービー出場選手一覧,予想,途中帰郷,フライング,賞典除外選手

G1第8回ヤングダービーとは

  • 開催日程:9月21日(火)~9月26日(日)
  • 開催場:ボートレース徳山
  • 優勝賞金:1100万円

ヤングダービー

  • ヤングダービー競走は、30歳未満の若手レーサーを対象としたボートレースのプレミアムGI競走である。
    末期の新鋭王座決定戦競走からの流れで、共同通信社が後援し、優勝杯を提供している。

ヤングダービー歴代優勝者

開催 優勝戦実施日 ボートレース場 優勝者
第7回 2020/9/22 びわこ 磯部   誠
第6回 2019/9/23 三国 永井  彪也
第5回 2018/9/24 浜名湖 関   浩哉
第4回 2017/9/24 蒲郡 中田  竜太
第3回 2016/9/25 常滑 松田 大志郎
第2回 2015/9/27 尼崎 松田  祐季
第1回 2014/9/28 戸田 桐生  順平

2021年SG・プレミアムG1スケジュール

開催日程 ボートレース場 タイトル 優勝者
3 03/23-03/28 福岡 ボートレースクラシック 石野  貴之
4 04/20-04/25 下関 マスターズチャンピオン 原田  幸哉
5 05/25-05/31 若松 ボートレースオールスター 峰   竜太
6 06/22-06/27 児島 グランドチャンピオン 前本  泰和
7 07/20-07/25 芦屋 オーシャンカップ 濱野谷 憲吾
8 08/04-08/10 浜名湖 レディースチャンピオン 遠藤  エミ
08/24-08/29 蒲郡 ボートレースメモリアル 原田  幸哉
9 09/21-09/26 徳山 ヤングダービー
10 10/26-10/31 平和島 ボートレースダービー
11 11/23-11/28 多摩川 チャレンジカップ
12 12/04-12/07 鳴門 BBCトーナメント
12/14-12/19 住之江 グランプリシリーズ
12/14-12/19 住之江 グランプリ
12/26-12/31 福岡 クイーンズクライマックス

G1第8回ヤングダービーの出場選手

登録番号 選手名 級別
4590 渡邉優美 A1
4642 松尾夏海 A1
4643 近江翔吾 A1
4688 永井彪也 A1
4715 村上遼 A1
4718 北川太一 A2
4719 上條暢嵩 A1
4739 中村晃朋 A1
4769 馬場剛 A2
4771 下寺秀和 B1
4772 石丸海渡 A1
4773 中川りな A2
4776 竹田和哉 A1
4802 中田達也 A1
4804 高田ひかる A2
4821 妻鳥晋也 A2
4822 百武翔 B1
4823 中村桃佳 A1
4824 松井洪弥 A2
4825 倉持莉々 B1
4826 井上一輝 A1
4828 松山将吾 A2
4831 羽野直也 A1
4848 仲谷颯仁 A1
4850 野中一平 A1
4851 関浩哉 A1
4852 川原祐明 A2
4856 豊田健士郎 A1
4857 加藤翔馬 A2
4877 鈴谷一平 A2
4885 大山千広 A1
4886 入海馨 A1
4903 吉田凌太朗 A2
4907 小池修平 A1
4908 上田龍星 A1
4910 中村泰平 A1
4912 中山将太 A2
4914 吉田裕平 A2
4926 吉川貴仁 A2
4928 栗城匠 A1
4931 木谷賢太 A1
4933 板橋侑我 A1
4939 宮之原輝紀 A1
4960 黒野元基 A2
4961 西橋奈未 A1
4980 佐々木完太 A1
4983 前田篤哉 A1
5017 澤田尚也 A2
5028 原田才一郎 B1
5042 畑田汰一 A1
5043 中村日向 A2
5068 前田滉 A2

展望情報

8代目ヤング王者の座をかけた徳山決戦!

若武者たちの頂上決戦だ。ボートレース徳山では9月21日から「PG1第8回ヤングダービー」が開催される。30歳未満のヤング世代トップレーサーたちが集結。若き情熱をぶつけ合う6日間になる。
ヤングダービーの歴代タイトルホルダーからは2人が参戦する。永井彪也(東京)は19年三国大会の覇者。節間オール3連対でG1初優出初Vを飾り、一気にスターダムを駆け上がったのが記憶に新しい。昨年はF禍でヤングダービー出場権を逃して大会連覇の夢は叶わなかったが、今年は6月のイースタンヤングで優勝するなど好調ムードで参戦。2大会ぶり2回目の優勝を狙う。
関浩哉(群馬)は18年浜名湖大会の覇者。デビュー初VでG1初制覇という偉業を成し遂げ、23歳の若さでヤング王者に輝いた。関は昨年のびわこ大会でも開幕3連勝でV争いを沸かせて優出4着に入るなどヤングダービーは好相性。今年もV戦線に顔を出してくるのか。ヤングダービーは過去7大会行われているが2回優勝した選手はまだいない。史上初の記録を狙う永井と関に注目だ。
記念戦線での実績では羽野直也(福岡)がナンバーワンだろう。G1通算9優出1V、SG通算1優出をマークしており、ヤングダービーは18年の浜名湖大会で優出4着に入っている。また羽野は徳山6優出2Vと当地実績でもトップクラス。V候補筆頭格としてヤングダービー初制覇に挑む。
その他のG1タイトルホルダーには18年九州地区選覇者の仲谷颯仁(福岡)、19年下関ダイヤモンドカップ覇者の上條暢嵩(大阪)、19年レディースチャンピオン覇者の大山千広(福岡)、21年平和島周年覇者の栗城匠(東京)がいる。勝利の味を知っている選手たちが底力を見せるのか。
雪辱を期すのは上田龍星(大阪)だ。昨年のびわこ大会で優勝戦1号艇に乗る大活躍。しかしイン戦3着に敗れてヤング王者の座を取り逃がした。今年は堂々の選考勝率1位で参戦。まずは初日ドリーム戦を勝ち切って流れを掴み、リベンジのV獲りへ突き進みたい。
その他では6月の宮島ウエスタンヤングで優勝した村上遼(長崎)や、今年4Vと好調な小池修平(大阪)、昨年優出5着の井上一輝(大阪)、今年勝率7点台をマークしている入海馨(岡山)、登録5000番台で将来を嘱望される澤田尚也(滋賀)や畑田汰一(埼玉)らに注目したいところ。また8月の浜名湖レディースチャンピオンで優出した渡邉優美(福岡)、高田ひかる(三重)、西橋奈未(福井)ら女子レーサーも楽しみだ。

G1第8回ヤングダービー・徳山競艇場特徴

基本情報

住所:〒745-0802 山口県周南市大字栗屋二葉屋開作1033
公式サイト:https://www.boatrace-tokuyama.jp/
電話番号:0834-25-0540
アクセス:JR「徳山駅」みなと口から無料タクシーで約20分
JR「櫛ヶ浜駅」駅前から無料タクシーで約5分
JR「下松駅」南口から無料タクシーで約10分
G1第8回ヤングダービー2
G1第8回ヤングダービー3
  • 水質は海水
    徳山競艇場の水面は瀬戸内海とつながっているため、水質は海水になっている。
    海水の水面では浮力が大きいため、体重の重い選手でもスピードを出しやすい。
    そのため、同じ勝率の選手がいるときは、体重の重い選手を狙うのが良い。
    また、海水の水面は軟らかいため、モーター性能が悪くても最低限のターンはできる。
  • 干満差がある
    徳山競艇場の水面は、潮の満ち引きによって、一日のなかで水面の高さが変わる。
    満潮付近ではターンが流れやすくなり、差しが決まりやすくなる。
    逆に、干潮付近では水面が安定して、まくりやまくり差しが決まりやすくなる。
    また、干満差が大きいため、満潮付近と干潮付近ではスタートの感覚が大きく変わる。
    そのため、普段から走り慣れている地元選手のほうがスタートを決めやすい。
  • バック側の水面が広い
    徳山競艇場のコースは、他の競艇場よりもバック側の水面が広い。
    対岸にぶつかる心配がないため、どの艇も1マークを思い切ってターンできる。
    ただし、決まり手のデータ的には、徳山競艇場ではまくりが出にくくなっている。
椎名あつし

個人予想の際には上記に注意して舟券を買うべきだね。